マリブルの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

岡山市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

岡山県岡山市 金川城跡4

金川城跡へは、JR津山線金川駅から、徒歩20分くらい。

BlogPaint

金川城跡の城山です。

4

登城道。

29

途中から、城下を見下ろしたところ。

金川城は、西備前一の堅城と言われ、松田氏が城主でした。

31

竪堀でしょうか。


64

北側尾根の堀切。

76

二本目の堀切。

79

北の丸跡。


98


108

本丸跡の様子。

本丸には、食い違い虎口と、枡形があったはずなんですが、その画像が見当たりません。


164

帰りはこちら側に降りてきました。

改めて画像を見返してみますと、このころは、縄張り図も読めずに、お城を見る目も肥えてなかったので、かなりな遺構を見落としてしまっているようです。

この城跡も、再訪決定ですね(笑)

岡山県岡山市 岡山城跡 日本100名城3

岡山県岡山市の岡山城跡、日本100名城にも選定され、新幹線も停まる岡山駅からも近い城跡です。

また、岡山駅からは、路面電車もあります。

BlogPaint

石垣と水堀です。

6

10

巨石を用いた石垣です。

岡山城は、宇喜多直家が築城、息子の秀家は、豊臣秀吉の猶子となり、57万石の太守として、備前中納言と呼ばれました。

秀家の時代に、天守が築かれ、現在の姿に近づきました。

26

岡山城天守。太平洋戦争の空襲により焼失し、現在のものは復元されたものです。

34

鐵門、だったかな。もう何年も前に訪れたので、よく覚えていません。

40

宇喜多氏時代の石垣が、展示されています。

宇喜多氏は、関が原合戦で西軍に味方したため改易。秀家は、八丈島に流罪となります。

その後、関が原の合戦で西軍を裏切り、東軍の勝利を決定づけた、小早川秀秋が城主となります。

17

石垣。小早川氏の統治時代に、積まれたものでしょうか。

小早川秀秋は、跡継ぎのないまま、急死してしまい、小早川家は改易。

一説には、宇喜多の遺臣に暗殺されたとか、良心の呵責に苦しみ、狂死したとか、いろいろ言われています。

46

月見櫓。

その後、岡山城には、池田氏が入り、途中、鳥取藩池田家との入れ替わりなどありましたが、池田家32万石として、名維持維新を迎えます。

62

68

たしか、この石垣は、池田氏によって、積まれたものであったと記憶しています。

違ったらごめんなさい(笑)
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ