マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

新城市の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

愛知県新城市 文珠山城跡3

愛知県新城市の文珠山城跡。

武田氏に降った、奥平氏が武田氏との和解のあかしとして、武田氏の要請により築いた、とされています。


CIMG1013

主郭にある案内看板。


CIMG1012

主郭土塁です。

CIMG1010

主郭内部の様子。見張り台のような展望台があります。たしか、ハンモックもありました。

CIMG1005


CIMG1003

一段下がった腰郭は、土塁がついており、空堀状になっています。

CIMG1006

腰郭。

CIMG0998

土橋と虎口。歩きやすく整備されています。

CIMG0996

土橋から見た堀切。

CIMG0992

腰郭を虎口脇から見たところかな。


CIMG0993

腰郭?


CIMG0999

堀切の先の塞ノ神城跡に続くと思われる尾根道。

このまま、塞ノ神城跡に向かうつもりでしたが、この先で、道はUターンし、どんどん下がっていきます。車を止めた場所から、どんどん離れて行ってしまうので、めんどくさくなってしまい、途中で引き返しました。

車内に、タブレットを置き忘れてしまったので、そのときは、わからなかったのですが、歩いて30分近くかかるそうです。

文珠山城跡は、すぐ下まで車で行けたようですが、今回は、途中で林道が陥没してる箇所があり、レンタカーでもあったので、その手前に車を停めて、城跡まで歩きました。

林道の終点には、駐車場もありますが、現状、そこまでは車で行けなさそうでした。

愛知県新城市 大野田城跡3

大野田城跡は、JR飯田線野田城駅からと10分少々くらいでしょうか。

IMG_1062

城跡に隣接する貯水池に、案内看板が建っています。看板は結構新しいっぽいです。

IMG_1060

私は、野田城跡を見学した後、グーグルマップで検索しながら来たのですが、途中で、親切な地元の方に教えていただきました。

この看板がある田んぼのあぜ道の突き当りから少し左手側に進みます。

IMG_1061

この辺りに虎口のような通路というか、郭内に入っていける箇所があります。

IMG_1016

だいぶ草が伸び切っていますが、我慢して突入。

IMG_1018

郭内から見たところ。くぼんでいる箇所が虎口?で、土塁が巡っているように見えます。

IMG_1019

広い郭内部の様子。

IMG_1024

土塁のような土盛があります。

IMG_1043

IMG_1042

IMG_1048

土塁の外側には、りっぱな空堀が巡っていました。この空堀、部分的には二重になっているように見えます。

IMG_1054

土塁。この道路も堀だったのでしょうか。

IMG_1065

野田城駅の駅舎の風景で、お別れです。

愛知県新城市 野田城跡3

愛知県新城市の野田城跡は、武田信玄最後の城攻めの地として、有名です。

IMG_1011

豊橋駅からJR飯田線に乗り、野田城駅で下車、徒歩20分ほどで行くことができます。

IMG_0971

IMG_0974

道路沿いに、三の丸跡、二の丸跡の看板があります。が、すごい藪です。入ってみましたが、何が何だかさっぱりわからない状態でした。

IMG_0975

道路沿いにある野田城跡の案内看板。

IMG_0976

道路から空堀が見えます。

IMG_0978

本丸への土橋。

IMG_0979

IMG_0980

土橋から見える空堀。

IMG_0982

本丸跡内部の様子。

IMG_0983

IMG_0984

井戸跡。

IMG_0994

空堀へ横矢を掛ける張り出し部分の土塁。

IMG_1006

本丸背後の横堀。倒木がジャマで歩きにくい。

IMG_1004

同じ空堀。

野田城跡、本丸周辺の空堀など、それなりに見ごたえはありますが、それ以外は藪がひどく、倒木がひどく、見学に苦労しました。

愛知県新城市 石橋城跡2

新城市石橋城跡。道の駅作手の道路を挟んだ反対側の慈昌院の境内が城跡になります。

CIMG5583

境内にある案内看板。

CIMG5584

CIMG5578

土塁跡です。

CIMG5580

慈昌院の本殿。立派な建造物です。

CIMG5586

CIMG5596

CIMG5574

土塁の裏にある空堀。藪がひどくて、確認が困難でした。

CIMG5591

CIMG5588

CIMG5599

空堀跡と思われる地形。

訪れたのが、夏場だったこともあり、草が伸びていたり、民家の軒先だったりで、遺構の確認は困難でした。

愛知県新城市 長篠城跡 日本100名城3

有名な長篠合戦の端緒となった、長篠城の攻防戦。

長篠城に立て籠るのは、前回、ご紹介した亀山城の元城主である奥平氏。亀山城を退去、のち、この城を徳川家康より与えられました。

5

長篠城跡へは、JR長篠城駅から徒歩10分くらい。駐車場もあります。

11

城の縄張り図。

作手奥平氏は、元は武田氏に味方していましたが、寝返って徳川方に通じます。亀山城のすぐ近くには、武田方の古宮城があり、塞ノ神城があり、武田の軍勢と戦いながら退去したようです。

4

24

空堀が見事。

17

18

本丸の土塁。

20

本丸内部の様子。

45

線路を挟んだ反対側にある野牛郭跡。


40

ここも堀の跡なのかな。

長篠城の籠城戦では、500ほどの城兵で、15000の大軍に、20日間近く持ちこたえと言われています。

54

58

弾正郭跡のここも堀の跡に見えます。

28

長篠城の戦いと言えば、鳥居強右衛門。当時は、主君奥平信昌の顔すらまともに見たこともない、軽輩だったと伝わります。

包囲網をかいくぐり、岡崎の徳川家康のもとへ、援軍要請に向かいますが、その帰途、武田方に囚われ磔にかけられました。

長篠の合戦は、言わずもがな、織田、徳川連合軍の大勝利に終わり、奥平信昌は、家康の娘婿となり、奥平家は、江戸時代、10万石の大名として存続しました。

強右衛門の子孫は、奥平家の家老となったそうです。


メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ