マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

ヤブぼさぼさ

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

栃木県佐野市 須花城跡2

佐野市の須花城跡、前回のブログで紹介した正光寺城跡から、車ですぐ近くです。しかし、住宅が密集してる地域の狭い道路沿いに入り口があるため、駐車場所に困ります。公共の交通機関も、おそらくないと思われます。

CIMG2624

城跡への登城口。以前は、幟が建っていたようです。おそらく、山城サミットが、佐野市で開催されたときに整備されたものでしょう。

CIMG2623

道が分岐する部分です。左側に進むと、そのまま主要部に進むことができます。


CIMG2565

この道は西側を縫うように進みながら、Uターンして、主要部に進みます。堀切、あるいは虎口が見えてきます。

CIMG2567

竪堀です、城内は、部分部分が濃い笹薮になっていて、遺構は確認が難しいです。

CIMG2570

主郭と思しき、郭へ入っていく虎口です。

CIMG2575

主郭内部には祠があるためか、この郭だけは、ヤブが刈りはらわれています。

CIMG2579

西側の虎口のようです。

CIMG2584

主郭の先の堀切です。深さは1mほどしかなく、ささやかなものです。幅も簡単に飛び越えられそうな程度でしかありません。

CIMG2590

堀切。

CIMG2608

堀切。

CIMG2615

堀切からの竪堀だと思います。

須花城は、正光寺に墓地がある佐野宗綱公因縁の城です。この城を足利長尾氏から奪還するために、軍を起こした佐野宗綱公は、旗本勢から離れただ一騎となってしまい、流れ弾に当たり討ち死にした、と伝わっています。

須花城跡の遺構は、すべて規模が小さく、また笹薮のために確認がしづらく、期待した割にやや、期待外れの探訪となってしまいました。

茨城県ひたちなか市 清水館跡

ひたちなか市の清水館跡は、JR常磐線佐和駅から徒歩25分くらい。広大な畑の裏の笹薮にひっそりと残っています。

IMG_0986

畑の中に土塁が一部分、飛び出しています。その両サイドに見えるヤブの中に、遺構があります。

CIMG1540

畑の裾部を縫うように歩き、適当なところから笹薮になっている土塁を乗り越えると、空堀があります。


CIMG1542

土塁です。

CIMG1550

空堀のいちばん深さがあるところ。笹薮です。


CIMG1551

虎口部分だと思うのですが、よくわかりません。

この後、近くの小山城跡にも行ったのですが、さらにひどいヤブで、画像は一枚もありません。

東京都青梅市 勝沼城跡3

青梅市勝沼城跡は、JR東青梅駅から徒歩10分で行くことができます。

2

城跡案内板。光明寺墓地の背後の山林が城跡になります。

5

空堀の跡ですが、ささやぶに埋もれています。

12

こちらも、ささやぶに埋もれています。

7

主郭跡です。こちらは、伐採され下草もなく、きれいに整備されています。

8

こちらもささやぶです。

9

土塁跡です。

10

13

空堀。

11

郭の切岸です。堀底からの高さは5mくらいありそうです。


1

こちらは、城域の一部と思われる妙光院の境内の横堀です。伐採された気が捨てられ、堀を埋めていました。

訪れたのは冬だったと記憶していますが、この状態ですので、夏場の訪問は、難しいようです。

愛知県新城市 石橋城跡2

新城市石橋城跡。道の駅作手の道路を挟んだ反対側の慈昌院の境内が城跡になります。

CIMG5583

境内にある案内看板。

CIMG5584

CIMG5578

土塁跡です。

CIMG5580

慈昌院の本殿。立派な建造物です。

CIMG5586

CIMG5596

CIMG5574

土塁の裏にある空堀。藪がひどくて、確認が困難でした。

CIMG5591

CIMG5588

CIMG5599

空堀跡と思われる地形。

訪れたのが、夏場だったこともあり、草が伸びていたり、民家の軒先だったりで、遺構の確認は困難でした。

茨城県筑西市 小栗城跡4

筑西市の小栗城跡。内外大神宮背後の山林に、北東から北西にまたがり展開する山城です。

CIMG6487

案内看板です。この日は、夏だったことと、かなりの雨の中の登城となりました。

CIMG6491

堀底道です。ここを進んで、城跡主要部に迫ります。

CIMG6492

見事です。

CIMG6494

本丸入り口の道標と、パンフレットが置かれている棚があります。

この時は、パンフレットは空っぽでした。

CIMG6499

横堀です。

CIMG6506

崩れかかった遊歩道を登っていくと、腰郭なのか、横堀なのか、が、次々にみられます。

CIMG6514

CIMG6512

深さはありませんが、土塁がついています。横堀と言っていいのでしょうか。


CIMG6520

本丸跡の様子です。雨が降っていたため、十分に探索できませんでした。


CIMG6522

本丸は、立派な土塁に囲まれた郭で、かなり広い郭でした。

CIMG6532

CIMG6554

CIMG6575

この城跡の横堀は、横矢がかかり、折れ曲がって山麓をめぐっています。部分的には二重堀になっているようです。

雨の中であったこと、夏だったために、草が伸び切っていたこともあり、泥まみれのびしょ濡れになってしまい、苦戦しましたが、見ごたえのある城跡でした。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ