マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

ヤブぼっさぼさ

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

茨城県潮来市 長山城跡3

潮来市のかすみの郷公園の東側に隣接した丘陵上に展開しています。

CIMG0326

CIMG0327

城跡案内看板と石碑。この背後に突入しようとしましたが、モノスゴイ笹薮で、とても無理でした。空堀がある様子はわかるのですが。

CIMG0337

城内を二分する大堀切。この堀切が竪堀状に落ちている部分だけ少しだけ、やぶがましになっているところがあり、そこからよじ登りました。

周辺を一周してしまいましたが、他には、登れそうなところはありません。

CIMG0338

この大堀切は見ごたえがあります。ヤブもさほどではありません。ここだけは。

CIMG0340

CIMG0348

虎口状の通路と虎口。

CIMG0349

CIMG0358

CIMG0364

このすごい笹薮をご覧ください。曲輪内部や、腰曲輪などすべてこの状態です。

CIMG0376

途中、笹薮にからめとられて、身動きが取れなくなりそうでしたが、何とか脱出して、最初のところに戻ってきました。土塁です。

CIMG0377

少し、夕日がさした大堀切。

私が訪れた数年前で、この状態。今はもっとすさまじいやぶになっているかもしれません。

栃木県佐野市 鰻山城跡2

佐野市の鰻山城跡。

以前、佐野市で山城サミットが開催された際に、名前を耳にして、今回、唐沢山城跡から車で近いということで、行ってみました。

種徳院というお寺の東側の山林になります。お寺から歩いて数分くらいです。

CIMG2477

こんな看板が。一応注意。

CIMG2478

虎口状の通路から簡単に登れます。

CIMG2480

曲輪への虎口か。郭内部はがさヤブです。

CIMG2482

土塁です。

CIMG2483

浅くなっていますが、空堀でしょうか。あるいは腰郭状の部分です。

CIMG2487

こちらも空堀だったと思います。ヤブがひどいです。

CIMG2498

振り返ると、やはり空堀のように見えます。

CIMG2499

腰郭、あるいは空堀。右手側が、主郭と思われる郭の城塁です。


CIMG2507

これも空堀だと思います。

この城跡、冬でもこの有様ですから、夏場はとてもじゃないけど、探索不能状態と思われます。

このあと、さらに遺構を求めて歩きましたが、藪に遮られ断念しました。

茨城県行方市 山田城跡3

霞ケ浦の湖岸に位置する茨城県行方市には、南方三十三館と言われた、大掾氏一族の豪族たちの居城跡が多数残されています。

その中の一つ、山田氏の居城とされる山田城跡です。

7

羽黒神社が城跡内にある丘陵にあります。羽黒神社の鳥居がある櫓台のような土壇。

1

民家の間に、登り口があります。この通路は、とても狭いので、車はどこかにおいて、徒歩で登ったほうがいいかと思います。画像は、破壊されているようですが、虎口のようです。

3

こちらは主郭の跡だと思います。正面のものすごい藪の先に深い横堀が横たわっています。

13

しかし、すごいヤブですね。これは、途中まで行きましたけど、とても無理。

16

いったん、登ってきた道のほうに引き返し、羽黒神社のある郭の右手側を土塁に沿って進んでいきます。

18

予想通り、空堀がありました。

19

たしか、さっきのヤブヤブの背後のあたりで、一番空堀が深い部分です。


24


30

33

山田城跡の最大の見どころは、深い空堀が、二重三重に主要部を取り囲んでいます。

この空堀は、かなり深くて、見ごたえがあります。

20

主郭背後の堀底から、上を見上げたところです。画像だとわかりにくいですが、急傾斜にそびえたち、とても登れないと思います。

48

51

再び空堀です。

山田城跡、見ごたえのある城跡ですが、いかんせん藪がひどいです・・・。

千葉県山武市 津辺城跡3

津辺城跡は、JR成東駅から徒歩20分くらい。成東駅のホームから北側に見える山林にあります。行き方は説明しにくいので、グーグルマップ等、ご参照ください。日枝神社のすぐ東側の山林です。

0147

城跡への入り口です。住宅街のいちばん東側の山林のほうに向かう道が、ここに続いてます。私は、4回訪れているのですが、最初の一度目は、観光協会で場所を聞いたのですが、わからず、入り口を探し続けて2時間近くさまよってしまいました。

0010

城跡内に進んでいくと、荒れ果てた山林ですが、土橋が確認できます。ヤブを透かして見ると、大規模な空堀が確認できます。

0012

0020

空堀と土塁です。


0025

空堀と城塁です。こんな感じで、ヤブがぼっさぼさです。

0018

二郭です。この時は、ヤブがましな状態ですが、基本、草ぼっさぼさです。4回中、唯一、一度だけ、草が刈られていた時の画像になります。

0042

主郭だと思います。

この城跡の見どころは、主郭虎口周辺の技巧的な縄張りなのですが、それを捉えた画像が見つかりません。

機会がありましたら、ぜひ肉眼でご確認いただきたいと思います。

0071

こんな感じですが、目視では、遺構を確認することはできます。

4回目に訪れたのは冬でしたが、今までで一番、荒れ果ててましたので、夏場は、かなりヤブが濃くなっていると思われます。

素晴らしい遺構が残されているのに、少し残念な城跡です。

宮城県仙台市 西館跡2

西館跡は、愛子駅から徒歩で行けると思います。正直、事前に全く眼中になく、ぶっちゃけ、登城数稼ぎで訪れました(笑)

CIMG0427

案内板が建てられています。市の指定史跡のようです。

CIMG0426

土橋と虎口でしょうか。この土橋状の通路の脇は、堀の痕跡のようにも見えました。

しかし、予想以上にヤブ化していて、遺構の確認は困難な状態。

CIMG0429

たぶん土橋上から撮った画像なんですけど、よくわかりません。


CIMG0430

郭内部側から、土橋状の通路を見たところ。

CIMG0432

この標柱は新しい。


CIMG0435

虎口?のようなところの先には、イノシシ用の罠が仕掛けられており、進めません。


CIMG0437

土塁です。

CIMG0438

土塁ですかね?

CIMG0441

何ですかね?コレ。

CIMG0445

堀の痕跡?

CIMG0449

今回は、何が何だかわからない画像ばかりで・・・。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ