マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

公園整備された城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

栃木県上三川町 上三川城跡2

上三川町(かみのかわまち)の上三川城跡は、現在、城址公園として、やりすぎな整備を施されて、あまり城跡らしさをとどめていません。

公園には、JR石橋駅から、バスで行くことができます。峰町バス停下車徒歩5分くらいでしょうか。上三川小学校前、上三川車庫で降りても、歩ける範囲です。

IMG_20200105_4674

IMG_20200105_5692

公園の石碑と案内看板。

IMG_20200105_6259

本丸虎口跡。偽物の石垣が、風情をぶち壊しにしています。

IMG_20200105_8558

CIMG0671

CIMG0670

公園になっている本丸内部の様子。けっこう立派な土塁が囲んでいます。

IMG_20200105_10852

IMG_20200105_19406

IMG_20200105_14951

水堀跡と土塁跡。生垣が見づらいですが、城跡っぽさは垣間見えます。


CIMG0678

櫓台でしょうか。ひときわ土塁が高くなっている部分、この辺りが最も城跡っぽく見える部分、迫力があります。

上三川城跡は、本丸周辺のみが残されているのみ、模擬石垣と護岸舗装がやりすぎではありますが、土塁はそれなりに高く、立派で見ごたえがありました。

千葉県松戸市 小金城跡2

小金城は、下総国に勢力を張った高城氏の居城、往時は大城郭でしたが、現在は、宅地開発などで遺構は、わずかに一部に名残をとどめるのみです。

553849_521488971262604_1340285432_n_521488971262604

大谷口歴史公園。

556823_521489071262594_63546820_n_521489071262594

郭跡と思われる削平地。

12046607_879053508839480_6481256010673320160_n_879053508839480

櫓台?

1385167_521489231262578_1726651593_n_521489231262578

障子堀跡。一部分のみ、残されています。このときはなんとなーく、障子のあとも視認できましたが、現在はどうなっているか。

1382186_521489447929223_1854711313_n_521489447929223

畝堀跡。こちらも、現状、畝は確認できません。

12049678_879053412172823_5504757915954841426_n_879053412172823

主要部は、マンションや住宅に変貌しています。

小金城跡は、JR常磐線北松戸駅から徒歩10分ほど。各駅停車しか停まりませんので、ご注意ください。

宅地開発の荒波にのまれ、往時の様子はうかがい知れない現状です。

千葉県茂原市 鷲巣山城跡3

千葉県茂原市の茂原公園は、JR外房線茂原駅から徒歩20分くらい。

その公園内の美術館、郷土資料館の背後の尾根に、鷲巣山城跡と呼ばれる古城の遺構が残ります。

922970_925691497509014_2373492877904200027_n_925691497509014

資料館と美術館の建物。


1115_925691504175680_6156154175844412159_n_925691504175680

こちらからは登れません。

12494807_925691874175643_1460207082979704487_n_925691874175643

何の説明もないのですが、土塁があり、その土塁に沿って明瞭な竪堀が見られます。


1517576_925692127508951_4290701235502348445_n_925692127508951

竪堀は、ところどころ、土橋?なのか、畝なのか、仕切りが見られます。

946783_925692397508924_5722913858837586641_n_925692397508924

12494664_925691744175656_8437196244417685645_n_925691744175656

竪堀を登らずとも、このような遊歩道があり、らくらく頂上まで行くことができます。

10352396_925691784175652_6911109012986222760_n_925691784175652

この階段の先は、堀切です。

10338893_925691297509034_1284248690125649559_n_925691297509034

さっきの竪堀の途中には、虎口のような土塁の切れ目がありました。

10411344_925691344175696_8027416110320286117_n_925691344175696

上から竪堀を見下ろしたところ。

12400832_925691800842317_2193741018134263939_n_925691800842317

堀切にかかる橋に東矢が立っています。

12438950_925691427509021_6490757607001588458_n_925691427509021

これも、竪堀を下から見たところだと思います。

12508975_925691864175644_7208150239832034931_n_925691864175644

竪堀の一番深さのあるところ。

鷲巣山城跡は、城に関する説明の看板などは一切なく、城跡であるとの説明もなされていません。公園の一角にひっそりと遺構をとどめているのみです。

この地域は、先日の豪雨被害があったところです。4,5年前に訪れたきりなので、再度訪れてみたいところです。




栃木県鹿沼市 千手山城跡4

鹿沼市の千手山城跡は、鹿沼市の中心部から近く、東武鉄道の新鹿沼駅から、徒歩30分ほどで行くことができます。

私は、レンタカーで行きました。千手山公園として整備されており、無料駐車場も設置されています。

IMG_2870

千手山公園は、観覧車や、ミニ機関車など、乗り物が設置されて、小さな遊園地になっており、けっこう家族連れでにぎわっています。

F1E87743-10D6-48F8-A617-E54855FD5ACB

遊園地の遊具の間を登っていくと、削平地があります。

遊園地も段々になっており、そのままの地形のように見えます。

C9B09CCA-CCD8-44B1-9962-E93EE6958454

831BF4F7-4A70-4075-9847-6B91AFF437DA

頂上の本丸と思われる削平地の周囲を空堀が囲んでいます。本丸には、若いご夫婦が、子供を遊ばせていたので、画像はありませんが、ちょっとした広場で、城跡に関する説明などはありませんでした。

D01AF270-DB7A-428D-92D7-869F1591DA15

391058A8-6B76-4B76-8F92-E212BC05A18A

山頂から山麓に下っていく、見ごたえのある竪堀!

この竪堀は、部分的に、二重、三重になっています。

2A990982-96AC-42FC-8ECD-9D8C959888D4

二重になっている部分の土塁上から見たところ。

48B18F12-3DBD-4A25-977C-9AAD60D48867

二重堀が遊園地方面に回り込み、横堀のようになっているところ。

3D495314-C948-46D9-8E03-0405A55F9976

竪堀の終点部分の土橋?あるいは畝か?

千手山城跡、遊園地化しているため、家族連れが多く、視線が気になり、深く探索できていませんが、予想以上に見ごたえがありました。


栃木県宇都宮市 宇都宮城跡1

宇都宮城は、関東七名城ともいわれ、戦国時代は、宇都宮氏、江戸時代は宇都宮藩が置かれました。

IMG_2451

現在は、本丸のほんの一部分が復元されて公園として整備されています。JR宇都宮からは、ちょっと遠いようですが、東武宇都宮からは、徒歩10分ほどだと思います。

20191124_122638

コンクリート製の復元土塁と、すぐにコンクリの底は見える水堀、櫓はよくできています。

本来の宇都宮城は、明治の廃城令で、跡形もなく破壊されてしまったようで、昭和に入ってから、一部でも復元してほしいという声が上がり、復元されたものです。

20191124_131726

IMG_2458

櫓が二棟復元されています。

この土塁の中は倉庫になっていたり、資料館になっています。

宇都宮城ものしり館は、ガイドさんがいて、宇都宮城の歴史に関して、詳しく知ることができます。


20191124_132405


20191124_132402

三の丸土塁跡と、大イチョウ。

土塁のほんの一部だけでも、現存してくれてたらよかったんですけど・・・。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ