マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

激ヤブ

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

栃木県上三川町 多功城跡3

上三川城跡を後にして、バスで石橋駅方面に戻る途中、宿多功バス停で下車。

CIMG0682

少し道路を、北方向に戻ると、石橋ゴルフガーデンの入り口があり、駐車場の脇にこの石碑がありました。

この周辺には遺構は見当たりませんが、この一帯が本丸(主要部)だったようです。

CIMG0736

CIMG0731

CIMG0688

道路を挟んで反対側の竹やぶの中に空堀のようなくぼみが。一応、空堀跡ということにしておきます。

CIMG0728

ゴルフガーデン北側の二重土塁。遺構があるのはわかるのですが・・・。

CIMG0729

残念ながら立ち入り禁止。チェーンもありましたので、これはもう絶対に入るな、ということです。

あきらめきれずに・・・。

CIMG0727

色あせて、全く読めなくなっていますけど、城跡の案内看板です。

その先に、さらにあぜ道を進みます。

20200105_141531

堀跡っぽい、通路から竹藪に突入。こちらは、ぱっくりと口を開けていて、立ち入り禁止の表記もありません。

IMG_20200105_37342

IMG_20200105_33792

けっこうなヤブになっていますけども、見事な空堀がありました。

IMG_20200105_36264

こちらの堀は、二重堀になっていて、外側の堀を見たところです。この先に進むと、おそらく立ち入り禁止のところに続いていると思われます。

ヤブがひどいことと、民家の裏手にあたり、民家が見えることもあり、深入りは避け、早々に撤収しました。

CIMG0733

ゴルフ場脇の笹薮も、堀のあとだと思われます。

ゴルフガーデンに隣接して、牛小屋があり、隣接する溝も堀のあとと思います。牛のおしっこが流れ込んでくるのか、あまり長居はしたくない状態です。

ここは意外にも掘り出し物でした。

帰りはJR石橋駅まで歩きました。15分かからなかったと思います。

こちらは平城ではありますが、冬じゃないととてもじゃないけど、探索はおススメできかねる城跡です。




栃木県佐野市 鰻山城跡2

佐野市の鰻山城跡。

以前、佐野市で山城サミットが開催された際に、名前を耳にして、今回、唐沢山城跡から車で近いということで、行ってみました。

種徳院というお寺の東側の山林になります。お寺から歩いて数分くらいです。

CIMG2477

こんな看板が。一応注意。

CIMG2478

虎口状の通路から簡単に登れます。

CIMG2480

曲輪への虎口か。郭内部はがさヤブです。

CIMG2482

土塁です。

CIMG2483

浅くなっていますが、空堀でしょうか。あるいは腰郭状の部分です。

CIMG2487

こちらも空堀だったと思います。ヤブがひどいです。

CIMG2498

振り返ると、やはり空堀のように見えます。

CIMG2499

腰郭、あるいは空堀。右手側が、主郭と思われる郭の城塁です。


CIMG2507

これも空堀だと思います。

この城跡、冬でもこの有様ですから、夏場はとてもじゃないけど、探索不能状態と思われます。

このあと、さらに遺構を求めて歩きましたが、藪に遮られ断念しました。

千葉県四街道市 中山城跡2

四街道市特集最終回です(笑)

中山城跡は、福星寺城跡から、数百メートルしか離れてません。

BlogPaint

前回の木出城跡への道しるべの反対側の墓地脇の道を入っていくと、右手側に空堀の跡があります。

キャッスラーなら、すぐに城跡だと理解できます。

CIMG0602

空堀と、土塁です。

CIMG0586

堀底に、伐採した木が積み上げられて、奥には行けません。

0007

これは数年前に訪れたときのもの。この時は、まだお城を見る目が養われていなかったのと、堀底がじめじめして、不気味だったので、探索してなかったんですよね。

CIMG0576

ここも堀底道に見えます。もともとは、何かに使われていた林なのか、通路の名残があります。

CIMG0578

虎口に見えます。凄まじい倒木地獄ですね。

こんなところ、正常な人は入っていきませんよ(笑)

CIMG0580

CIMG0582

これ以上は、とてもじゃないけど無理。

CIMG0583

空堀ですね。

0012

CIMG0590

上が数年前、下が先日のものですが、これは何なのでしょうか?

0011

土地泥棒とか、元に戻せとか、浮世のオニなどの文言が見られます。

今は、竹藪に埋もれて、判読は困難になっていますが。

察するに、市がこの土地を、史跡として整備する予定で、地主さんから借り受けたのを、放置プレイで、使い物にならない竹やぶにしてしまったのを、怒ってのことでしょうか。

CIMG0596

じっさい、こんな状態になってしまっては、公的予算でもつぎ込まないと、元には戻せませんよね。

というわけで、中山城跡、数年前よりやぶ化が進み、もう少ししたら、侵入不可能になってしまいそうです・・・。


メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ