マリブルの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

富津市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

千葉県富津市 飯野陣屋跡3

千葉県富津市の飯野陣屋跡です。

17

飯野陣屋は、JR青堀駅から、徒歩20分ほどで行くことができます。

この周囲には、古墳がたくさんある地域です。

27

飯野陣屋も、古墳を利用して築かれているようです。


1


4


15

陣屋跡を取り囲む水堀。現在も、水が残っています。土塁も残っていますね。

BlogPaint

土塁と水堀。

陣屋跡の郭内部にも、開発の手が及び、民家が立ち並んでいる状況です。


36


38

再び、水堀と土塁の画像で終わります。

千葉県富津市 佐貫城跡4

千葉県内で唯一、近世も使用され、石垣口を残す城跡です。

佐貫城跡には、JR佐貫町駅から徒歩30分くらい。または、非常に本数も少ないのですが、バスもあります。

2

佐貫城大手門跡。

72

大手門跡に残る石垣。矢倉台の石垣。この画像だと、はっきりわかりますけど、今は、だいぶ、草に覆われてしまい、見づらくなっています。

70

三の丸跡。


8

通路の脇の岩盤むき出しの部分。

65

二の丸方面に向かう通路。堀切状になっています。門が置かれていたのでしょうか?

56

二の丸跡だったと思います。佐貫城跡には、2回訪れていますが、初めての時は、ヤブがぼさぼさ、2回目の時は、草が刈られて、比較的きれいでした。


47

本丸虎口内側から、二の丸方向を見たところ。土橋が、はっきり残っています。

50

49

空堀跡。水が溜まって、良い感じです。

45

28

本丸背後の巨大な堀切。岩盤掘り崩した、垂直切岸の堀切です。

佐貫城は、戦国期には、里見氏の居城としても用いられ、近世は、佐貫藩の藩庁として使用されました。

佐貫藩は、阿部氏一万六千石で、明治維新を迎えています。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ