マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

水戸市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

茨城県水戸市 加倉井館跡2

加倉井館は、水戸市加倉井の妙徳寺の境内が、館跡なっています。

BlogPaint

妙徳寺の寺碑。

CIMG7209

寺門と、左端に城跡碑が立っています。


CIMG7211

この溝は、堀跡と思われます。

CIMG7215

土塁です。


CIMG7217

ヤブがひどいですが、土塁と空堀。


CIMG7234

かなりヤブ漕ぎしますが、土塁上から空堀を見下ろします。

CIMG7239

CIMG7257

堀底に下りたところ。

BlogPaint

この道路は、土橋跡でしょう。
BlogPaint

土橋跡から見た空堀跡です。草に埋め尽くされてます。

加倉井館跡、お寺の境内周辺に空堀や土塁跡が残りますが、ヤブがひどく、民家に近いので配慮が必要です。

茨城県水戸市 見川城跡3

見川城跡は、千波湖公園の西端部、偕楽園公園の南西部にあります。

水戸駅から、3、5キロほど南西になります。

CIMG7064

道路わきに、石碑が建っています。

CIMG7069

荒人神社があります。

この鳥居の脇から、ヤブ漕ぎして入りました。が、しかし、最初の城跡碑のある所から正面の城跡の山林に、まっすぐに向かうと、わずかにふみ跡のような通路の痕跡があります。よーく見ないと、気が付かないです。

CIMG7066

中に入ると、凄いヤブです。

CIMG7072

何度もつまずきがら進むと、土塁と空堀があります。

CIMG7079

空堀は、屈曲しながら、郭の城塁をめぐっています。土塁も見事で、空堀も深いのですが、ヤブが濃くて、深さが伝わらないですね。

CIMG7082

CIMG7083

堀底を歩いたり、土塁上を歩いたりしましたが、かなり歩きづらい状態でした。


CIMG7090

深くて見事な空堀なんですが、いかんせん、ヤブがひどい。

CIMG7095

CIMG7096

この辺りは、やや、ヤブがましですね。見応えのある空堀と土塁です。

CIMG7107

公園内の通路が見えています。土橋が分かるでしょうか。

見川城跡は、空堀や土塁など、良好に残されているのですが、公園の敷地内にあるだけに、もう少し整備してもらえると、素晴らしい城跡になると思われます。

茨城県水戸市 水戸城跡 日本100名城3

水戸城は、ご存知、水戸黄門こと水戸光圀公が藩主を務めた水戸藩の居城です。

戦国時代は、江戸氏、江戸氏が滅亡した後は、佐竹氏が城主となりました。

ちなみに、黄門とは、中納言のことなので、水戸藩主で中納言の官位についたものは、みな、水戸黄門です。複数の水戸黄門がいます。

また、「天下の副将軍」ですが、副将軍という役職は、江戸幕府には存在しません。

CIMG9880

CIMG9881

CIMG9882

巨大な土塁と空堀の跡。

水戸城跡には、ほかの御三家の尾張藩、紀州藩の城のような石垣や水堀は見られません。

江戸時代、水戸藩主は、尾張、紀州の藩主は、大納言なのに、水戸だけは一段低く中納言どまり、石高も、尾張62万石、紀州55万石に対し、35万石、しかも実際は、25万石しかなかったようで、見栄を張るために、石高を盛って申告しています。

そのため、水戸藩は慢性的な財政難だったようです。


CIMG9887


CIMG9889

弘道館公園付近の土塁と空堀跡。

水戸藩主は、参勤交代が免ぜられており、江戸に常に住んでいました。光圀公も藩主在任中は、ずっと江戸住まいだったはずです。

天下の副将軍を名乗ったのも、常に将軍の最も近くにおり、将軍家に意見を求められた際、真っ先に、意見を具申することができたからとも思われます。

CIMG9890

弘道館正門。弘道館は、斉昭公が開いた水戸藩の藩校。

幕末の水戸藩は、保守派と勤王派が、血で血を洗う藩内抗争を繰り広げ、そのため、維新政府に送り込む人材がいなくなってしまった、と言われています。

その際の弾痕が、この正門にも残っていたはずです。

今回は、弘道館は詳しく見ていません。

CIMG9902

本丸の大堀切は、水郡線の通る線路となっています。


IMG_3744

本丸の枡形虎口。


IMG_3741

水戸城唯一の現存遺構薬医門です。佐竹氏時代の建造物と考えられています。

茨城県水戸市 吉田城跡3

水戸市の吉田城跡は、水戸駅からバス、複数の停留所から歩いて行くことができます。

いちばん近い停留所は、朝日町二区というバス停なのですが、このバス停に行くバスは、本数がとても少ないです。

水戸光圀公所縁の常照寺が城跡になります。

IMG_3715

常照寺山門。

CIMG9819

城址碑があります。

IMG_3714

石段を上がっていきます。

IMG_3710

虎口状の土塁の切れ目。虎口のような切れ目は、空堀に面して、二か所あります。

郭跡の内部は、かなりヤブになっていました。井戸跡?のような窪みがありますので、ご注意ください。

IMG_3706

IMG_3708

空堀です。

IMG_3701

こちらも空堀跡ですね。

CIMG9788

朝日町二区のバス停のほうから上がってくると、最初に見える堀切。

CIMG9793

少し埋められているように見えますが、見事な空堀が残っています。

CIMG9794

こちらも空堀なんですが、笹藪で、何が何だかわかりません。

IMG_3704

常照寺も、大変に雰囲気のあるお寺です。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ