マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

土橋

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

福島県猪苗代町 鶴峰城跡4

鶴峰城跡は、亀ヶ城公園として整備され、猪苗代城から堀切一つで隔てられた先にあります。

CIMG9992

虎口でしょうか。にしちゃあ、何の変哲もないですが。この城は、独立した城というより、猪苗代城の別城同郭とみていいのか?

CIMG9995

削平された郭跡。ヤブも少なく、非常に歩きやすいです。

CIMG9996

浅い堀跡と、正面は土橋。

CIMG0009

土橋上から見た堀切。竪堀になって、山麓まで続いているようです。

CIMG0005

こちらが主郭でしょうか。公園整備されていたようですが、しばらく放置されているのか、草がやや伸び始めていました。

CIMG0011

虎口からみた土橋。

CIMG0013

CIMG0015

土橋左右の堀切です。やはり、竪堀となり、山麓まで続いているようです。

CIMG0026

これは、何と説明したらいいのでしょうか。

ここまでが前回の訪問時。

今回、二度目の訪問をしてきましたので、付け足します。

IMG_1772

今回、亀が城公園の案内板に、石垣の枡形虎口、石積み遺構があるとの案内がありましたので、探してみました。

IMG_1773

虎口跡でしょう。

IMG_1804

IMG_1811

枡形虎口跡の石列が残っています。

IMG_1808

夏場なので、草に隠れていますが、冬だったら石列がきれいに見えそうです。

IMG_1795

鶴峰城と猪苗代城を隔てる大堀切。

現地の解説板によると、近世の猪苗代城跡、中世の鶴峰城跡、と説明がありました。

福島県北塩原村 柏木城跡5

伊達政宗の拠点である桧原城に対して、芦名盛隆が築いたされる柏木城。名族芦名氏が総力を挙げて築いた、巨大な山城の跡です。

IMG_1721

IMG_1720

柏木城跡は、北塩原郵便局を目指し、国道459号線を走り、郵便局の道路を挟んで反対側に、柏木城跡の案内が出ています。

側道を入ってすぐ右手に、駐車場と案内板があり、その反対側に城跡入り口があります。

IMG_1725

城跡散策路の様子。

IMG_1735

石垣があるんですけど・・・。わかりませんね。

CIMG0029

さすがに夏なので、散策路も草に埋もれています。

CIMG0032

CIMG0033

CIMG0037

虎口部分の石垣です。

CIMG0035

CIMG0041

枡形虎口部分を、表と内側から見たところ。

CIMG0045

主郭下の腰曲輪部分。

CIMG0048


IMG_1744

この腰曲輪の土塁にも石垣が多用されていることに驚きました。

CIMG0047

石垣で囲まれた空間。目的は不明です。

CIMG0053

腰曲輪の土塁を超えた先に見られる堀切。

CIMG0056

堀切の先にある馬出状の小さな曲輪。

CIMG0059

主郭虎口埋門跡と説明のある場所。石積みが見られます。

CIMG0066

CIMG0069

主郭内部櫓台跡の石積みです。だいぶ崩れてしまっています。

CIMG0072

主郭内部の様子。主郭内部にも、目的不明な石垣の空間がありました。

IMG_1764

主郭背後の空堀。

IMG_1763

土橋です。

柏木城跡、想像以上に広大な城郭で、馬出の先にも、段々の曲輪がつづいているように見えましたし、今回見学したのは、ほんの一部分主要部だけです。

今回は、やはり夏ということで、草も伸びてましたし、しかるべき時期に再訪したい城跡です。

愛知県新城市 野田城跡3

愛知県新城市の野田城跡は、武田信玄最後の城攻めの地として、有名です。

IMG_1011

豊橋駅からJR飯田線に乗り、野田城駅で下車、徒歩20分ほどで行くことができます。

IMG_0971

IMG_0974

道路沿いに、三の丸跡、二の丸跡の看板があります。が、すごい藪です。入ってみましたが、何が何だかさっぱりわからない状態でした。

IMG_0975

道路沿いにある野田城跡の案内看板。

IMG_0976

道路から空堀が見えます。

IMG_0978

本丸への土橋。

IMG_0979

IMG_0980

土橋から見える空堀。

IMG_0982

本丸跡内部の様子。

IMG_0983

IMG_0984

井戸跡。

IMG_0994

空堀へ横矢を掛ける張り出し部分の土塁。

IMG_1006

本丸背後の横堀。倒木がジャマで歩きにくい。

IMG_1004

同じ空堀。

野田城跡、本丸周辺の空堀など、それなりに見ごたえはありますが、それ以外は藪がひどく、倒木がひどく、見学に苦労しました。

千葉県一宮町 高藤山城跡4

一宮町の高籐山城跡は、JR上総一宮駅から、私は駅前の無料レンタサイクルで行きました。車だと、駐車スペースに困るかもしれません。

CIMG0622

道がちょっとわかりにくく、説明しづらい。私もさんざん迷いながら行きましたので、この案内板を見つけて、ほっと一安心。

CIMG0620

途中、このような道しるべもありました。

CIMG0623

解説板です。杖も置いてあります。

CIMG0624

最初はこんな感じで、楽なもんですが、途中からけっこう険しくなってきます。

CIMG0627

主郭の切岸です。


CIMG0632

主郭の堀切。


CIMG0637

主郭内部の様子。土橋がわかるでしょうか。


CIMG0650

主郭背後にある堀切。


CIMG0641

主郭内部はきれいに整備されています。が、しかし・・・、

CIMG0661

その先に進むには、こんな感じの笹薮を進んでいくしかありません。


CIMG0681


CIMG0689

CIMG0691

CIMG0692

尾根伝いに突き進むと、豪快な堀切が次々と現れます。かなり藪がきついですが・・・。

ここで、タブレットをなくしてしまい、似たような尾根が四方に張り巡らされていて、迷ってしまい、かなり難渋しましたが、なんとか、戻ることができました。

遺構は素晴らしいですが、事前に下調べの上、お出かけをお勧めします。

山梨県韮崎市 白山城跡4

韮崎市の白山城跡は、国指定史跡に指定されているため、ヤブぼっさぼさということもなく、良好な遺構を確認することができます。ただ、夏場は、ヒルが出るそうです。また、クマ注意の情報もあります。

CIMG2631

白山城跡へは、JR韮崎駅から徒歩45分~50分くらいで登城口。または、コミュニティバスの円井線
(本数は一日数本)で、大村美術館下車、徒歩10分ほどで登城口に行けます。

CIMG2636

動物除けの柵を開け、登っていくと、神社があります。この脇からつづら折れの登城道がついています。

CIMG2640

腰郭?途中、竪堀のような地形も見られます。

CIMG2643

竪堀です。

CIMG2647

城跡の中心部に到達したようです。倒木の向こうに、横堀と土塁が見えていますが、後にしました。

CIMG2649

主郭の虎口です。

CIMG2652

主郭内部の土塁と、城跡の案内板と縄張り図。


CIMG2653

案内板。

CIMG2655

縄張り図。

CIMG2666

主郭周囲の空堀。

CIMG2665

空堀。落ち葉がだいぶ堆積して堀底が、だいぶ足が潜ります。実際にはもっと深いはずです。

CIMG2656

たぶんその先の郭。

CIMG2669

CIMG2670

主郭と三郭の間の空堀。

IMG_0048

土橋と虎口。

CIMG2687

最初の倒木の先にある横堀。外側の土塁もしっかりしています。

IMG_0053

倒木の方を振り返ったところ。

CIMG2691

巨大な堀切があります。ここ、降りれそうだったのですが、今回は下りていません。

IMG_0055

竪堀。

白山城跡、国指定史跡だけに、よく整備されており、見学しやすく、迫力ある遺構を堪能することができました。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ