マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

枡形虎口

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

新潟県村上市 村上城跡 続日本100名城4

新潟県村上市は、鮭の街として知られていますが、江戸時代は、村上藩が収めた城下町でもあります。

IMG_1530

村上藩の藩庁が置かれた村上城跡は、JR村上駅から徒歩30分くらいで、登城口に着きます。

IMG_1464

登城口脇の石碑。

IMG_1465

広い駐車場も完備です。

登山道は、よく整備され、傾斜もそれほどきつくなく、20分ほど登ると城跡にたどり着きます。

IMG_1476

最初に見える石垣。

IMG_1478

枡形の四つ門跡です。

IMG_1485

御鐘門跡の石垣。

IMG_1486

枡形が形成されています。

IMG_1492

櫓台石垣。

IMG_1494

こちらの、本丸へ向かう通路は発掘調査が行われています。

IMG_1497

IMG_1505

村上城跡の見どころは、山上に向かうにつれ、次々と現れる石垣です。

IMG_1506

本丸枡形虎口跡の様子。

IMG_1507

本丸内部、天守台が見えます。

IMG_1512

本丸から眺める村上市街。

IMG_1498

村上城跡は、戦国時代の山城の遺構も残されているようです。

この日は、村上に着いたのが、夕方5時近くで、時間がなく、戦国期村上城の遺構は散策することはできませんでした。

福島県会津若松市 若松城跡 日本100名城4

会津若松市の若松城(鶴ヶ城)。修学旅行以来、何十年ぶりかで訪れました。

CIMG9809

会津若松城天守。若松城は、江戸時代は、ほぼ大半が親藩会津松平家の居城でした。

それ以前には、蒲生氏、加藤氏などが城主を務めており、戦国時代は、芦名氏の居城黒川城があったとされます。

CIMG9792

CIMG9794

水堀と土塁。

CIMG9795

高石垣と水堀。


CIMG9804

近世城郭ならではの石垣づくりの枡形。

CIMG9807

CIMG9808

CIMG9806

枡形を形成する石垣。

CIMG9821

CIMG9836

CIMG9833

近世城郭ならではの幅広の水堀。紅葉もいい感じです。

この日は、向羽黒山城、鶴ヶ城で、おなか一杯、日暮れも迫り、新白河に退却しました。

そういえば、100名城スタンプ帳を車中に置き忘れて、スタンプ推せませんでした。

静岡県静岡市 駿府城跡3

駿府城は、家康公が晩年を過ごした隠居の城。家康公は、引退後も大御所として権力を持ち続け、江戸と駿府の二頭政治といわれました。

2

石垣と水堀。駿府城跡には、JR静岡駅から徒歩15分で行くことができます。

1

復元された櫓と櫓門。

46

47

38

枡形門。

40

枡形内部の様子。

BlogPaint

城跡めぐりをしていると、人に出会うことってめったにないんですが、さすがにこのお城は、観光客がたくさんいました。
55

水堀と石垣、背後に高層建築。現代の城跡の風景。

静岡県浜松市 鳥羽山城跡3

二俣城攻防戦で、徳川方が、武田方の二俣城に対して築いた付け城、鳥羽山城。

91

現在は、二俣城跡ともに、国の指定史跡に指定されていると記憶しています。

公園として整備され、訪れた夏場でも、比較的見学しやすい城跡です。

96

97

99

このような腰巻石垣が見られます。

103

郭跡です。

116

堀切?ですかね。

118

本丸跡虎口部分の石垣。

121

本丸跡内部の様子です。かなり広い郭です。

鳥羽山城は、二俣城攻略後も使用され、のちに浜松に入城した堀尾吉晴によって、回収を受けたそうです。石垣も、堀尾氏の時代のものと考えられています。


123

124

本丸内部の庭園跡の遺構です。本丸には土塁がめぐらされていました。


146

157

164

本丸枡形虎口部分の石垣です。この城跡は、予想以上に石垣が良好に残されていました。


172


178

こちらは堀切です。

鳥羽山城跡は、二俣城と向かい合った位置にあり、二俣本町駅から歩いて10数分くらいで行くことができます。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡4

ときがわ町の小倉城跡は、比企城館跡群として、菅谷館、杉山城、松山城とともに、国指定史跡に指定されている城跡です。

CIMG6772

良好に整備された城跡ですが、交通アクセスは、いちばん困難です。

私は、東武東上線小川町駅から、青山城跡まで軽登山、青山城跡から尾根道伝いに、ハイキングコースを歩いてきました。約一時間のハイキング。

途中、急傾斜あり、ヤブあり、蜘蛛の巣ありでした。

時期もよくなかったかもしれません。

CIMG6733

CIMG6735

CIMG6743

ようやく、この堀切に辿り着いた時には、心底ほっとしました。


CIMG6762

主郭への虎口だったと思います。

CIMG6763

主郭内部の様子。

CIMG6768

こちらも虎口です。

CIMG6779

枡形虎口です。

CIMG6777

枡形虎口の土塁です。わずかに石積みが見られます。

CIMG6790

堀切です。岩盤を切り崩した豪快なものです。

CIMG6794

三郭内部の様子。

CIMG6830

CIMG6828

石積みが見られます。

CIMG6817

CIMG6820

北側の尾根に残る堀切です。

CIMG6838

こちらが、もっともポピュラーな登城口のようです。

帰りは、小川町の嵐山町のコミュニティーバスで、武蔵嵐山駅まで戻ることができました。

このバス停まで、徒歩で、30分近くかかったと記憶しています。

さらに整備が進んだと聞きますし、なぜか、最大の石積みの画像が無くなってしまったので、また、涼しい時期に再訪したい城跡です。

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ