マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

竪堀

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

群馬県桐生市 桐生城跡4

群馬県桐生市の桐生城跡は、柄杓山城跡とも呼ばれ、ハイキングコースが整備されています。

CIMG0923

JR桐生駅からおりひめバス梅田線居館停留所下車、徒歩数分で日枝神社脇の登り口へ。

CIMG0925

登城し始めてすぐに、竪堀と思える溝が。

CIMG0926

竪堀。

CIMG0929

ここも竪堀でしょうか。

CIMG0930

堀切と土橋。

CIMG0937

主郭につきました。腰郭、あるいは横堀状の部分です。

CIMG0935

この横堀状が、竪に落ちて、下にも横堀があるように見えます。

ここまで到達するのに、へとへとになってしなったために、こちらには降りていません。

CIMG0940

主郭の虎口?石積みを用いているようにも見えます。

CIMG0941

主郭背後の大堀切。

CIMG0943

堀切からの竪堀。

CIMG0945

竪堀。

CIMG0948

堀切。

軽いハイキング程度のつもりで、なめてかかっていたために、ここまでで体力を使い果たしてしまい、丁寧に見れていませんので、おもな見どころだけ掲載しています。

CIMG0958

さらに堀切。

CIMG0959

どこまでも続く竪堀。


CIMG0962

下山してきました。こちらはおりひめバスのバス停でいうと、城山入口バス停側からの登山口になります。

ここからバス停までの林道わきに駐車場がありました。

登山が思いのほかきつく、体力を使い果たしてしまい、おもだったところしか見ていませんし、郭上にも上がっていません。

再度の訪問を期したいと思います。

栃木県鹿沼市 千手山城跡4

鹿沼市の千手山城跡は、鹿沼市の中心部から近く、東武鉄道の新鹿沼駅から、徒歩30分ほどで行くことができます。

私は、レンタカーで行きました。千手山公園として整備されており、無料駐車場も設置されています。

IMG_2870

千手山公園は、観覧車や、ミニ機関車など、乗り物が設置されて、小さな遊園地になっており、けっこう家族連れでにぎわっています。

F1E87743-10D6-48F8-A617-E54855FD5ACB

遊園地の遊具の間を登っていくと、削平地があります。

遊園地も段々になっており、そのままの地形のように見えます。

C9B09CCA-CCD8-44B1-9962-E93EE6958454

831BF4F7-4A70-4075-9847-6B91AFF437DA

頂上の本丸と思われる削平地の周囲を空堀が囲んでいます。本丸には、若いご夫婦が、子供を遊ばせていたので、画像はありませんが、ちょっとした広場で、城跡に関する説明などはありませんでした。

D01AF270-DB7A-428D-92D7-869F1591DA15

391058A8-6B76-4B76-8F92-E212BC05A18A

山頂から山麓に下っていく、見ごたえのある竪堀!

この竪堀は、部分的に、二重、三重になっています。

2A990982-96AC-42FC-8ECD-9D8C959888D4

二重になっている部分の土塁上から見たところ。

48B18F12-3DBD-4A25-977C-9AAD60D48867

二重堀が遊園地方面に回り込み、横堀のようになっているところ。

3D495314-C948-46D9-8E03-0405A55F9976

竪堀の終点部分の土橋?あるいは畝か?

千手山城跡、遊園地化しているため、家族連れが多く、視線が気になり、深く探索できていませんが、予想以上に見ごたえがありました。


新潟県村上市 村上城跡 続日本100名城4

新潟県村上市は、鮭の街として知られていますが、江戸時代は、村上藩が収めた城下町でもあります。

IMG_1530

村上藩の藩庁が置かれた村上城跡は、JR村上駅から徒歩30分くらいで、登城口に着きます。

IMG_1464

登城口脇の石碑。

IMG_1465

広い駐車場も完備です。

登山道は、よく整備され、傾斜もそれほどきつくなく、20分ほど登ると城跡にたどり着きます。

IMG_1476

最初に見える石垣。

IMG_1478

枡形の四つ門跡です。

IMG_1485

御鐘門跡の石垣。

IMG_1486

枡形が形成されています。

IMG_1492

櫓台石垣。

IMG_1494

こちらの、本丸へ向かう通路は発掘調査が行われています。

IMG_1497

IMG_1505

村上城跡の見どころは、山上に向かうにつれ、次々と現れる石垣です。

IMG_1506

本丸枡形虎口跡の様子。

IMG_1507

本丸内部、天守台が見えます。

IMG_1512

本丸から眺める村上市街。

IMG_1498

村上城跡は、戦国時代の山城の遺構も残されているようです。

この日は、村上に着いたのが、夕方5時近くで、時間がなく、戦国期村上城の遺構は散策することはできませんでした。

国宝彦根城の雄姿

国宝彦根城。

IMG_0724

この日は大雨で、ほかにも行きたい山城があったのですが断念、彦根城のみ見学しました。

IMG_0672

IMG_0674

IMG_0677

佐和山口から攻城開始。

IMG_0688

近世城郭特有の枡形虎口。前から横から、バンバン撃たれます。


IMG_0692

内堀。

IMG_0698

登り石垣と竪堀。

IMG_0702

道を、本丸方面へ向かっていくと、天秤櫓が現れます。

IMG_0709

堀切と天秤櫓。ここでも、四方から袋叩きにされてしまいます。

IMG_0719

本丸への最後の関門。ここも枡形門になっています。どここまでも、徹底的に戦闘的です。

IMG_0731

西の丸三重櫓。

IMG_0728

IMG_0730

堀切と竪堀。

IMG_0738

登り石垣と竪堀。

IMG_0775

大手門跡の石垣。ここも枡形。石垣づくりの枡形虎口は、当時の戦略では突破不可能な最強の防御施設、とのことです。

IMG_0778

登り石垣と竪堀。このころには、傘も役に立たない土砂降りになってしまい、ここまでで撤収。

見たかったけど見れなかった部分は、またの機会にとします。

静岡県裾野市 千福城跡3

久しぶりの更新となりました。

静岡県裾野市の千福城跡、JR御殿場線裾野駅から徒歩40分くらいでしょうか。裾野市のコミュニティバスすそのーるで、千福で下車、徒歩5分ほどでも行くことができます。

CIMG1379

登城口にある普明寺です。

CIMG1380

最初、登り口が分からず、本堂の右手側にある墓地の脇を山林方面に進み、適当なところから無理やりよじ登りました。

CIMG1382

主郭背後の堀切。

CIMG1392

反対側から。

CIMG1387

城跡北側の堀切です。

CIMG1406

こちらも堀切です。

CIMG1411

CIMG1408

IMG_0911

はっきりとわかりませんが、斜面には、竪堀状のくぼみが見られました。

主郭に近づくにつれ、ヤブも少なく、また城址への案内標識もあり、ちゃんと登城道もついてました。

本堂の左側に沿って、山を登っていく道が正解のようです。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ