マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

行方市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

茨城県行方市 小高城跡3

CIMG0213

小高城跡は、常光院というお寺に隣接する山林内部に遺構が残されています。

小高城跡の解説標柱ですが、訪問時、色あせて文字が読めない状態でした。現在は、新しいものが建てられています。

CIMG0185

常光院の山門。

CIMG0187

常光院の駐車場の裏からよじ登りました。竪堀のように見えます。

CIMG0198

CIMG0205

CIMG0186

ヤブになっていますが、土塁や空堀が残されています。

CIMG0210

一面の畑になっています。小高城の曲輪跡です。

CIMG0220

CIMG0230

CIMG0233

主郭を取り囲む横堀。深さがかなりあり、見ごたえがあります。

CIMG0231

虎口です。主郭らしき郭内部は、結構なヤブヤブでした。

CIMG0236

CIMG0238

CIMG0242

横堀と土塁。部分的にヤブが濃いですが、非常に見ごたえがあります。


CIMG0254

たぶん虎口から内部を見たところです。

小高城跡、非常に見ごたえのある遺構が残されています。

茨城県行方市 山田城跡3

霞ケ浦の湖岸に位置する茨城県行方市には、南方三十三館と言われた、大掾氏一族の豪族たちの居城跡が多数残されています。

その中の一つ、山田氏の居城とされる山田城跡です。

7

羽黒神社が城跡内にある丘陵にあります。羽黒神社の鳥居がある櫓台のような土壇。

1

民家の間に、登り口があります。この通路は、とても狭いので、車はどこかにおいて、徒歩で登ったほうがいいかと思います。画像は、破壊されているようですが、虎口のようです。

3

こちらは主郭の跡だと思います。正面のものすごい藪の先に深い横堀が横たわっています。

13

しかし、すごいヤブですね。これは、途中まで行きましたけど、とても無理。

16

いったん、登ってきた道のほうに引き返し、羽黒神社のある郭の右手側を土塁に沿って進んでいきます。

18

予想通り、空堀がありました。

19

たしか、さっきのヤブヤブの背後のあたりで、一番空堀が深い部分です。


24


30

33

山田城跡の最大の見どころは、深い空堀が、二重三重に主要部を取り囲んでいます。

この空堀は、かなり深くて、見ごたえがあります。

20

主郭背後の堀底から、上を見上げたところです。画像だとわかりにくいですが、急傾斜にそびえたち、とても登れないと思います。

48

51

再び空堀です。

山田城跡、見ごたえのある城跡ですが、いかんせん藪がひどいです・・・。

茨城県行方市 木崎城跡4

茨城県の鹿行地域には、魅力的な城跡がたくさんあります。

戦国時代、この地域には、南方三十三館と呼ばれる小大名たちが、城館を構え、割拠していました。

その中の一つが、木崎城を本拠とした武田氏。甲斐の武田氏の同族と考えられています。

CIMG5090

木崎城跡には、現在、香取神社がおかれています。

この神社が二郭です。

CIMG5091

鳥居脇に、城跡案内板があります。

CIMG5093

神社境内を、空堀が巡っています。

CIMG5094

空堀と土塁。

CIMG5097

空堀と土塁。この辺りの空堀は、埋もれているのか、あまり深さはありません。

CIMG5101

CIMG5129

神社境内の紅葉。

CIMG5103

神社境内に残る空堀。だいぶ浅くなってしまっています。

CIMG5118

右側は主郭の城塁です。この辺りの堀底は、ヤブが濃くなって、倒木もあるため、歩きづらいです。

CIMG5138

木崎城跡、最大の見どころは、この巨大な空堀と土橋。正面に見える階段のかかった段差が巨大な土橋です。

IMG_2980

土橋。

IMG_2981

巨大な空堀。土塁の張り出しで、横矢もかけられています。

IMG_2985

深さは、10m以上ある、巨大な空堀です。

IMG_2989

真っ暗になってしまいましたが、道路を挟んで反対側にも、巨大な空堀が残されていました。

木崎城主の武田氏は、ほかの鹿行地域の領主たちとともに、佐竹義宣によって騙し討ちにされ、木崎城もその際、落城したようです。

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ