マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

二重堀切

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

長野県伊那市 小出城跡3

伊那市の小出城跡は、入り口が分からず、城跡に到達するまでかなり苦労しました。

IMG_0253

カーナビとグーグルマップに頼ってしまったために、狭い住宅街に侵入してしまい、レンタカーのためひやひやものでした。

結局、徒歩15分くらい離れたお寺の広い駐車場に車を置かせていただき、歩いていきましたが、グーグルマップを頼ると、どうしても近づけず、結局、某大御所のホームページを参照させていただき、ようやく、たどり着くことができました。

IMG_0285

この川を渡る橋の先、左手側に、城跡に登る道がついています。少し、スペースがあるので、車一台、楽に停めれます。実はここに一度は停めて、地図を見直したんですが、その時は、城跡にたどり着けるとは思いませんでした。

IMG_0252

道路がついており、ここまで車で上がってこれそうですが、おススメはできません。すれ違えないし、この丘陵上に農作業っぽい、車が何台かいたためです。

当たり前ですが、生活をされている地元の方が優先です。

IMG_0255

IMG_0257

IMG_0258

標柱と、案内板、解説版です。


IMG_0259

IMG_0256

郭跡内部の様子です。草が伸びています。

IMG_0260

後で気づいたのですが、ここの草ぼさぼさをかき分けていくと、最大のみどころである二重堀切に到達できます。

IMG_0264

私は、城跡に登ってきた最初の道の脇の竪堀状の落ち口から直登しました。慣れてる人なら、楽勝なんでしょうが、運動不足の私は、たちまち汗まみれに。

IMG_0267

IMG_0270

二重堀切です。しっかりと残されています。少しヤブってますが、マシなほうでしょう。

IMG_0273

二重堀切の間の土塁上から見たところです。堀切が二重になっている様子がわかるでしょうか?

IMG_0277

かなり道に迷って、時間を食ってしまったために、薄暗くなっていますが、堀切の一番深い部分です。

この後、またエッチラオッチラ、車まで歩いて戻りました。

この時点では、行きたかった、春日城跡はあきらめていたのですが・・・。

茨城県常陸太田市 久米城跡4

久米城跡は、常陸太田駅の北西7キロほどの位置にあります。

駅からバス、あるいはレンタサイクルもあるようです。

CIMG6925

城内に鹿島神社があります。

久米城跡は、地元の皆様の手で、良好に整備され、駐車場も完備しています。

CIMG6929

字古屋にある堀切です。

CIMG6933

腰郭のような平坦地が見えます。

CIMG6940

見上げる切岸。鋭く削られています。

CIMG6948

堀切です。

CIMG6960

主郭手前の堀切です。


CIMG6967

堀切の底を通り、主郭へ続く通路。

CIMG6975

CIMG6977

主郭内部は、きれいに整備され、佐竹氏の家紋入りののぼりが立っています。

CIMG7012

久米城跡のみどころは、鋭く尾根筋を断ち切る堀切。

CIMG6992

堀切から続く竪堀。

CIMG7008

こちらは、西の城の堀切だったと記憶しています。違うかも。


CIMG7032

二重堀切です。


CIMG7045

こちらも二重堀切。南の城に向かう途中にあったと記憶しています。

久米城跡は広大な城跡で、隈なく見るには2時間以上必要だと思います。

訪れたのは晩秋で、暗くなり始めたので、すべてを見きれていません。

久米城跡も、再度、訪れたい城跡です。

栃木県那須烏山市 森田城跡3

森田城跡は、JR烏山線小塙駅から約2キロ、芳朝寺の境内の脇から遊歩道が整備されています。

また、芳朝寺に、駐車場、トイレもあります。私は、レンタカーでの訪問です。

IMG_4164

芳朝寺。

IMG_4163

駐車場わきにある案内看板。

IMG_4167

風情のあるお寺です。こちらは、江戸時代、この辺りを領した交代寄合森田大田原氏の菩提寺だそうです。

IMG_4171

大田原市歴代の墓碑。

IMG_4173

遊歩道は、竪堀を利用しているようです。

IMG_4174

空堀。なかなか、見応えのある空堀ですが、笹藪になってしまっています。

IMG_4176

この空堀は、二重になっていました。その内側の空堀ですが、笹藪です。

CIMG0444

主郭下の横堀。浅くて腰郭だったかもしれません。

CIMG0445

主郭内部の様子です。

CIMG0446

主郭にあった案内看板。

CIMG0456

主郭をめぐる、空堀?腰郭?の部分です。

この周辺は、傘が刈られ、樹木も伐採されて、整備されていました。

CIMG0459

CIMG0463

しかし、いちばん見どころの空堀は、笹藪になってしまっています。

笹は、冬になっても刈れませんから、城跡探訪には厄介な天敵ですね。

先日の栃木遠征は以上です。

予定では、烏山城跡も行きたかったのですが、また次回に。


埼玉県小川町 腰越城跡4

小川町の腰越城跡は、東武東上線小川町駅から徒歩30分、もしくは、バスもあります。本数は少ないですが。

BlogPaint

県の指定史跡に指定されています。このパトリアという施設に行くバスがあります。

BlogPaint

登城口への案内板。

CIMG2978

登城口。

CIMG2981

CIMG2984

登りきったところの二重堀切。

CIMG2993

上から見た二重堀切。

CIMG3004

囮虎口の案内があります。この城跡は、とてもよく整備されて、案内も充実しています。

CIMG3011

深い堀切。堀切に階段がかけられています。


CIMG3023

CIMG3024

CIMG3038

本丸へ向かっています。


CIMG3039

本丸(主郭)内部の様子です。

CIMG3059

横堀と土塁も見ることができます。

腰越城跡、よく整備されて、遺構もしっかり残され、見応えがあります。

静岡県裾野市 葛山城跡3

葛山城跡は、裾野市の仙年寺の背後の山林にあります。

BlogPaint

仙年寺。ふもとに大きな駐車場があります。

IMG_3367

登城道が続いています。


IMG_3368

登りきると、東の二重堀切のところに出ます。

IMG_3369

一号堀と二号堀。

CIMG5864

東郭。とくにこれといった遺構はなし。

CIMG5870

主郭跡。とてもきれいに整備されています。

CIMG5872

主郭にある鳥瞰図。

CIMG5878

二郭跡。

CIMG5881

二の郭虎口跡。

CIMG5882

CIMG5888

西の二重堀切。

CIMG5894

竪堀も見られます。

CIMG5905

畝状竪堀群は、ささに埋もれてよくわかりませんでした。

葛山城跡は、主要部はきれいに整備されており、見やすい城跡です。

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ