マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

天守

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

宮城県白石市 白石城跡 続日本100名城3

白石城跡は、仙台城主伊達家の重臣片倉家の居城。

江戸時代、一国一城令のもと、仙台藩では重臣たちを要衝に配し、幕府に憚って館(要害)と称しました。

船岡、涌谷など有名です。

CIMG0475

白石城には、JR白石駅から徒歩15分くらい。

CIMG0454

CIMG0455

これらの水路は、堀の跡と考えてよろしいのでしょうか。

CIMG0457

この辺りは、往時の城跡っぽさを留めています。

CIMG0463

CIMG0462

石垣です。

CIMG0476

CIMG0477

裏門跡です。


CIMG0482

天守を眺めます。


CIMG0471

枡形と櫓門跡。


CIMG0467

天守の石垣と、石落としを下から見たところ。

CIMG0468

そういえば、天守を近くから撮影した画像が、一枚もありませんでした。

電車の時間があるんで、大急ぎで駅に戻ったんですが、結局間に合いませんでした(笑)

広島県広島市 広島城跡 日本100名城4

広島県広島市、私は、二度、この地を訪れていますが、一度目は真夏、二度目も9月の残暑の厳しい時期でした。

広島城は、日本100名城にも選定されています。

1

広島城天守。復元天守です。

2

復元された太鼓櫓。

13

平櫓と大手門。

17

別角度から。御門橋も入りました。

23

水堀と石垣。

28

多門櫓。

34

二の丸と本丸の土橋上から、石垣と水堀。


36


39

枡形虎口。

改めてみると、お城めぐりを始めたばかりで、今に比べると、お城を見る目が育っておらず、写真の構図が良くないですね(笑)


63


38

49

広島城の石垣。

61

再び天守。

広島城は、毛利輝元が築城、秀吉子飼いの猛将として有名な福島正則が城主として続き、福島正則改易後は、浅野氏が43万石で入城、浅野氏の治世で、明治維新を迎えています。

千葉県佐倉市 佐倉城跡 日本100名城4

日本100名城佐倉城跡です。

CIMG0607

国立歴史民俗博物館(歴博)の入り口です。

ここから徒歩だと、上り坂を登っていきます。

CIMG0608

 CIMG0610

この道路の脇には、水堀と土塁が、しっかりと残されています。水堀、いいですよね。

CIMG0613


CIMG0617
 
登りきると、歴博の脇には、復元された角馬出。

案内板が、空堀の前にあって、しかも空堀馬出と書かれているのですが、馬出は、画像の四角い空間を指します。

CIMG0618
 
こっちが復元された空堀です。本来はもっと深かったそうです。

CIMG0621
 
CIMG0622
 
佐倉城跡の最大の見どころ、本丸周辺の空堀。すごいです。幅も深さも、千葉県では最大規模でしょう。

この空堀も、この城跡に初めて来たときは、ジャングルのように、草が生い茂ってとても見れたもんじゃなかったんですけど、きれいに伐採されて、とても見やすいです。感謝です。

CIMG0629
 
主郭(本丸)内部です。 土塁が見事ですね。

子供がよじ登って遊んでいます。

この日は、桜まつりということで、平日なのに、かなりの人がいました。露店も出ていました。

IMG_0625
 
佐倉城の天守台跡です。

CIMG9225
 
天守の模型です。 

CIMG0631
 
空堀です。こちらはやや、藪が濃い状態。 

CIMG0638
 
こちらは三の丸の空堀。

CIMG0640
 
CIMG0643

佐倉城は、私が、城めぐりを始めた最初のころに訪れて、土づくりの城に魅了されるきっかけとなった城跡なので、思い入れも深いです。

佐倉城は、土井利勝が、千葉氏が築城登城で放置した鹿島台城の跡地に、徳川家康のお声が借りで築きました。

その後、土井氏、堀田氏、松平氏など、城主が変わり、最終的に、堀田氏11万石 で、明治維新を、迎えております。

CIMG0653
 
犬走から、水堀越しに、佐倉城跡唯一現存遺構である、どこのものかわからない城門を見ています。

CIMG0654
 
樹間から見る水堀。

CIMG0655
 
出丸の内部。この辺りは、本丸の広場の賑わいが嘘のように、人っ子一人いません。

CIMG0668

 水堀。木が茂っている向こうに、犬走があります。

CIMG0674
 
出丸跡と水堀。

CIMG0648
 
佐倉城跡は、周辺に武家屋敷や、旧藩主堀田伯爵邸など、歴史をしのぶ遺構が、意外とたくさん残されています。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ