マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

山武郡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

千葉県芝山町 岩山城跡3

岩山城跡は、成田市のお隣芝山町の工場地帯の裏の山林に残されています。

サテライト成田という施設の裏の山になります。サテライト成田からは、徒歩10分ほどです。

私は、JR松尾駅から芝山町のコミュニティバスで行きました。

0015

城跡の入り口は、ヤブ化しており、ヤブ漕ぎをして進むことになります。土塁と堀切です。

0001

こちらも堀切です。

0003

土塁です。

入り口付近は、かなりなヤブになっていますが、城跡の遺構が見られる部分は、比較的、ヤブがましになっています。

0004

土塁です。

0007

堀切です。深さは、5m近くあるでしょうか。

0011

堀切は、横矢張出も見られます。比較的、戦国時代も後半の城跡かと思われます。

0014

城跡内の様子です。多少、歩きづらいですが、冬だったら、見学には差し支えないレベルです。

岩山城跡、入り口が分かりづらいですが、なかなか、見応えのある堀切と土塁が見事でした。

千葉県芝山町 飯櫃城跡 2

3

飯櫃城城跡石碑。

飯櫃城跡へは、JR松尾駅からコミュニティバスで行くことができます。本数が少ないので、ご注意ください。

11

切通の登場道。

16

畑に利用されている堀跡。

15

虎口と土橋跡。

19

空堀跡。農地に転用されています。

23

郭跡。畑に転用されています。

33

ヤブがひどい部分が、最も城跡の空堀っぽい雰囲気を醸していました。


38

横堀状の通路。

この城跡は、農地に改変されていて、旧情を留めた遺構は、あまり見られません。


41

巨大な土塁。


74

このヤブぼさぼさの部分は、未完成の大堀切。

飯櫃城は、山室氏の居城、豊臣秀吉の小田原征伐の折、来襲した徳川軍に備えて、掘られたと言われています。

千葉県芝山町 山中南城跡3

続いて、山中南城跡へ。

70

画像の北側が、北城跡です。正面の丘陵が南城跡。

69

この辺りから、お邪魔します。


2

竪堀のような通路を登ります。たぶん、遺構なんですかね。


4

腰郭のような、削平された空間に辿り着きます。


7


13

土塁があります。

山中南城は、横堀が迷路のように張り巡らされ、どこをどう歩いたのか、全く把握できていません(笑)

当時は、縄張り図も全く読めませんでしたから。

適当にさ迷い歩いています。

16

17

横堀が素晴らしい!

35

こちらにもやはり、神社があります。この神社の参道があるそうですが、そちらは、民家の敷地内を通っているようです。


37

神社のある削平地を登っていきます。たぶん、ここを直登したんだと思います。


39

横堀?腰郭?判別がつかない空間があります。


50

切通状の虎口。たぶん主郭じゃなかったかと。

かえってから、某有名お城サイトの鳥瞰図と照らし合わせたんですが、よくわからなかった・・・。


53

郭内部の様子。

山中北、南城跡、これだけの遺構を留めながら、詳細は全く不明です。

ほんとうにすぐお隣に、これだけの規模の城郭が、同時代に存在したということは考えにくいかもしれません。

個人的には、南城跡のほうが、後の時代の城のように感じました。

千葉県芝山町 山中北城跡3

山武郡芝山町には、良好な遺構を留める城跡が、多数あります。

なかでも、以前からどうしても行きたかった山中北、南の二つの城跡です。

この二つの城跡は、すぐ隣に向き合って存在します。

まずは北城跡。

59

正面の丘陵が、北城跡です。

JR松尾駅から、芝山町のコミュニティバスで、竜ヶ谷?だったと思うんですけど、バス停から徒歩10分くらいです。


2

神社がまつられています。遠回りですが、こちらから登ったほうが良いと思われます。

最初の画像の農地のあぜ道を伝って山麓から直登すると近いのですが、凄い竹やぶになっていますので、おススメはしません。


3

神社の参道を登っていくと、いきなり、見事な堀切?虎口?があります。


4

この上が、主郭のようです。


5

見事な横堀です。


6

土塁です。


17

きれいなV字の空堀。

竹が密生していて、歩きにくいですが、この辺りはぜんぜん序の口です。


24

進むにつれ、竹藪が濃くなってきます。しかし、この空堀は見事ですね。

二重堀になってるそうなのですが、外側の堀は見落としました。というのも、この後ヤブ地獄に巻き込まれ、身動きもままならないほどだったので、脱出した時は、根気も気力も削がれていました。


31


33


45

こんな感じだったんで(笑)

実際、この辺りは、写真を撮る余裕があっただけ、マシだった部分です。ほんとうに身動きすらとるのもままならない状態でした。(そんなところに行かなければいいだけのことですが)

51

土橋ですかね?

山中北城跡、もう少しだけ、手入れをしてくれたら、ほんとうに見応えのある城跡なんですけど、確か、3月くらいに訪れてこれですので、夏場は、もっと深いヤブに覆われていると思われます。

冬にでも、再訪してみたい城跡です。

千葉県横芝光町 坂田城跡4

坂田城跡は、JR横芝駅から、徒歩20分くらいです。

坂田池親水公園のすぐ道路を挟んで反対側にあります。そのため、坂田池公園の駐車場を使うことが可能です。


6

案内板と遊歩道への道標。


94

坂田池。

98

登り口。急な階段ですので、注意してください。


103

本丸の土塁。登りきると、いきなり主郭についてしまいます。


15

主郭内部は、けっこうヤブが濃いです。時期によっては、草が刈られている場合もあります。


114

主郭虎口から土橋です。正面に二郭の土塁は見えます。


116

土塁。


117

空堀と土塁による横矢掛け。


120

二郭虎口から、三郭への土塁と土橋。


133

空堀。


CIMG8941

三郭内部の様子。時期には、梅林が見事で、梅まつりも行われます。

その時期に訪れたところ、きれいに草が刈られて、空堀などもよく確認できました。

その時の画像が、どういうわけか見つかりません。


CIMG8932


CIMG8942

三郭、四郭間の二重堀と横矢かかり。ここら辺は土塁も二重となり、合横矢がかかります。

あまりい画像がなく、中途半端ですが、このくらいで終わります。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ