マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

素晴らしい城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

宮城県川崎町の素晴らしい城跡

最近、ほとんど新規の城攻めに行けていない状況です。

仕事に加えて、体調がずっとよろしくなく、おまけに足を挫いてしまったようで、ポンコツと化しております。

去年、訪れた宮城県川崎町の城跡です。川崎町には、仙台駅から車で一時間ほどで行けます。

IMG_5328

前川本城跡。この案内板のあたりに、駐車スペースがあります。

CIMG0200

主郭を囲む横堀。この堀は少し浅くなっているようです。

土塁も見ごたえがあります。

IMG_5331

堀底から土橋を見たところかな?

IMG_5334

本丸跡です。

この城跡、初夏の今くらいの季節でも、とてもきれいな状態です。気持ちよく見学できます。

CIMG0227

CIMG0232

最大の見どころは深い二重の横堀。迫力満点です。

ここは、本当に素晴らしいので、おススメです。

CIMG0271

上楯城跡。支倉常長の支倉氏の居城です。

CIMG0274

CIMG0276

横堀と本丸跡。こちらも公園整備されていて、主要部は見学しやすいです。


CIMG0283

こちらも横堀です。

この辺りは比較的、歩きやすいのですが・・・。

CIMG0286

山腹のほうに、雑木林を苦労しながら降りていくと、素晴らしい空堀や堀切が残されています。


CIMG0290

堀切。


CIMG0314

雑木や、枯れ草で歩きにくいのですが、素晴らしい遺構です。

車でないと訪れるのは困難ですが、機械がありましたら、ぜひともお勧めしたいです。

福島県の素晴らしい城跡②

福島県の水郡線の沿線には、素晴らしい城跡が複数ありました。

CIMG0434

浅川町の浅川城跡。

城山公園として整備されています。

CIMG0397

CIMG0413

CIMG0425

素晴らしい堀切が次々に現れます。

CIMG0430

駐車場になっている三の丸からの風景。

CIMG0469

CIMG0475

雑木林の中に残る堀切や横堀。この周辺は未整備ゾーン。くまなく、探索すれば他にも何かありそうです。


CIMG0221

棚倉町の棚倉城跡。


IMG_0542

こちらも公園整備されています。画像は土橋跡。

CIMG0227

CIMG0236

IMG_0540

丹羽長重築城の平城。水堀と土塁が、とても良好に残されています。

IMG_0546

こちらの石垣は遺構なのでしょうか。

棚倉城跡は、水郡線の棚倉駅から10分ほどで行くことができます。

福島県の素晴らしい城跡①

去年は、福島県へ本格的に侵攻(?)を開始しました。中でも、悲願だった向羽黒山城跡は、聞きしに勝る素晴らしい城跡でした。

IMG_0335

向羽黒山城跡整備資料室。100名城スタンプはここにあります。この日は、休館日でした。が、休館日でも押すことができます。

CIMG9728

CIMG9729

竪堀。

IMG_0346

IMG_0348

IMG_0351

堀切。

IMG_0367

IMG_0383

CIMG9774

迷路のように張り巡らされた横堀。

この城跡、素晴らしすぎて、しかも広大で、一度では見切れない素晴らしい城跡です。

猪苗代城跡。

CIMG9918

CIMG9945

CIMG9914

石垣。


CIMG9982

CIMG9977

CIMG9907

堀切と横堀が見ごたえ満点で素晴らしい!

猪苗代城跡は、猪苗代駅から徒歩30分、堀切一つ隔てて隣接する鶴嶺城跡と併せて、お楽しみください。



三重県の素晴らしい城跡

最近、お城めぐりに行けていないので、過去に訪れた城跡を投稿していこうと思います。

CIMG8490

津市の草生城跡。

CIMG8491

CIMG8492

CIMG8497

入り口がヤブ化していますが、雑木林に入っていくと、ヤブがそれほどでもなく、土塁と空堀が極めて良好に残されています。

CIMG8511

CIMG8513

CIMG8518

見ごたえ満点!

公共の交通機関での訪問は難しそうです。

CIMG8317

四日市市の采女城跡。

CIMG8322

虎口跡です。

CIMG8334

主郭(本丸)跡。

CIMG8342

CIMG8343

CIMG8362

この深くて、見ごたえのある堀切が素晴らしいです。

CIMG8393

横堀も見事です。

この城跡は、私が訪れた三重県のお城跡では一番です!

ここは、あすなろう鉄道の内部駅からも、歩いて行けます。
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ