マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

畝状竪堀

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

新潟県村上市 大葉沢城跡5

村上市の大葉沢城跡。こちらも以前から行きたかった城跡のひとつです。

IMG_2148

大葉沢城跡には、JR村上駅から約6キロくらい。朝日三面ICからすぐです。

IMG_2193

 村上駅。私は、駅からレンタサイクルで行きました。

えちごワンデーパス、えちごツーデーパスを提示すると、普通自転車は無料、電動付自転車は、500に割引サービスがあります。

ほぼ、平坦な道を30分ほどで、最初の画像の案内看板のところに行けます。看板の裏に駐車場もあり
ます。

IMG_2149

主郭手前の浅い堀切。

登城口は、普済寺側からと、雷神社の参道からも登れます。

私は、普済寺から登り、神社参道から降りてきました。

どちらも、下草は少なく、ヤブも少なくて見やすいのですが、急傾斜の箇所もありますので、注意が必要です。

IMG_2150

主郭虎口。

IMG_2152

主郭の土塁。主郭は細長くかなりの広さがあります。

IMG_2154

二曲輪手前の堀切。

IMG_2158

竪堀。

この城跡の最大の見どころは、斜面に隙間なく掘りこまれた畝状竪堀です。

IMG_2171

畝状竪堀へ。

CIMG0207

竪堀を見下ろしたところ。

IMG_2180

CIMG0234

畝状竪堀は、ゴボウ峰とよばれているようです。

IMG_2184

三曲輪先端の大堀切は、真ん中に畝状の仕切りがあり、二重堀切のようになっています。


IMG_2188

三曲輪~二曲輪間の堀切。

CIMG0252

曲輪の上から見た畝状竪堀。

大葉沢城跡、うわさに違わず、見ごたえ満点の城跡でした。

長野県松本市 埴原城跡4

先日、長野県松本市に行ってきました。

とても、暑い日で、紫外線を長時間にわたって浴び続けたせいか、ぐったりと疲れ切ってしまい、ブログも久しぶりの更新となってしまいました。

夏の山城は、無謀だと改めて思い知った次第です。

CIMG9787

埴原城跡。松本市には、小笠原氏関連の素晴らしい遺構をとどめる山城跡が多数あります。

そのなかで、真っ先に訪れた城跡になります。

CIMG9789

埴原城跡に行くには、まず蓮華寺を目指します。このお寺の駐車場に車を停めることができます。

CIMG9800

整備された登城道を登っていくと、最初に目に入る堀切です。


CIMG9804

堀切です。

CIMG9815

姫の化粧水と呼ばれる水の手跡。

CIMG9821

さらにのぼっていくと、堀切がまたあります。

CIMG9824

畝状竪堀が、張り巡らされています。

CIMG9827

竪堀は、堀底道としても利用されたようです。この季節でも、下草が少なく、遺構ははっきりと見ることができます。

CIMG9838

竪堀状の堀底道は、行き止まりになっています。

CIMG9847

石積みで組まれた水の手跡です。

縄張り図を車中に置き忘れてしまい、暑熱のなか歩き回ったので、この先の何もない尾根をずっと先まで進んでしまいました。

気を取り直して、最初の堀切あたりから、二郭、主郭方面に向かいます。

CIMG9892

二郭内部の様子。

CIMG9890

一部石積みの残る二郭虎口。

CIMG9887

二郭側面の石積みです。

下草は少なく、遺構は見やすいとはいえ、やはり夏場の山城は、やめておいたほうがいいですね。というより、素晴らしい遺構が残されているのに、途中で、根気がなくなってしまい、気力も切れてしまうので、もったいないです。

登城道は、一応整備されており、随所に道しるべもありますが、一部、荒天の影響なのか、道が崩落していたり、倒木が多く、歩きづらい部分もあります。

涼しい時期、11月下旬くらいに再訪したいと思っています。

石川県金沢市 堅田城跡4

金沢市といえば、兼六園と隣接する金沢城跡が、代表的な観光スポットですが、金沢城以外にも、けっこう城跡があります。

今回は、堅田城跡に行ってきました。

松根城跡、切山城跡も行きたかったのですが、時間の都合でパス。

CIMG1352

堅田城跡は、医王病院の東側にあり、墓地の脇に道しるべがあり、墓地を通って城跡に行ける遊歩道があり、周回することができるようになっています。

この時期は、下草がやや伸びていて、少し歩きにくかったり、遺構が確認しづらい状態です。

CIMG1357

この遊歩道も、竪堀を利用したものなんでしょうか?

CIMG1358

この道標の頂上というほうに進むと、本丸方面に行けます。

CIMG1361

城跡鳥瞰図。だいぶ汚れてます。


CIMG1365

主郭です。


CIMG1366

城跡解説看板です。

CIMG1367

道標を周回路のほうに取ると、最大の見どころである畝状竪堀群があります。

しかし、伐採?、倒木?が竪堀を埋めてしまっていて、画像だとわかりにくいです。


CIMG1369

犬走のような通路も、竪堀を入れて、せまくしたり、段差を付けています。


CIMG1371

CIMG1374

よくわからないですね。

肉眼だとはっきり、竪堀の様子が確認できます。


CIMG1377

この竪堀が一番見やすいかな。

CIMG1378

巨大な堀切です!切岸は鋭く切り立っており、登ることは不可能そうです。

CIMG1385

こちらも堀切です。

御覧のように、時期も悪かったのか、草が伸びていて、また、高いところが苦手な私が、細い犬走状の通路を歩いたので、周りを見回すゆとりがなく、かなり遺構を見落としていると思われます。

初めての城跡だと、先に何があるのかわからないので、遺構を見落としがちです。(言い訳)


CIMG1387

この画像はどういう意図で撮影したのか、自分でもよくわかりません(笑)右手側の切岸の鋭さを撮りたかったのか?

CIMG1388

最初の分岐点に戻ってきました。やっぱり、上から見ると、竪堀のように見えます。

堅田城跡、遺構はかなり見応えのある迫力のあるものですが、時期的なものもあり、やや、見づらい状態でしたが、もう少しだけ整備されると、素晴らしい城跡になろうかと思われます。

松根城跡も見れませんでしたし、冬の少し前にでも、もう一度、行ってみたいです。

静岡県裾野市 葛山城跡3

葛山城跡は、裾野市の仙年寺の背後の山林にあります。

BlogPaint

仙年寺。ふもとに大きな駐車場があります。

IMG_3367

登城道が続いています。


IMG_3368

登りきると、東の二重堀切のところに出ます。

IMG_3369

一号堀と二号堀。

CIMG5864

東郭。とくにこれといった遺構はなし。

CIMG5870

主郭跡。とてもきれいに整備されています。

CIMG5872

主郭にある鳥瞰図。

CIMG5878

二郭跡。

CIMG5881

二の郭虎口跡。

CIMG5882

CIMG5888

西の二重堀切。

CIMG5894

竪堀も見られます。

CIMG5905

畝状竪堀群は、ささに埋もれてよくわかりませんでした。

葛山城跡は、主要部はきれいに整備されており、見やすい城跡です。

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ