マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

三日月堀

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

静岡県吉田町 小山城跡4

今年の城初めで、諏訪原城跡のあとに、訪れた城跡です。

小山城跡は、JR藤枝駅からバスで、30分くらい、片岡北バス停下車、徒歩15分くらいで本丸まで登れます。

IMG_0857

駐車場も完備しています。

IMG_0862

直線的に近道で、急な階段もありますが、つづら折れに楽々と登れるスローブ状の登城道もあります。たどり着いた先の脇に見える空堀です。

CIMG1206

復元された空堀と土橋の上にかけられた、模擬の木橋。

CIMG1209

本丸跡の三日月堀と、模擬天守です。こういう模擬天守も、お城があったということを知っていただくうえで、必要かもしれませんね。

CIMG1210

空堀。

IMG_0866

小山城跡の最大の見どころは、三重の堀切です。

CIMG1234

こちらは、三重の堀の真ん中といちばん外側の堀です。間の土塁もはっきりとわかります。

CIMG1228

本丸周辺の整備された空堀よりも、そのまま残された空堀のほうが、個人的には好きです。

CIMG1244

大手登城道に設置された模擬冠木門。


CIMG1246

大手道から、それた山林の中に、堀切が残されていました。

長野県長野市 松代城跡 日本100名城3

長野市の松代城跡。真田一族所縁の城が続きます。

4

松代城跡には、長野駅からバスで行くことができます。車でも駐車場があったはずです。

5

引橋門と、太鼓櫓門。


11

12

南門跡の石垣と土塁です

14

引橋門と、太鼓櫓門を丸馬出跡方向から見たところ。水堀も復元されています。


18

丸馬出の土塁と三日月堀跡。

21

23

引橋の上から見た水堀です。


36

37

本丸跡内部の櫓台の石垣。

46

48

復元された城門跡です。

松代城の前身は、武田信玄が川中島を抑える拠点として築かれた海津城。

上田9万5千石から、海津城13万石に加増転封された真田信之、思い入れ強い上田の領地から国替えのさい、悔しさのあまり、上田藩の政務関係の書類を焼き捨ててしまい、そのため、あとに入封した仙石氏は、困り果てたといわれます。

海津城が、松代城と呼ばれるようになったのは、2代藩主信政の時と言われています。

静岡県静岡市 丸子城跡②5

IMG_3397

IMG_3400

IMG_3401

丸子城跡、本郭内部の様子。充分な広さのある郭です。

IMG_3402

IMG_3403

城跡の案内板と縄張り図。

IMG_3405

平虎口。

IMG_3399

食い違い虎口。こちらは、ロープが張ってありますが、かなり急な坂道になっています。

しかし、ほかに降りれそうな場所がなかったので、おっかなびっくり、ここから降りました。

IMG_3408

どうも、さっきの平虎口のほうから回ってこれたようですね。

IMG_3410

食い違い虎口を振り返ってみました。

IMG_3413

大戸曲輪方面を見下ろしたところ。こちらも、迫力ある遺構が見えていたのですが、どこから降りていいのか、わからなかった・・・。

IMG_3420

IMG_3422

IMG_3423

丸子城跡、みどころのひとつである、長大な横堀。延々と続いています。

IMG_3429

堀切。

戻りは、横堀をずっと進んできたのですが、途中で間違えてしまい、駿府峰だったか、別の尾根のほうに行ってしまい、こっちが急な傾斜のアップダウンがあって、けっこう大変でした。

なんとか、最初の丸子稲荷に戻ってくることができました。どこで、間違えたんだろう?

IMG_3428

堀切にかかっていた土橋。

IMG_3432

IMG_3434

三日月堀と、三日月堀にかかる土橋を最後に。

この日、丸子城跡に行くためだけに、静岡に宿泊し、お城EXPOに出かけるまえに寄ったのですが、寄り道にはもったいないくらいの城跡で、もう一度、ゆっくり改めていきたいと思わせる城跡でした。

静岡県静岡市 丸子城跡①5

いぜんから行きたくて仕方がなかった、丸子城跡についに、登城しました!

丸子城跡は、静岡駅からバス、または、自動車でもアクセスすることが可能です。

バスは、一時間に2本もあります(笑)藤枝駅前行きに乗車、吐月蜂駿府匠宿入り口(とげっぽうすんぷたくみしゅく)で降りてください。

徒歩10分ほどで、登山口です。

IMG_3436

登山口。小さな丸子城跡登山口の看板が出てます。

IMG_3382

急傾斜の階段を登っていくと、途中から階段はなくなりますが、ちゃんと道がついています。

15分ほどで、丸子稲荷につくことができます。稲荷にある、丸子城跡縄張り図と案内。

IMG_3384

第一竪堀発見。ロープがついてますけど、そんなに険しいわけではなく、ハイキング気分で歩けます。

山城ですので、油断はなきよう。

IMG_3386

三日月堀です。この三日月堀、実際に見ると、画像で見るより深くて、迫力があります。

IMG_3388

堀切がありました。途中、いくつかの郭跡を通りました。

城の主要部に近づくにつれ、けっこうアップダウンがあります。

CIMG5980

土橋かな?

IMG_3390

堀切です。

CIMG5986

これも堀切でしょうか。画像を撮ったときは、これは何だ、と認識して撮っているんですが、あとで見るとなんだかわからなくなってしまいます・・・。

CIMG5990

CIMG5991

二の郭跡です。曲輪、郭、どちらもくるわと読みます。私は、同じ意味で使っています。かくと読む方もいますね。

CIMG5992

また、堀切があります。主郭と、二郭の堀切です。

IMG_3392

主郭の虎口は、枡形虎口になっています。

丸子城跡、噂にたがわず、素晴らしい城跡です。見応え満点でした。




群馬県渋川市 白井城跡4


白井城跡は、JR渋川駅から、徒歩40分くらい。または、市内循環バスで、白井バス停下車。徒歩数分。

CIMG2879

バス停から、白井宿のほうに入っていくと、左手側に、山林が見えます。ここが城跡。

CIMG2877

土塁をよじ登ると、そこは帯郭。深い空堀も見えます。

CIMG2876

堀底に降りてみました。深くて、見応えがある空堀です。

正面の階段の先は、三日月堀です。

CIMG2855

三日月堀に上がりました。

CIMG2854

二の丸の土塁です。

CIMG2851

三日月堀の終点付近。ここの堀底の草が茂ってる辺りは、少し水が溜まっています。うっかり踏み入ってしまうと、靴がぐっしょりということになりますので、ご注意ください。

CIMG2850

本丸虎口。枡形になっています。

CIMG2826

枡形の石垣が残っています。

この石垣は、徳川家が関東に入封した際に、この地の城主になった徳川家臣の手によるものだそうです。

CIMG2827

本丸土塁。

CIMG2829

内部の様子。

CIMG2836

二の丸跡。一面、畑になっています。

CIMG2838

空堀があります。二の丸と三の丸の間の空堀です。

CIMG2841

これも、堀の跡でしょう。

親切な地元の方のお話では、堀もだいぶ、埋めてしまったということです。年に、地元の有志の方が、年に数回、草刈りに入っているそうです。

道理で見やすいですね。

私が、「すごく見やすいですね」と感心しきりなので、「そうかね?いつも見てると、何にも思わないけどね~」毎日、散歩で歩いているそうです。

うらやましい!

CIMG2846

北郭跡。三の丸があったと思うんですけど。

CIMG2855

白井城跡の見どころは、なんといってもこの空堀でしょう。

手入れもされていますし、非常に見応えのある城跡と言えると思います。

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ