マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

東京都の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

東京都調布市 深大寺城跡3

東京都調布市の深大寺城跡。

CIMG3847

調布駅からバスが出ています。有名な深大寺の近くに、神代植物水生園があり、園内の山林が城跡になります。

深大寺城跡は、国の指定史跡に指定されています。

CIMG3851

CIMG3852

土塁や空堀が残されています。この時は、5月でしたが、やや草深い状態。

CIMG3853

空堀ですが、この空堀は復元のようです。いちど、埋めたものを掘り返したものだそうです。

CIMG3887

この土橋も不自然に幅広です。

CIMG3885

主郭と思われる郭を囲む土塁の一部。ここら辺は、そのまま残っている土塁のようで、見ごたえがあります。

CIMG3881

虎口と思われる土塁の切れ目です。降りていくと、深い空堀が見られそうです。

この日は、この後に、予定があり時間の制約があったため、全部は見きれていません。

また、機会があったら再訪したい城跡です。

東京都世田谷区 世田谷城跡2

CIMG4044

世田谷城跡は、東急世田谷線宮の坂駅から、徒歩数分で行くことができます。

CIMG4050

土塁へ登ります。

CIMG4052

CIMG4055

CIMG4057

改変されていますが、空堀の跡が残されています。


CIMG4064

土塁跡。


CIMG4070

深い空堀跡。

公園整備され訪れやすい城跡です。

東京都八王子市 八王子城跡 日本100名城4

言わずと知れた、北条氏照の居城八王子城跡。

42

山城部分への登山口です。(今回は登っていません)

1

虎口跡。

2

雰囲気のある石段を進んでいきます。

3

あしだ曲輪(郭)跡。

6

御殿部へ向かう途中の竪堀跡。復元された木橋がかかっています。

10

こちらは、御殿部へ向かう引橋です。今は、架け替えられて新しくなっているはずです。

復元された石垣も見られます。

18

こちらも復元された、御殿部への虎口です。石普段が雰囲気あります。


21

虎口に、冠木門が復元されています。

24

内部の様子。こちらには、城主が普段生活した御殿などの建物があったと思われます。


25

復元された石垣を下から見上げます。

44

こちらも、八王子城に伴う石垣なのでしょうか。ちょっと判断がつきませんでした。

夏に訪れたため、山城部分まで登る気力がなく、山麓の御殿部分しか見れていないのが悔やまれます。

このブログを更新しているうちに、早急にまた行きたくなってしまいました(笑)

東京都青梅市 勝沼城跡3

青梅市勝沼城跡は、JR東青梅駅から徒歩10分で行くことができます。

2

城跡案内板。光明寺墓地の背後の山林が城跡になります。

5

空堀の跡ですが、ささやぶに埋もれています。

12

こちらも、ささやぶに埋もれています。

7

主郭跡です。こちらは、伐採され下草もなく、きれいに整備されています。

8

こちらもささやぶです。

9

土塁跡です。

10

13

空堀。

11

郭の切岸です。堀底からの高さは5mくらいありそうです。


1

こちらは、城域の一部と思われる妙光院の境内の横堀です。伐採された気が捨てられ、堀を埋めていました。

訪れたのは冬だったと記憶していますが、この状態ですので、夏場の訪問は、難しいようです。

東京都青梅市 今井城跡3

今井城跡は、JR八高線金子駅から西へ、1キロちょっと。金子駅は、東側にしか改札がありませんので、やや遠回りするしかありません。

さらに城跡に到着しても、城内に入れる入り口が、ぐるりと南側に回り込まないといけません。

CIMG0663

看板が新しくなりました。

CIMG0665

素晴らしい空堀。

今井城跡は、住宅街の中に突如現れます。きれいに整備されています。

CIMG0667

2郭周囲をめぐる空堀。正面に見えるのは、主郭の土塁です。

CIMG0696

土橋です。正面は、二郭の虎口です。


CIMG0671

折れ曲がりながら、郭の周囲をめぐる空堀。

CIMG0679

主郭内部の様子です。

CIMG0698

二郭内部の様子。

CIMG0687

CIMG0688

右側が主郭の城塁。左側が外郭の土塁です。外側の土塁の外は、腰郭なのかあるいは、二重堀だったのかもしれません。

CIMG0691

たしか、土塁の反対側部分です。堀のようにも見えます。

今井城跡、コンパクトではありますが、見応えのある城跡です。



メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ