マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

武田氏の城

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

長野県伊那市 春日城跡4

春日城跡は、春日公園として整備されています。

IMG_0300

先日の長野遠征の折、春日城跡も予定に入れていたのですが、小出城跡に時間を取られすぎてしまい、夕暮れ迫るなか、一度はあきらめかけたのですが、春日城跡→の標識に、素通りできずにUターンしての大急ぎでの見学となりました。


IMG_0289

郭跡ですが、遊具が置かれた普通の公園かとおもいきや・・・。

IMG_0290

IMG_0291

突如、巨大な堀切が現れます。

IMG_0292

二の丸跡だったと思います。

IMG_0296

IMG_0297

本丸と二の丸間の堀切です。

IMG_0299

本丸(主郭)跡です。

IMG_0303

IMG_0304

主郭~二郭間の堀底に降りてみました。深い堀切です。

IMG_0307

IMG_0308

こちらは、二郭~三郭間の堀切。こちらも見事です。

IMG_0314

公園の池も、なんとなく丸馬出に見えてしまう・・・。見間違いですね(笑)

長野県松川町 大島城跡5

長野県には、魅力的な城跡が山ほどありますが、中でも、以前より行きたいと思っていた大島城跡に行ってきました。

IMG_0184

IMG_0183

曲輪を改変した駐車場に、立派な看板があり、縄張り図があります。

IMG_0186

この城跡、台城公園として整備され随所に標識が立っており、きれいに整備されています。

IMG_0187

IMG_0188

公園を入るとすぐの巨大な空堀。

IMG_0190

巨大な空堀です!これには驚嘆のため息が出ました。

IMG_0194

IMG_0198

迷路のような目くるめく空堀が、ほぼ完全に残されています。素晴らしいです。

IMG_0201

二郭。

IMG_0210

堀切。

IMG_0215

本丸(主郭)跡。

IMG_0222

主郭下の大空堀と植え込み。こちらは躑躅のようです。

IMG_0226

大空堀を下った先にある井戸跡です。この周辺は、滑りやすく、スズメバチに威嚇されましたので、すぐに撤収です。

大島城跡の最大の見どころ、連続する馬出ですが、自分の中では、うまく理解できていないので、掲載が見合わせます。

ぜひ、ご自身の目でお確かめされることをお勧めします。

長野県伊那市 高遠城跡 日本100名城4

戦国時代、織田信長の侵攻の前に玉砕した、武田信玄の息子仁科盛信の悲劇の城高遠城跡。

CIMG9625

江戸時代も高遠藩の居城として存続し、現在は城跡公園として整備されています。日本100名城にも選定され、また、高遠桜は、ことのほか有名で、花見の季節は観光客でごった返す城址公園です。

おかげで、大きな駐車場が複数設置されています。

CIMG9621

駐車場から登っていくと、すぐに空堀(水堀?)があります。

CIMG9624

台風の後だったために水が溜まっているだけかも。

CIMG9627

土塁です。重厚です。


CIMG9628


CIMG9629

深い空堀があります。

夢中で、写真を撮っているうちに、突如、デジカメがぶっ壊れまして・・・。レンズが出てこなくなってしまいました。

IMG_0078

二の丸跡だったか、本丸跡だったか・・・。

IMG_0083

こっちが本丸だったかな。

IMG_0087

IMG_0090

IMG_0091

高遠城跡の最大の見どころは、この深い空堀です。

縦横にめぐる空堀の堀底を歩き回ることができます。この時期は、花見客もおらずに貸し切り状態で、心行くまで堪能できました。

史料館と美術館が休館だったので、また改めて訪問することになりそうです。

静岡県島田市 諏訪原城跡 続日本100名城5

諏訪原城跡は、JR金谷駅から徒歩20分。車でも駐車場があります。今は、整備されて駐車場も増えた様子。

国史跡に指定されております。続日本100名城にも選定されました。

CIMG8851
 
堀跡がありますが、草が茂っており、よくわかりません。国史跡なのに・・・。

CIMG8853
 
城内にある諏訪神社。この神社があるために、諏訪原城と呼ばれているそうです。

CIMG8855
 
深い空堀です。

CIMG8856
 
土橋です。

諏訪原城跡も、馬場美濃守の縄張りと言われており、武田家の軍事拠点として築かれたとされております。

CIMG8857
 
土橋からの空堀。

CIMG8859
 
CIMG8860
 
三の丸跡。

この日は、雨だったので、丁寧に見て回ってないんですよね。

続100名城に選定されたおかげで、もう一度、訪れる大義名分ができたってもんです(笑)

CIMG8862
 
自然地形を利用したと思われる大空堀。

CIMG8864
 
カンカン井戸。堀底にあります。

CIMG8868

諏訪原城跡本丸跡。

CIMG8870

CIMG8871

内部の様子。

CIMG8878

CIMG8879
 
また土橋があります。

CIMG8880
 
空堀があります。

CIMG8886
 
また土橋です。

CIMG8887
 
馬出があります。馬出周囲の空堀は、草がぼさぼさになっています。

CIMG8892
 
草が生い茂っている空堀。

CIMG8912
 
CIMG8920
 
諏訪原城跡には、このような馬出が、複数確認できます。

この馬出、武田氏の専売特許のように言われてきましたが、諏訪原城跡を発掘したところ、徳川時代の遺構しか出てこず、武田氏時代の遺構は出てこなかったとか。

雨だったのが、残念でしたが、諏訪原城跡、見応えがありました。 


山梨県韮崎市 新府城跡 続日本100名城4

前回の高島城跡の記事でも書いた通り、いろいろと手違いがあり、諏訪の城跡は、高島城だけで断念。

せっかく、スーパーあずさで訪れた諏訪市ですが、滞在1時間半ほどで、移動します。

CIMG0725

新府城跡。城跡へは、新府駅から徒歩10分もかからず、入り口まで来ることができます。

CIMG0727

案内看板。国の指定史跡に指定されています。

神社への石段を登れば、城跡主要部へいきなり到着しますが、今回は、東方面へ回り込みます。車道を歩きますので、注意してください。

CIMG0728

CIMG0731

東出構と、西出構。この湿地帯の先には堀があります。

CIMG0743

CIMG0741

水堀と空堀。

CIMG0749

枡形門跡。

CIMG0769

空堀と、木橋の橋脚跡。

CIMG0778

二の丸跡。

CIMG0774

馬出郭。

CIMG0781

本丸跡。本丸にはトイレも完備されていました。

CIMG0802

大手枡形虎口跡。

CIMG0804

丸馬出跡。大手虎口を守ります。

CIMG0815

丸馬出に付随する三日月堀。


CIMG0825

大手南門跡。

ざっくりと紹介しましたが、新府城跡は、一度の記事で紹介しきれない見どころ満載の史跡です。

残続日本100名城スタンプは、韮崎市民俗史料館にあります。

城跡から30分以上、JR韮崎駅からも同程度離れており、16時半にしまってしまいます。

残念ながら、この日は、スタンプを押すことはできませんでした。


メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ