マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

前田家ゆかりの城

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

石川県加賀市 大聖寺城跡3

加賀市の大聖寺城跡は、錦城山公園として整備されています。

1

案内板。


3

加賀市の指定史跡に指定されています。

2

城跡登城口。


4

5

パトロン事件(贋金づくり)の痕跡です。

大聖寺藩は、明治維新時、新政府軍に軍資金の供出を命じられ、贋金を作りました。

発覚後、責任者は、切腹しています。

9

本丸を目指して、登っていきます。

16

13

堀切などの明確な遺構は見られませんが、城跡っぽい雰囲気は満点です。

24

本丸跡の様子。

29

30

大聖寺城の石垣は、関が原合戦の折、この城を落とした前田軍によって持ち去られ、金沢藩の石垣に使われたようです。

40

43

堀切です。

63

59

こちらも、規模の大きな堀切です。

75

71

鐘が丸跡。

大聖寺城は、関ケ原の合戦時、前田軍の攻撃の前に落城し、城主山口父子は、自刃します。

その後、前田利常隠居時に、三男の利治が、7万石を分封され立藩。のち10万石になり、明治維新まで存続しました。

大聖寺藩の藩庁は、錦城山山麓の大聖寺陣屋に置かれたようです。いまは、小学校になっていました。



石川県小松市 小松城跡3

小松城跡は、小松高校のグラウンドに、天守台などの石垣が残ります。

98

小松城跡案内板。

92

94

99

101

見事に残されています。

90

91

小松城は、前田利常の隠居城として、築かれました。残される遺構は、わずかですが、往時は、巨大な城郭だったようです。

96

97

土塁の跡でしょうか。

102

107

この石垣も遺構のようです。

富山県富山市 富山城跡 続日本100名城2

富山城は、加賀百万石、前田利常が隠居の際、次男の利次に、10万石を分封し、立藩された富山藩の居城です。
戦国時代は、佐々成政も城主を務めています。

そういえば、続日本100名城にも選定されました。

5

天守を模した資料館。どうしたものか、富山城には、二回訪れているのですが、二回とも資料館が休館日でした・・・。

2

富山城跡の唯一の現存遺構である千歳御門。

11

枡形部分の石垣。

3

石垣。

富山城跡は、もともと、石垣がなく土塁だった部分にも、石垣を積んでしまったそうなので、どこまでがもともとの、石垣なのかは、私にはわかりません。

13

前田正甫公の像。

正甫は、富山の薬売りを全国に広め、藩政の安定化に務めたとされます。

14

30

28

富山城跡、史実に基づいた復元、という観点からすると、今一つと言わざるを得ませんが、公園としては、よくできていると思います。

富山県高岡市 高岡城跡 日本100名城3

加賀藩初代藩主前田利長の隠居城として築かれた高岡城。

縄張りは、高山右近によるものとされます。

高岡城跡は、現在、国の指定史跡に指定され、日本100名城にも選定されています。

66

私は、雪の時期と、夏に、一度ずつ訪れています。

67

北陸の冬の天気は変わりやすく、さっきまで晴れていたのに、途端に雪が降り始めたりします。

水堀です。

17

夏の水堀。

38

20

冬と夏の三の丸跡。


54


24

前田利長公騎馬像。

56

城跡内で、唯一、石垣の遺構が確認される土橋。土橋の側面に石垣を積んでいます。


58

石垣。


45

高岡城跡は、高岡古城跡公園として整備され、桜の季節には、見事な桜が咲き誇るそうです。

石川県金沢市 金沢城跡 日本100名城4

石川県金沢市金沢城跡は、云わずと知れた、加賀100万石前田家の居城です。

123

金沢城石川門。

94

復元された河北門。

106

河北門から見た、五十間長屋続菱櫓。

103

139

49

86

金沢城では、様々な時代の様々な石垣を見ることが可能です。

51

現存遺構の三十間長屋。


40


23

22

石垣と水堀。

金沢城には、違った季節に数度にわたって訪れているのですが、なぜか、画像がほとんど消されてしまっているので、これくらいにします。

メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ