マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

日本100名城

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

岐阜県恵那市 岩村城跡 日本100名城4

岐阜県恵那市の岩村城跡は、国史跡、日本100名城。


2

岩村城跡には、明知鉄道岩村駅から徒歩20分くらい。駐車場も完備しています。この復元された建造物の先に駐車場がありました。私は、徒歩で一度、車で一度、訪れています。

5

登城道です。岩村城は山城ですが、登城道が整備されていて、比較的、訪問しやすい城跡です。

36

大手道を進みます。

38

石垣が見えてきます。

48

桝形門跡です。


132

順番が前後しますが、こちらは脇門跡の石垣だったと思います。

9

ここはどこだか、わかりません。本丸に上がっていくところかな。

87

91

144

岩村城最大の見どころ、六段構の石垣。


98

本丸跡の石垣(だったと思います。)

このほかにも、戦国時代の山城の遺構も残っているようなのですが、二度の訪問では見切れていません。

岩村城は、戦国時代は、遠山氏の居城でした。

岩村城の立地を重視した織田信長は、遠山氏に叔母を嫁がせます。

この叔母が、夫亡き後、女城主として武田の武将秋山信友を迎え撃ちますが、かなわず降伏。なんと敵将信友の妻となってしまいます。

激怒した信長は、大軍を差し向け岩村城を攻撃、助命を条件に降伏開城しますが、信長の怒りは収まらず、夫婦ともども逆さ磔にかけて処刑、城兵も皆殺しにされた、と伝えられています。

東京都千代田区 江戸城跡 日本100名城4

東京都千代田区江戸城跡。言わずと知れた江戸幕府徳川将軍家の居城です。

IMG_2241

江戸城巽櫓(解体復元)

IMG_2249

石垣と水堀。

礎を築いたのは、かの有名な太田道灌、その後後北条氏の支城を経て、小田原征伐後、関東に入った徳川家康が本拠を構えました。

現在は皇居が置かれています。

IMG_2268

IMG_2266

二重橋と伏見櫓。

アクセスは、東京駅、大手町駅、竹橋駅、二重橋駅などなど、いくつもの駅からアクセスでき、さらに飯田橋駅や四ツ谷駅周辺にも遺構が散在しています。

IMG_2270

大手門からの皇居東御苑入り口。

IMG_2280

皇居東御苑には、三か所から入場することができ(荷物検査と札を渡されます)、富士見櫓や、大番所、巨大な石垣など見ごたえ満点で、緑を楽しみながらの散策が可能です。

訪れた時点では、即位の礼の準備で、本丸が一部立ち入り制限されていました。

IMG_2288

同心番所。

IMG_2294

百人番所。

IMG_2308

大番所。

IMG_2312

巨石を用いた石垣。

当日も、外国人の方など、観光客がいっぱいでした。

IMG_2317

富士見櫓。天守閣焼失後は、天守の代用を果たしたとされる、城内唯一の三層櫓です。

IMG_2375

天守台石垣。

まだまだ見きれていないので、またの散策を予定しています。

新潟県上越市 春日山城跡 日本100名城5

言わずと知れた、上杉謙信公の居城春日山城跡。

なぜか、行く計画を立てるたびに、天候に恵まれず、今回、ようやく行くことができました。

IMG_1997

IMG_2002

春日山城跡大手登城口。

はねうまライン春日山駅から、登城口まで徒歩で30分くらいでしょうか。

IMG_2011

番所跡の土塁跡。

IMG_2028

柿崎屋敷跡。登城口からここまで20分くらいでしょうか。

CIMG0133

柿崎屋敷跡から景勝屋敷跡に向かう切通しの通路。

CIMG0137

景勝屋敷と、柿崎屋敷間の堀切。

IMG_2037

景勝屋敷跡と主郭間の堀切。

CIMG0140

上杉景勝屋敷跡。そこそこ広さのある郭です。

CIMG0145

あれ?この堀切どこだろうか。

CIMG0154

此処も堀切ですね。土橋状の狭い通路。


CIMG0160

本丸跡。思ったよりも狭い空間です。

IMG_2044

順番前後しましたが、井戸曲輪跡には、大井戸が今も水を湛えています。


CIMG0165


CIMG0166

千貫門跡付近の空堀。


CIMG0163

その手前の竪堀のように、下の曲輪に続く空堀。

IMG_2097

最後に上杉謙信公の像。

春日山城跡、期待に違わず、見どころ満載の城跡で、時間のたつのも忘れてしまいました。

国宝彦根城の雄姿

国宝彦根城。

IMG_0724

この日は大雨で、ほかにも行きたい山城があったのですが断念、彦根城のみ見学しました。

IMG_0672

IMG_0674

IMG_0677

佐和山口から攻城開始。

IMG_0688

近世城郭特有の枡形虎口。前から横から、バンバン撃たれます。


IMG_0692

内堀。

IMG_0698

登り石垣と竪堀。

IMG_0702

道を、本丸方面へ向かっていくと、天秤櫓が現れます。

IMG_0709

堀切と天秤櫓。ここでも、四方から袋叩きにされてしまいます。

IMG_0719

本丸への最後の関門。ここも枡形門になっています。どここまでも、徹底的に戦闘的です。

IMG_0731

西の丸三重櫓。

IMG_0728

IMG_0730

堀切と竪堀。

IMG_0738

登り石垣と竪堀。

IMG_0775

大手門跡の石垣。ここも枡形。石垣づくりの枡形虎口は、当時の戦略では突破不可能な最強の防御施設、とのことです。

IMG_0778

登り石垣と竪堀。このころには、傘も役に立たない土砂降りになってしまい、ここまでで撤収。

見たかったけど見れなかった部分は、またの機会にとします。

三重県伊賀市 上野城跡 日本100名城3

三重県伊賀市上野城跡。

70

現在は上野公園として整備され、伊賀鉄道伊賀線上野市駅から徒歩10分かからずに行くことができます。

16


6

18

伊賀上野城といえば、この高い石垣が有名。


42

高石垣の上から。高いところが苦手なので、これが限界。

45

模擬天守。こちらは、地元の名士川崎氏が私財で建設したそうです。

38

水堀。

34


27

遠路の傍らに残る空堀跡。

69

樹木が邪魔で見にくいですが、しっかりと残されています。

53

確か、筒井氏時代の石垣・・・だったと思う。

上野城筒井氏の居城として築かれ、筒井氏改易後、藤堂高虎の手によって改修されました。現在の高石垣は、藤堂高虎の手によるものです。

江戸時代には藤堂家の城代が入り統治され、藤堂家の藩校も置かれました、

現在も一部が、国指定史跡として残されています。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ