マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

東白川郡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

福島県棚倉町 赤館跡3

赤館跡は、赤館公園として整備されています。前回の記事にある新白河からのバスで、公園下というバス停のすぐ近くに登城口があります。

しかし、気づかずに、終点の棚倉駅まで行ってしまったので、棚倉城のあとにこちらに来ることになりました。

この城のある山には、車道も整備され、駐車場もあります。私は徒歩で登りましたが、結構大変。

CIMG0244

CIMG0245

赤館跡の案内板。

CIMG0246

CIMG0249

公園整備されているのは、主郭跡のみ。

IMG_0563

主郭下の腰郭、あるいは横堀?のような地形です。

赤館公園は、整備されている本丸だけだと、やや、がっかりするかもしれません。

CIMG0269

この城跡の白眉は、車道脇のヤブ化した山林の中にあります。車道脇に見える竪堀。

CIMG0270
:
こちらもわかりにくいですが、竪堀です。

CIMG0278

駐車場脇からヤブ化した山林内部に踏み込んでいきます。

CIMG0280

CIMG0290

見事な横堀が、ヤブ化した山林内部に現れます。

CIMG0295

しかもこの横堀は、二重になっています。

IMG_0571

CIMG0296

ご覧のように、倒木もあり、歩きにくい状態ですが、この横堀は見所がありました。

IMG_0579

途中から見た、棚倉町市街地の風景。

赤館公園は、磐城棚倉駅からでも、徒歩15分~20分ほどで行くことができます。

福島県棚倉町 棚倉城跡4

福島県棚倉町へは、水郡線がありますが、本数も少なく、水戸方面から行く場合、時間がかかりすぎてしまいます。日帰りでは絶望的です。

そこで、新白河駅からJRバスで行きました。この場合、1時間~1時間半に1本くらいの割合で走っているようです。棚倉駅まで45分くらいでしょうか。

CIMG0221

棚倉城跡は公園整備されて、地元の皆様の憩いの場となっているようです。棚倉駅からは徒歩10分ほどで行くことができます。

CIMG0226

公園に近づくにつれ、水堀と重厚な土塁が本丸を囲んでいる様子が見て取れます。

CIMG0230

CIMG0233

棚倉城は、土塁と水堀で防御を固めた土づくりのお城。関ヶ原合戦で除封された丹羽長重が、大名に復帰し、この地にやってきた際、幕府の命令で築いたとされています。

CIMG0235

CIMG0241

土塁と水堀が非常に見ごたえがあります。土塁の下には、犬走のような通路がついており、歩くことも可能です。

IMG_0549

本丸土塁です。

IMG_0553

土塁上から見た水堀の様子です。

近くの中学校のグラウンドの裏には、石垣と大土塁が残されているようですが、確認できませんでした。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ