マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

馬出

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

長野県松川町 大島城跡5

長野県には、魅力的な城跡が山ほどありますが、中でも、以前より行きたいと思っていた大島城跡に行ってきました。

IMG_0184

IMG_0183

曲輪を改変した駐車場に、立派な看板があり、縄張り図があります。

IMG_0186

この城跡、台城公園として整備され随所に標識が立っており、きれいに整備されています。

IMG_0187

IMG_0188

公園を入るとすぐの巨大な空堀。

IMG_0190

巨大な空堀です!これには驚嘆のため息が出ました。

IMG_0194

IMG_0198

迷路のような目くるめく空堀が、ほぼ完全に残されています。素晴らしいです。

IMG_0201

二郭。

IMG_0210

堀切。

IMG_0215

本丸(主郭)跡。

IMG_0222

主郭下の大空堀と植え込み。こちらは躑躅のようです。

IMG_0226

大空堀を下った先にある井戸跡です。この周辺は、滑りやすく、スズメバチに威嚇されましたので、すぐに撤収です。

大島城跡の最大の見どころ、連続する馬出ですが、自分の中では、うまく理解できていないので、掲載が見合わせます。

ぜひ、ご自身の目でお確かめされることをお勧めします。

埼玉県所沢市 滝の城跡3

滝の城跡は、JR東所沢駅から徒歩25分くらい。バスもあります。また、新座駅からも同じくらいの距離だと思います。

CIMG3270

滝の城址公園というのがありますが、遺構は、城址公園より一段高い城山神社周辺に残されています。

CIMG3271

早速、空堀が見えます。

右手側に写っている建物は、病院です。

CIMG3274

土塁と空堀。

CIMG3278

L字に屈曲した空堀。きれいに堀底が整備されています。

CIMG3280

二の丸跡。

CIMG3287

城山神社。この神社の境内は、本丸跡となります。

CIMG3288

内部の様子。この時は、滝の城まつりが近く、その準備がされています。

CIMG3291

空堀。土橋でしょうか。

CIMG3294

堀底を歩いています。土塁が、折れ曲がり、複雑に横矢をかけているのが、よくわかります。


CIMG3299

馬出郭跡。

CIMG3304

CIMG3305

三の丸跡の様子。

CIMG3331

この日は、滝の城まつりが近かったため、堀底がきれいに整備され、馬出郭の様子もよくわかり、ラッキーでした。


栃木県小山市 祇園城跡3

CIMG3220

祇園城跡は、JR小山駅から、徒歩15分くらい。

国指定史跡に指定されて、公園として整備されています。


CIMG3224

二の丸の様子。

CIMG3226

土塁。

CIMG3228

巨大な空堀(堀切)。


CIMG3232

中郭の様子。


CIMG3235

中郭の馬出の空堀。

CIMG3249

また巨大な空堀。


CIMG3257


CIMG3259

非常に深い空堀跡です。

祇園城跡、程よく整備され、迫力ある遺構が、見応えがあります。

近くの小山御殿跡にも、巨大な空堀が残されています。

躑躅が崎館跡 最終回4

CIMG3459

味噌曲輪だったか、曲輪跡を見たところ。草ぼさぼさの原っぱ。


CIMG3463

空堀があるんですけど・・・。


CIMG3467

水堀ははっきり、しっかり、確認できますね。


CIMG3469


CIMG3470


CIMG3473

松木堀を見に行ったのですが、御覧のようなありさまでして・・・。


CIMG3465


CIMG3480


CIMG3490

水堀はしっかり残っていて、見応えがあります。


CIMG3482

西郭南の虎口です。内部には枡形状の空間を備えます。

CIMG3491

水堀越しの土塁も見事なものです。


CIMG3492

IMG_1939

最初の地点に戻ってきました。

躑躅が崎館、真面目に見学すると、土塁に水堀、馬出、枡形など、さすがに武田氏の本拠地と、感動新たにするのでした。

山梨県甲府市 躑躅ヶ崎館跡 日本100名城4

CIMG3395

言わずと知れた武田氏の居館躑躅が崎館跡。

現在は武田神社となっています。


CIMG3396

こちらの参道は、後年整備されたもので、往時の大手道ではありません。


CIMG3397

躑躅が崎館の図。


CIMG3394

水堀です。

この日は、平日ですが、夏休み中ということもあり、大勢の家族連れなどの観光客がいました。


CIMG3398

大手方面にやってきました。復元された角馬出ですが、これは武田氏時代のものではなく、後年のもので、武田氏の特徴である丸馬出は、この下に埋まっているそうです。


CIMG3401

馬小屋跡。


CIMG3402

虎口ほうめんへ。

この日は、雨が降っていたため、伸びている下草で、ズボンがぐしょぐしょになってしまいます。


CIMG3405

水堀跡。


CIMG3406

こちらも堀の跡ですが、前回来たときは、草がぼさぼさで全く分かたない状態だったと記憶しています。

整備が進んだようです。


CIMG3413

本丸への大手虎口。こちらは土橋だったことでしょう。

現在は、車も通れるように広げられ舗装されているようです。


CIMG3414

深い空堀です。水堀だったかもしれません。

この空堀は、樹木が邪魔で見づらいのですが、深くて見応えがありました。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ