マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

国指定史跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

岐阜県恵那市 岩村城跡 日本100名城4

岐阜県恵那市の岩村城跡は、国史跡、日本100名城。


2

岩村城跡には、明知鉄道岩村駅から徒歩20分くらい。駐車場も完備しています。この復元された建造物の先に駐車場がありました。私は、徒歩で一度、車で一度、訪れています。

5

登城道です。岩村城は山城ですが、登城道が整備されていて、比較的、訪問しやすい城跡です。

36

大手道を進みます。

38

石垣が見えてきます。

48

桝形門跡です。


132

順番が前後しますが、こちらは脇門跡の石垣だったと思います。

9

ここはどこだか、わかりません。本丸に上がっていくところかな。

87

91

144

岩村城最大の見どころ、六段構の石垣。


98

本丸跡の石垣(だったと思います。)

このほかにも、戦国時代の山城の遺構も残っているようなのですが、二度の訪問では見切れていません。

岩村城は、戦国時代は、遠山氏の居城でした。

岩村城の立地を重視した織田信長は、遠山氏に叔母を嫁がせます。

この叔母が、夫亡き後、女城主として武田の武将秋山信友を迎え撃ちますが、かなわず降伏。なんと敵将信友の妻となってしまいます。

激怒した信長は、大軍を差し向け岩村城を攻撃、助命を条件に降伏開城しますが、信長の怒りは収まらず、夫婦ともども逆さ磔にかけて処刑、城兵も皆殺しにされた、と伝えられています。

茨城県つくば市 小田城跡3

最近、私が、城攻めを企画すると、雨に祟られます・・・。本日も、茨城方面に遠征する予定でしたが、大雨洪水強風警報の荒天・・・。

どうなっているのでしょうか?

CIMG6653

つくば市の小田城跡です。国の指定史跡に指定されています。

CIMG6595

CIMG6601

大手虎口跡の土橋跡です。小田城跡は、長年、発掘調査と整備工事が行われており、現在は、ほぼ完成しているようです。ガイダンス施設も併設されましたが、この日は、休館日でした。

ちなみに、この日も、大雨でした(笑)

CIMG6608

本丸内部の様子です。

CIMG6616

CIMG6614

南西虎口の枡形です。発掘調査に基づき、復元整備されています。

CIMG6644

本丸内部に、復元された東池跡。庭園の様子も復元されています。

CIMG6622

CIMG6624

折れがかかった土塁と水堀。本来は空堀だったでしょうか。

CIMG6634

CIMG6655

水堀と郭を囲む土塁。

小田城は、「戦国最弱」などという、ありがたくないレッテルを張られた、小田氏治の居城でした。

小田氏治は、最弱と言われながらも、武勇に優れた忠誠心の熱い家臣や民衆に支持され、何度も小田城を敵の手に奪われながら、何度も取り返した「不死鳥」でもあります。

現在の姿は、小田氏治のあと、この城を支配した佐竹氏の客将太田資正の子、梶原政景の回収を受けていると考えられているようです。


新潟県村上市 平林城跡4

村上駅で、次の電車までやや時間が空いてしまい、昼食休憩。次の目的地は、平林城跡。

CIMG0254

平林城跡には、平林駅から徒歩20~25分くらいで、平林城お休み処という休憩所に着くことができます。

駐車場完備、建物内には、村上氏の城跡のパンフレット、平林城跡の発掘調査の成果などが展示されています。

トイレもありますが、飲み物の自販機はありませんので、事前に用意したほうがいいと思います。

CIMG0255

堀跡でしょうか。完全に草に埋もれています。

CIMG0260

登城道。

CIMG0263

天然の水堀の役目を果たしたであろう小川。

CIMG0267

虎口跡。

CIMG0269

虎口の枡形状部分かな。

CIMG0273

CIMG0275

主郭(殿屋敷)を囲む空堀跡。

CIMG0277

殿屋敷内部。平林城は、色部氏の居城、色部氏は上杉謙信の重臣として活躍しました。かなりの勢力を誇ったようで、主郭である殿屋敷は、土塁に囲まれた広大な郭です。


CIMG0285

殿屋敷の土塁。

CIMG0287

土塁の切れ目から空堀に降りてみたところ。

CIMG0289

IMG_2219

空堀です。季節柄、草が伸びていて歩きにくいです。

CIMG0282

二曲輪の土塁と空堀?なのか、土塁の内側に空堀があります。通路なのか。

CIMG0261

最後に見学した三曲輪(岩舘曲輪)。

この曲輪も、虎口跡、土塁跡などもありましたが、草深くよくわかりませんでした。

今回、熊出没情報があったため、山城の加護山要害のほうには登りませんでした。

新潟県上越市 春日山城跡 日本100名城5

言わずと知れた、上杉謙信公の居城春日山城跡。

なぜか、行く計画を立てるたびに、天候に恵まれず、今回、ようやく行くことができました。

IMG_1997

IMG_2002

春日山城跡大手登城口。

はねうまライン春日山駅から、登城口まで徒歩で30分くらいでしょうか。

IMG_2011

番所跡の土塁跡。

IMG_2028

柿崎屋敷跡。登城口からここまで20分くらいでしょうか。

CIMG0133

柿崎屋敷跡から景勝屋敷跡に向かう切通しの通路。

CIMG0137

景勝屋敷と、柿崎屋敷間の堀切。

IMG_2037

景勝屋敷跡と主郭間の堀切。

CIMG0140

上杉景勝屋敷跡。そこそこ広さのある郭です。

CIMG0145

あれ?この堀切どこだろうか。

CIMG0154

此処も堀切ですね。土橋状の狭い通路。


CIMG0160

本丸跡。思ったよりも狭い空間です。

IMG_2044

順番前後しましたが、井戸曲輪跡には、大井戸が今も水を湛えています。


CIMG0165


CIMG0166

千貫門跡付近の空堀。


CIMG0163

その手前の竪堀のように、下の曲輪に続く空堀。

IMG_2097

最後に上杉謙信公の像。

春日山城跡、期待に違わず、見どころ満載の城跡で、時間のたつのも忘れてしまいました。

福島県会津坂下町 陣が峯城跡2

陣が峯城跡は、国指定史跡に指定され、場所もわかりやすく、訪れやすい城跡です。

IMG_1769

IMG_1770

県道336号線を北上し、十字路の交差点を過ぎてすぐに、陣が峯城跡があります。本当にすぐです。私は一度行き過ぎてしまいました。

CIMG0109

CIMG0110

土橋のような通路を渡ると、すぐに巨大な二重の空堀を目にします。


CIMG0114


CIMG0119

畑?のようになっている郭の跡。特に何か栽培しているようには見えないのですが・・・。耕作放棄地?

土橋の通路を通ってすぐ正面に、廃墟と化しつつある公民館があり、その前に車を停めました。

そこにも、案内板があった形跡はあるのですが、引き抜かれたようです・・・。


CIMG0110


IMG_1768

夏ということもあり、草もだいぶ伸びています。

国指定史跡なのに、ほったらかしなのか、何となく荒涼とした印象で、不気味に感じられ、これ以上探索する気にもなれず、早々に撤収しました。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ