マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

松阪市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

三重県松阪市 大河内城跡3

三重県松阪市の大河内城跡。大河内城は、伊勢の名族北畠氏が、織田信長の大軍を迎え撃ち、数か月の籠城、ついに落城せずに和議に持ち込んだ城です。

10003515_605201122891388_822939527_n_605201122891388

1972466_605201152891385_875806345_n_605201152891385

大河内地区市民センターにある城跡案内看板。県の指定史跡になっています。

10155358_605200159558151_300678306_n_605200159558151

虎口でしょうか。訪れたのは、7年くらい前になるでしょうか。縄張り図も読めずに、闇雲に巡り歩いていた時期です。

10152029_605200216224812_1821698747_n_605200216224812

1962796_605200062891494_272107408_n_605200062891494

1958436_605200972891403_528344612_n_605200972891403

マムシ谷と呼ばれる堀切の跡です。

10151852_605200116224822_926571568_n_605200116224822

1960133_605199992891501_1776276281_n_605199992891501

西の丸跡です。

1977082_605200412891459_445781371_n_605200412891459

10150645_605200352891465_721491804_n_605200352891465

1888525_605200369558130_636470681_n_605200369558130

本丸跡の様子です。

10011148_605200799558087_604215073_n_605200799558087

こちらは堀切、竪堀でしょうか。

大河内城跡には、車でのアクセスしか、手段がないかと思います。もしかしたらバスもあるかもしれませんが、確認しておりません。

県の指定史跡で、登城道も整備されているのですが、堀底など見たいところはヤブだらけで、遺構の確認は難しいです。

ほかにも、良好に遺構が残されているようなのですが、縄張り図もなく、闇雲に歩いていただけなので、今にして思うと、非常にもったいなかったように思います。

要再訪問ですね。

三重県松阪市 松坂城跡 日本100名城3

松坂城跡は、JR、近鉄の松阪駅から徒歩15分。車だと市営の無料駐車場があり、警備員さんに聞いたところ、観光目的なら停めてもいいよ、とのことでした。

8

松坂城跡は、良好に石垣が残され、国指定史跡に指定されています。また、日本100名城にも選定されています。

2


石垣。この背後は道路で、けっこう交通量があるので、石垣に見とれて、道路にはみ出さないようにご注意くださいませ。

7

登城します。

13

15

美しく積まれた石垣を見ながら、登っていきます。

松坂城は、織田信長の娘婿で、名将として名高い蒲生氏郷が築きました。

蒲生氏郷は、文武の達人と言われ、茶道や和歌にも堪能だったとされますので、高い美意識が感じられます。

20

御城番屋敷。

江戸時代、松阪は、紀州藩の支配で、松阪城には城代が置かれました。

御城を守った下級番士たちの住まいです。現在も人がお住まいです。


24

枡形です。


26


39


53

ほんとうに素晴らしく、美しい!

85

御城番屋敷の様子。

一軒だけ、公開されていて、見学することができました。

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ