マリブルの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

津市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

三重県津市 安濃城跡3

安濃城跡は、阿由田神社のある山林が城跡になります。

CIMG8527

登城道。

CIMG8533

土塁らしきがあります。

CIMG8540

阿由多神社です。

CIMG8537

神社の境内は、主郭に当たると思われます。囲む空堀です。中央に土橋?が見えます。

CIMG8542

空堀です。

CIMG8548

空堀は、神社の境内を取り囲んで、続いています。

CIMG8554

竪堀でしょうか。

CIMG8552

竹が、ビッシリと林立しています。

CIMG8568

CIMG8569

城跡案内板。

安濃城跡、訪れたのが日暮れ近かったこともあり、よく見れていません。

伊勢国最大規模の城跡と言われる安濃城跡、次回は、隅から隅まで見学したいものです。

三重県津市 草生(くさわ)城跡3

草生(くさわ)城跡は、最寄りの駅からは、いずれも5キロ以上離れていますので、徒歩での訪問は難しいと思われます。

比佐豆知菅原神社を目指します。比佐豆知菅原神社の南の県道28号線を東へ行くと左側に案内板が建っています。


CIMG8490

その看板です。

ここのすぐ脇に、動物除け?のフェンスがあり、扉がついているので、ここから以前は入れたようですが、現在は、扉は開かなくなっています。

隣接する草むらをフェンスに行きつくまで歩くと、そのあたりに、フェンスが開いているところがありましたので、ここから入りました。

CIMG8491

城跡内に入ると、土塁と空堀が見事に残っていました。

フェンスは、民家の敷地に面してますので、抵抗がある方は、案内板がある前の道路をそのまま東に進むと、大きく南東方向に右折できます。

道がつづら折れに下っていきますが、最初のカーブの部分から山林内部に上がれると思います。

CIMG8492

城跡内は、それほどヤブもひどくなく、遺構の残存状態も良好です。

CIMG8503

CIMG8513

CIMG8512

郭を取り囲む見事な空堀。横矢もかかっています。

CIMG8516

郭内部から、土塁を見たところ。

CIMG8505

こちらは、先ほどの主郭と思われる郭と堀で仕切られた二郭と思われる削平地跡です。笹藪になっていました。

CIMG8518

CIMG8522

CIMG8525

再び、主郭をめぐる空堀と、主郭の切岸です。迫力満点です。

草生城跡、小規模でありますが、見事な遺構が残されています。


三重県津市 津城跡 続日本100名城3

津城跡は、言わずと知れた津藩藤堂家32万石の居城でした。

津城跡へは、JR、近鉄の津駅から徒歩30分~40分くらい、津新町駅から20分くらいだと思います。

県庁や、県警、裁判所などが立ち並ぶ、津市の中心街になっています。

2

案内板。


5


6

模擬櫓。

8

津城の縄張り図と、現在の街の様子を重ねたもの。

残されているのは、本丸とその周辺の一部のみです。

12

13

石垣と水堀、犬走跡が良く残ります。

16

4

藤堂高虎公騎馬像。現在、見られる石垣などの遺構は、高虎公によるものです。

20

天守台の石垣。

45

土橋跡と犬走跡。

44

46

水堀跡と石垣跡。

残されているのは、巨大な津城のほんの一部ですが、見応えがあります。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ