マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

横堀

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

群馬県安中市 後閑城跡4

安中市後閑城跡は、城址公園として、結構大金をかけて整備されています。

CIMG2963

後閑城跡へは、車でのアクセスになります。公共の交通機関があるかどうか・・・。確認していません。

2か所に公園の駐車場があります。トイレもそれぞれに設置されているようです。

CIMG2966

どこから見るか迷ったのですが、まずは南側の堀切から。

CIMG2967

南郭です。

CIMG2973

大堀切。ここって、公園整備で堀底を埋めちゃってるんでしょうか。本来、もっと鋭く深かったように思えます。

CIMG2984

園内は、よく整備されていて、標識があちこちにあるので親切、その遊歩道からヤブをのぞき込むと、竪堀があったりします。

IMG_0170

CIMG2982

北郭周辺の2本の堀切。

CIMG2983

こちらは、横堀でしょうか。

IMG_0174

本丸跡の様子です。

よく整備されていて、見学しやすく、遺構の残存状態もよく、楽しめる城址公園です。春は桜も楽しめそうです。

千葉県千葉市 城山城跡3

千葉市の城山城跡は、JR千葉駅からバスで行くことができます。停留所の名前は失念しました。今後、確認して掲載するかもしれません。川戸小学校の近くだったと記憶しています。

1

この日枝神社のある丘陵が城跡になります。

4

日枝神社社殿。

6

神社背後の土盛。土塁と思われます。

7

虎口?この周辺は、比較的、ヤブが少ないのですが・・・。

11

虎口のような開口部を堀底道のような通路を進んでいくと、だんだん、ヤブが濃くなってきます。


14

頭上の郭跡と思しき、削平地は、竹が密生して、歩きにくそうです。

22

23

さらに進むと、凄い笹藪です。無理やり進んでいきます。

25

土塁かな。

32

堀底道を通っていることは、何とかわかるでしょうか。

46

横堀です。

76

一段下がったところにも、横堀がありました。

城山城跡、遺構はとてもよく残っているのですが、笹藪がひどくて、遺構の確認は容易ではありませんでした。

栃木県栃木市 皆川城跡4

栃木市には、魅力的な城跡がたくさんありますが、なかなか、タイミングが合わずに行けなかった、皆川城跡に行ってきました。

IMG_2913

皆川城跡には、栃木駅から、コミュニティバスで、皆川中学校前で下車、歩いてすぐです。

車の場合は、城跡麓居館跡にある公民館を目指すとよいでしょう。


CIMG4638

城跡公園として整備され、なお、整備が進められているようです。


CIMG4637

巨大な竪堀があります。

CIMG4680

CIMG4683

樹木が伐採されているので、城下の眺望がすばらしいです。

CIMG4686

本丸跡。城址石碑。


CIMG4694

虎口跡でしょうか。


CIMG4695

竪堀跡。


CIMG4694

CIMG4700

先ほどの竪堀とぶつかる横堀跡。


CIMG4712

山麓の藪の中には、このような見事な横堀が残されています。


CIMG4736

こちらは、居館部裏の山林、最初の竪堀脇の横堀です。こちらも素晴らしいです。

皆川城跡、きれいに整備されてますし、当時そのままを思わせる遺構も残っていて、見応えがありました。

群馬県高崎市 根小屋城跡4

CIMG0197

根小屋城跡は、上州電鉄根小屋駅から、登城口まで徒歩10分くらいだと思います。

私は、茶臼山城から、踏切脇の登城口まで歩きましたので、30分以上かかりました。

CIMG0113

その登城口。場所を説明しづらいですが、グーグルマップで根小屋城跡を目的地に設定、向かう途中にありました。見落としやすいですが、道標もあります。

CIMG0117

急傾斜な山道で、途中、草木に覆われた中に、わずかなふみ跡のような道が残されています。一応、整備はされているようです。

CIMG0124

笹藪がすごいです。やっぱり訪れた時期が悪かったのか、草が伸びまくってました。

CIMG0127

以前、見た動画ではこの辺りは、きれいに草が刈られていたのですが・・・。さっぱりわかりません。

CIMG0129

土橋も草に埋もれがち。


CIMG0131

横堀です。さっぱりわかりません(笑)

根小屋城は、武田信玄が築いたとされる山城です。なかなか、技巧的な縄張りとのことですが、さっぱりわかりません。


CIMG0137

二郭と、主郭の堀切・・・なんですかね?右側が二郭、左手が主郭。


CIMG0138

やっぱり堀切のようです。終点付近。

CIMG0150

こちらは、横堀です。水が溜まっていたようです。現在は、枯れてますが、その痕跡はわかります。

CIMG0153

主郭への通路。階段がついています。けっこう急傾斜です。

そういえば、最初、城跡へ登ってきた山道も、急傾斜で、降りるのはけっこう大変だろうと思います。

滑りますし。

CIMG0164

主郭の虎口。枡形虎口という説明がありました。

CIMG0170

主郭内部の様子。

来た時期が悪く、草が生い茂っていますが、遺構はよく残されていて、見応えがある城跡です。

搦手側から尾根伝いに山名城跡へも行けますし、冬場ならかなり楽しめる城跡ではないでしょうか?

茨城県常陸大宮市 東野城跡3

CIMG1099

東野城跡遠景。

東野城跡は、JR水郡線玉川村駅から、歩いていくか、車で行く場合、できれば路駐は避けて、廃墟になっているガソリンスタンドに停めて歩いたほうが良いです。

畑の中に、何かの盤碑が建っている通路が山林へ向かって続いています。


IMG_0898

この通路をずんずん、丘陵側に歩いていきます。丘陵に突き当たり、東側に回り込んでいくと、上に登れそうな箇所があります。


CIMG1064

登ったところがすぐに、虎口が見えてきます。

画像は、虎口を登ったところの腰郭のような場所です。


CIMG1065

腰郭のような場所を歩いていくと、土塁が外側についており、横堀状になっていきます。

CIMG1066

土橋に突き当たります。この土橋を渡ると、二郭への坂虎口。


CIMG1067

今度は、北側へ歩いています。やはり、土塁が伴われ、横堀状になっています。


CIMG1068

土塁上から下を見下ろしました。

CIMG1070

堀の終点から主郭の城塁を見ています。

CIMG1071

三郭へあがってきました。この三郭へは、城塁をよじ登るしかなさそうです。


CIMG1075

三郭と主郭の間にある堀切。堀切と言っていいのか、微妙なところです。切れてないので。

正面の仕切りが土橋で、ここを上がると、主郭の虎口。


CIMG1085

虎口を入ったところの枡形状の空間。


CIMG1086

主郭は、薮です。


CIMG1088

少しましなところです。


CIMG1090

二郭です。主郭の腰郭のように、取り囲んだ郭です。主郭より、少し下がった位置にあります。


CIMG1092

二郭も藪です。

CIMG1093

二郭の虎口かな?クマザサに埋もれてよくわかりません。

CIMG1095

虎口下の土橋から腰郭のような、横堀のような場所を見たところ。ここを進むと、最初に登った場所に戻ります。

東野城跡、遺構はよく残されていますが、城跡としての認知度が低いため、全く整備がされていないようで、このままだと、あと数年で、足の踏み場のないがさヤブに埋もれてしまうのではないでしょうか?
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ