マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

福井県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

福井県大野市 大野城跡 続日本100名城3

福井県大野市大野城跡へは、福井駅からJR九頭竜線(越美北線)大野駅から徒歩15分ほど。

または、京福バスの福井大野線でも、行くことができます。

CIMG1205

山麓から見上げる大野城模擬天守。

CIMG1203

CIMG1204

大野城の外堀の跡。

CIMG1207

神社への参道の奥に登城口。車で来ても、観光車用の駐車場があります。


CIMG1217

登城口。

比較的、登りやすく、遠回りな遊歩道と、急ですが、城域まで最短で登れる百間坂があります。

私は、行きは、百間坂、帰りは遊歩道を行きました。


CIMG1220

立派な城跡の石碑。


CIMG1222

石垣。


CIMG1221

天守。


CIMG1225

苔むした石垣がいい感じ。


CIMG1255

石垣。

山内いたるところに石垣があるのですが、どこまでが遺構で、どこまでが後世のものかは判別ができませんでした。


CIMG1250

山城ならではの堀切の跡です。

CIMG1257

堀切に橋が架かっています。わかりますでしょうか。

大野城は、この地に、織田信長によって封じられた金森長近が、戌山城を排し、新たに築きました。

その後、城主は変遷し、譜代の土井氏が4万石で藩主を務め、明治維新を迎えています。

幕末の藩主土井利忠公は、内山兄弟など人材を登用し、藩の財政を立て直した名君として名高いです。

福井県坂井市 丸岡城 日本100名城2

福井県坂井市の丸岡城跡です。

丸岡城と言えば、現存12天守の一つとされます。日本100名城にも選定されています。

63

山麓の資料館。

66

丸岡城現存天守。

76

80

77

石垣と井戸があります。

74

枡形跡でしょうか。

正直、期待していたほどではなく、やや、消化不良の訪城となりました。

福井県越前市 小丸城跡3

小丸城跡は、府中三人衆として、柴田勝家の与力として、この地に派遣された佐々成政により、築城されたと考えられています。

1

福井県の指定史跡に指定されています。

2

石碑と城址碑。

3

城跡の石碑。

4

石垣が見えます。

BlogPaint

水堀の跡でしょうか。

BlogPaint

もう一枚。

9

本丸虎口。

11

巨石を用いています。信長イズムですね。

12

14

13

枡形虎口部分の様子。


21

石垣です。

BlogPaint

本丸の城塁と、水堀の跡。

小丸城跡、残されているのは、本丸の一部分ですが、石垣が残り、古城の雰囲気を濃厚にとどめます。

福井県福井市 北ノ庄城跡2

北ノ庄城跡は、福井駅から徒歩5分。

現在、柴田公園として、整備されていますが、残されている遺構は、ごくわずかです。

9

柴田勝家像。


BlogPaint

北ノ庄城天守の復元模型。

3

4

5

こちらは、発掘調査で出土した土居の遺構でしょうか。

16

柴田神社の鳥居。

13

14

福井城の堀と石垣の跡。

福井城は、北庄城の跡に築かれています。

19

こちらも、北庄城の石垣の遺構のようです。

18

お市の方の像。

24

三姉妹の像。

北ノ庄城は、柴田勝家の居城として築かれ、清須会議ののち、信長の妹、お市の方は、三人の娘を連れて柴田勝家のもとに嫁いできました。


26

柴田神社。

資料館も併設されており、遺構はともかく、一度、訪れてみてはいかがでしょうか?

福井県福井市 福井城跡 続日本100名城3

福井市の福井城跡。

福井城跡は、駅からも歩けますし、そのほかの交通手段も、あると思います。

39

本丸内部には、県庁などの建物が立ち並んでいます。

32

33

石垣と水堀。

40

41

御廊下橋が復元されています。今は、さらに復元整備が進んいると思います。

45

枡形跡。

49

56

61

天守台の石垣。


52

井戸。

55

57

本丸内部石垣の様子。福井地震の影響で、石垣がたわんでしまっています。

福井城跡は、続日本100名城に選定されました。

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ