マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

夏場はやめとけ

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

茨城県潮来市 長山城跡3

潮来市のかすみの郷公園の東側に隣接した丘陵上に展開しています。

CIMG0326

CIMG0327

城跡案内看板と石碑。この背後に突入しようとしましたが、モノスゴイ笹薮で、とても無理でした。空堀がある様子はわかるのですが。

CIMG0337

城内を二分する大堀切。この堀切が竪堀状に落ちている部分だけ少しだけ、やぶがましになっているところがあり、そこからよじ登りました。

周辺を一周してしまいましたが、他には、登れそうなところはありません。

CIMG0338

この大堀切は見ごたえがあります。ヤブもさほどではありません。ここだけは。

CIMG0340

CIMG0348

虎口状の通路と虎口。

CIMG0349

CIMG0358

CIMG0364

このすごい笹薮をご覧ください。曲輪内部や、腰曲輪などすべてこの状態です。

CIMG0376

途中、笹薮にからめとられて、身動きが取れなくなりそうでしたが、何とか脱出して、最初のところに戻ってきました。土塁です。

CIMG0377

少し、夕日がさした大堀切。

私が訪れた数年前で、この状態。今はもっとすさまじいやぶになっているかもしれません。

千葉県睦沢町 勝見城跡3

睦沢町の勝見城跡。以前から行きたいと思っていた城跡ですが、公共交通機関での訪問を主にしている私には、ハードルが高い城跡でした。


CIMG1284

現在は、比較的整備され、ハイキングコースになっています。画像はトイレ、この城跡も上総一宮駅からレンタサイクルで行きました。訪問は、4年位前になります。

当時は、レンタサイクルが無料でしたが、今も無料なのか、確認していません。

CIMG1291

最初に見えてくる堀切?か、虎口?の跡になります。門を置いたら良さそうなんで、虎口跡としておきます。

CIMG1301

こちらは、まごうことなき、規模が小さいですが、堀切です。


CIMG1306

進んでいくと、ややワイルドな状態になっていきます。橋が見えますが、橋の下が二重の堀切になっています。

CIMG1317

橋の上から堀切部分を見たところ。


CIMG1326

標柱があります。曲輪とありますが、やぶで形状の把握は困難です。


CIMG1341

またしても、堀切?あるいは虎口跡のような地形です。

CIMG1360

途中、堀切状の地形もありましたが、激ヤブをしゃにむに進んだ先に見えた大堀切!これは見ごたえがあります。

CIMG1376

CIMG1369

大堀切の画像左手側をよじ登った尾根にも、堀切が見られました。

雨雫がついているように、この日は、天気予報では降水確率0%だったのに、途中で、大雨にたたられ、泥んこになりながらの訪城となりました。

この城跡も見ごたえある遺構は、かなりなヤブの果てにありますので、夏場よりも、冬の訪問がお勧めです。

千葉県一宮町 高藤山城跡4

一宮町の高籐山城跡は、JR上総一宮駅から、私は駅前の無料レンタサイクルで行きました。車だと、駐車スペースに困るかもしれません。

CIMG0622

道がちょっとわかりにくく、説明しづらい。私もさんざん迷いながら行きましたので、この案内板を見つけて、ほっと一安心。

CIMG0620

途中、このような道しるべもありました。

CIMG0623

解説板です。杖も置いてあります。

CIMG0624

最初はこんな感じで、楽なもんですが、途中からけっこう険しくなってきます。

CIMG0627

主郭の切岸です。


CIMG0632

主郭の堀切。


CIMG0637

主郭内部の様子。土橋がわかるでしょうか。


CIMG0650

主郭背後にある堀切。


CIMG0641

主郭内部はきれいに整備されています。が、しかし・・・、

CIMG0661

その先に進むには、こんな感じの笹薮を進んでいくしかありません。


CIMG0681


CIMG0689

CIMG0691

CIMG0692

尾根伝いに突き進むと、豪快な堀切が次々と現れます。かなり藪がきついですが・・・。

ここで、タブレットをなくしてしまい、似たような尾根が四方に張り巡らされていて、迷ってしまい、かなり難渋しましたが、なんとか、戻ることができました。

遺構は素晴らしいですが、事前に下調べの上、お出かけをお勧めします。

栃木県佐野市 鰻山城跡2

佐野市の鰻山城跡。

以前、佐野市で山城サミットが開催された際に、名前を耳にして、今回、唐沢山城跡から車で近いということで、行ってみました。

種徳院というお寺の東側の山林になります。お寺から歩いて数分くらいです。

CIMG2477

こんな看板が。一応注意。

CIMG2478

虎口状の通路から簡単に登れます。

CIMG2480

曲輪への虎口か。郭内部はがさヤブです。

CIMG2482

土塁です。

CIMG2483

浅くなっていますが、空堀でしょうか。あるいは腰郭状の部分です。

CIMG2487

こちらも空堀だったと思います。ヤブがひどいです。

CIMG2498

振り返ると、やはり空堀のように見えます。

CIMG2499

腰郭、あるいは空堀。右手側が、主郭と思われる郭の城塁です。


CIMG2507

これも空堀だと思います。

この城跡、冬でもこの有様ですから、夏場はとてもじゃないけど、探索不能状態と思われます。

このあと、さらに遺構を求めて歩きましたが、藪に遮られ断念しました。

東京都青梅市 勝沼城跡3

青梅市勝沼城跡は、JR東青梅駅から徒歩10分で行くことができます。

2

城跡案内板。光明寺墓地の背後の山林が城跡になります。

5

空堀の跡ですが、ささやぶに埋もれています。

12

こちらも、ささやぶに埋もれています。

7

主郭跡です。こちらは、伐採され下草もなく、きれいに整備されています。

8

こちらもささやぶです。

9

土塁跡です。

10

13

空堀。

11

郭の切岸です。堀底からの高さは5mくらいありそうです。


1

こちらは、城域の一部と思われる妙光院の境内の横堀です。伐採された気が捨てられ、堀を埋めていました。

訪れたのは冬だったと記憶していますが、この状態ですので、夏場の訪問は、難しいようです。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ