長野市の松代城跡。真田一族所縁の城が続きます。

4

松代城跡には、長野駅からバスで行くことができます。車でも駐車場があったはずです。

5

引橋門と、太鼓櫓門。


11

12

南門跡の石垣と土塁です

14

引橋門と、太鼓櫓門を丸馬出跡方向から見たところ。水堀も復元されています。


18

丸馬出の土塁と三日月堀跡。

21

23

引橋の上から見た水堀です。


36

37

本丸跡内部の櫓台の石垣。

46

48

復元された城門跡です。

松代城の前身は、武田信玄が川中島を抑える拠点として築かれた海津城。

上田9万5千石から、海津城13万石に加増転封された真田信之、思い入れ強い上田の領地から国替えのさい、悔しさのあまり、上田藩の政務関係の書類を焼き捨ててしまい、そのため、あとに入封した仙石氏は、困り果てたといわれます。

海津城が、松代城と呼ばれるようになったのは、2代藩主信政の時と言われています。