マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

比企城館跡群

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

比企城館跡群 その②

杉山城跡は、東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩25分~30分、車の場合、中学校の体育館裏に、駐車場が整備されました。(お寺の駐車場は使わないでくださいとのことです。)

CIMG1759

何度も訪れていますが、来るたびに整備が進んでいます。こちらも、比企城館跡群として国指定史跡、さらに続日本100名城に選定されています。

スタンプは、嵐山町役場にあります。


CIMG1768


CIMG1764

CIMG1775

杉山城跡は、良好に整備されているばかりでなく、遺構の保存状態も素晴らしく、これでもかと横矢をかけた空堀や、土塁をいつの時期に来ても素晴らしい状態で見ることができます。


CIMG1773


CIMG1828

虎口と土橋。

CIMG1781

CIMG1815

竪堀も見られます。

CIMG1862

CIMG1918

樹木や、下草がきれいに伐採されて、非常に見通しが良く、ついたとたんにワクワクが止まらない、そんな城跡です。

国指定史跡比企城館跡群 その①

先日、東武東上線に乗って、比企城館跡群を見学してきました。

CIMG1560

武州松山城跡。東武東上線東松山駅から徒歩30分、もしくはバスもあります。バスの場合、吉見百穴入り口下車です。

CIMG1572

CIMG1578

CIMG1607

松山城跡の見どころは、深い空堀です。が・・・。

CIMG1573

CIMG1635

国指定史跡なのに、整備が進まず、堀底を少し歩くと、このありさまです。

CIMG1661

岩盤を削った竪堀も見どころです。

CIMG1669

菅谷館跡の土塁。菅谷館は、武蔵嵐山駅から徒歩12分くらい。

CIMG1679

CIMG1689

CIMG1693

国指定史跡、さらに続・日本100名城にも選定されていますが、見事な土塁と空堀がとてもきれいに整備された状態で見ることができます。

CIMG1702

CIMG1718

CIMG1691

空堀に張り出し、横矢をかける土塁。

それにしても素晴らしい状態で、遺構を堪能できる素晴らしい城跡です。

もうひとつ、杉山城跡にも行きましたが、それはまた次回に。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡4

ときがわ町の小倉城跡は、比企城館跡群として、菅谷館、杉山城、松山城とともに、国指定史跡に指定されている城跡です。

CIMG6772

良好に整備された城跡ですが、交通アクセスは、いちばん困難です。

私は、東武東上線小川町駅から、青山城跡まで軽登山、青山城跡から尾根道伝いに、ハイキングコースを歩いてきました。約一時間のハイキング。

途中、急傾斜あり、ヤブあり、蜘蛛の巣ありでした。

時期もよくなかったかもしれません。

CIMG6733

CIMG6735

CIMG6743

ようやく、この堀切に辿り着いた時には、心底ほっとしました。


CIMG6762

主郭への虎口だったと思います。

CIMG6763

主郭内部の様子。

CIMG6768

こちらも虎口です。

CIMG6779

枡形虎口です。

CIMG6777

枡形虎口の土塁です。わずかに石積みが見られます。

CIMG6790

堀切です。岩盤を切り崩した豪快なものです。

CIMG6794

三郭内部の様子。

CIMG6830

CIMG6828

石積みが見られます。

CIMG6817

CIMG6820

北側の尾根に残る堀切です。

CIMG6838

こちらが、もっともポピュラーな登城口のようです。

帰りは、小川町の嵐山町のコミュニティーバスで、武蔵嵐山駅まで戻ることができました。

このバス停まで、徒歩で、30分近くかかったと記憶しています。

さらに整備が進んだと聞きますし、なぜか、最大の石積みの画像が無くなってしまったので、また、涼しい時期に再訪したい城跡です。

続日本100名城スタンプめぐり 埼玉編

嵐山町の菅谷館跡。東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩12分くらいか。

CIMG9994

比企城館跡群として、国指定史跡に指定されています。

CIMG0024

CIMG0035

深い空堀と、横矢張出の高ーい土塁。

CIMG9998

主郭虎口への土橋。

CIMG9986

馬出の堀は、水が溜まっています。

土塁と空堀が非常に見応えある城跡です。

スタンプは、三の丸跡の資料館にありました。

CIMG0047

同じく嵐山町の杉山城跡。武蔵嵐山駅から、徒歩で25分くらいかかります。

バスなど、公共の交通機関もありません。

CIMG0054

CIMG0071

CIMG0057

こちらも国指定史跡に指定されており、素晴らしい状態に整備されています。


CIMG0104

CIMG0085

スタンプは、嵐山町役場で押すことができます。

今回の2つの城跡は、ともに比企城館跡群として国指定史跡に指定され、良好に整備され、また、とても見応えのある城跡だと思います。

埼玉県吉見町 松山城跡3

埼玉県吉見町の松山城跡は、東武東上線東松山駅から徒歩30分、もしくは、バスもあります。

すぐ近くに、国指定史跡の吉見百穴があるので、バス停は、吉見百穴で降ります。

4

登城口にある案内板。

松山城跡は、杉山城跡、小倉城跡、菅谷館跡とともに、国指定史跡の指定を受けています。

14

本丸跡の様子。ここには、神社の社殿がありましたが、崩れてしまい、現在は撤去されています。

22

城址碑。

40

本丸周囲の空堀。

松山城は、冬以外に訪れると、ヤブがぼさぼさの状態です。この時の状態はマシなほうです。

39

深い空堀。

26

兵糧蔵跡。

51

土橋?

52

空堀です。

61

二の丸跡、だったかな?

85

こちらは、三の丸だったと思います。

62

82

松山城跡の最大の見どころである、折れを伴う深い空堀です。

国指定史跡なのだから、もう少しだけ、整備していただけると、ありがたいですね。

メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ