マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

千葉県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

千葉県富里市 中沢城跡3

富里市中沢城跡には、JR八街駅からバスで行きました。バス停から徒歩10分ほどで、城跡の案内看板を見つけることができました。

CIMG5868

千葉氏の家紋付きの案内看板です。

CIMG5908

看板の周囲はこんな感じです。城跡にはここをかき分けて進むしかありません。夏は辞めといたほうがいいですね。

CIMG5869

少しだけヤブ漕ぎすると、すぐにここに出ます。

CIMG5870

振り返ると、こんな感じです。

CIMG5872

堀切です。

CIMG5874

主郭への虎口です。スロープ状に通路がついていました(と記憶しています)。

CIMG5876

堀切から続く横堀。堀底道として機能したと思われます。

CIMG5889

曲輪内部の様子です。曲輪には、土塁が巡っていました。

CIMG5901

堀切を先ほどと反対側から。

CIMG5879

土塁ですかね。

何を血迷ったのか、夏場に訪れてしまったために、蚊がすごくて・・・。

早々に撤収してしまいました。

小規模ですが、遺構は割合にしっかり残っています。

千葉県四街道市 中台城跡3

四街道市の中台城跡は、道路の拡張工事の陰に、消滅の危機に立たされている城跡です。四街道市に問い合わせたところ、今のところは大丈夫そうですが・・・。

12311291_908270689251095_330261031555374316_n_908270689251095

工事に伴い、発掘調査が行われたそうです。奥の山林に遺構が残されています。

11037013_908271212584376_4974283366868797104_n_908271212584376

土塁です。

12294918_908271249251039_3810343937240234726_n_908271249251039

横堀です。

曲輪内部は、竹が倒れて折り重なっており、歩きにくいことこの上ない。


12301691_908270789251085_2357738409919268255_n_908270789251085

虎口?かな。


12308557_908271369251027_6855762026245195396_n_908271369251027

空堀が直角に折れ曲がっているところ。


12341264_908270889251075_373818669505502613_n_908270889251075

曲輪内部の様子です。


12295410_908271095917721_1877690578590676839_n_908271095917721

空堀は、部分的に二重になっているように見えます。

12341338_908270682584429_3347262869378713870_n_908270682584429

県道側からの城跡への入り口。すげーヤブですね。

中台城跡、遺構はしっかりしていますので、何とか史跡整備して残してほしいところですが、自治体にはその気はないそうです。きっぱり断言してました(笑)

千葉県一宮町 一宮城跡2

一宮城跡には、上総一宮駅から徒歩で行けます。およそ15分くらいと思われます。

CIMG1249

大手門跡の模擬城門風の建造物。

CIMG1251

案内標識。

CIMG1252

一応、城跡っぽく見える地形。

CIMG1253

武道館が建っています。何となく武家屋敷風?

CIMG1255

虎ロープが張られてますが、空堀に見えた地形。

CIMG1256

何かの石碑と案内板。なにせ、訪城は、3年以上前なので、覚えておりません。

CIMG1257

CIMG1259

城跡っぽい地形のところには、フェンスが張られてはいれません。

CIMG1275

CIMG1276
CIMG1279

そこかしこに城跡っぽい地形は見受けられますが、判然としません。

かなり物足りない訪城となりました。

千葉県睦沢町 勝見城跡3

睦沢町の勝見城跡。以前から行きたいと思っていた城跡ですが、公共交通機関での訪問を主にしている私には、ハードルが高い城跡でした。


CIMG1284

現在は、比較的整備され、ハイキングコースになっています。画像はトイレ、この城跡も上総一宮駅からレンタサイクルで行きました。訪問は、4年位前になります。

当時は、レンタサイクルが無料でしたが、今も無料なのか、確認していません。

CIMG1291

最初に見えてくる堀切?か、虎口?の跡になります。門を置いたら良さそうなんで、虎口跡としておきます。

CIMG1301

こちらは、まごうことなき、規模が小さいですが、堀切です。


CIMG1306

進んでいくと、ややワイルドな状態になっていきます。橋が見えますが、橋の下が二重の堀切になっています。

CIMG1317

橋の上から堀切部分を見たところ。


CIMG1326

標柱があります。曲輪とありますが、やぶで形状の把握は困難です。


CIMG1341

またしても、堀切?あるいは虎口跡のような地形です。

CIMG1360

途中、堀切状の地形もありましたが、激ヤブをしゃにむに進んだ先に見えた大堀切!これは見ごたえがあります。

CIMG1376

CIMG1369

大堀切の画像左手側をよじ登った尾根にも、堀切が見られました。

雨雫がついているように、この日は、天気予報では降水確率0%だったのに、途中で、大雨にたたられ、泥んこになりながらの訪城となりました。

この城跡も見ごたえある遺構は、かなりなヤブの果てにありますので、夏場よりも、冬の訪問がお勧めです。

千葉県一宮町 高藤山城跡4

一宮町の高籐山城跡は、JR上総一宮駅から、私は駅前の無料レンタサイクルで行きました。車だと、駐車スペースに困るかもしれません。

CIMG0622

道がちょっとわかりにくく、説明しづらい。私もさんざん迷いながら行きましたので、この案内板を見つけて、ほっと一安心。

CIMG0620

途中、このような道しるべもありました。

CIMG0623

解説板です。杖も置いてあります。

CIMG0624

最初はこんな感じで、楽なもんですが、途中からけっこう険しくなってきます。

CIMG0627

主郭の切岸です。


CIMG0632

主郭の堀切。


CIMG0637

主郭内部の様子。土橋がわかるでしょうか。


CIMG0650

主郭背後にある堀切。


CIMG0641

主郭内部はきれいに整備されています。が、しかし・・・、

CIMG0661

その先に進むには、こんな感じの笹薮を進んでいくしかありません。


CIMG0681


CIMG0689

CIMG0691

CIMG0692

尾根伝いに突き進むと、豪快な堀切が次々と現れます。かなり藪がきついですが・・・。

ここで、タブレットをなくしてしまい、似たような尾根が四方に張り巡らされていて、迷ってしまい、かなり難渋しましたが、なんとか、戻ることができました。

遺構は素晴らしいですが、事前に下調べの上、お出かけをお勧めします。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ