マリブルの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

甲州市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

勝沼氏館跡つづき3

CIMG3631

館跡、東側部分へ。


CIMG3632

草に埋もれかかっている排水溝があります。

よく見ると、復元された排水溝や、堀跡を見ることができます。

しかし、せっかく復元したのに、草が伸びきっていて、台無しです。


CIMG3635

大きな土塁があります。


CIMG3634

CIMG3636

この窪みは、堀跡なんでしょうか?よくわからないです。


CIMG3638


CIMG3644

堀の跡?何でしょうか?わかりにくい。


CIMG3645

いろいろと復元されてるみたいです。

甲州市市民バスの停留場のほうにも、入り口があり、案内板や、主郭にも入ることができました。

しかし、撮ったはずの画像が、全然残っておらず・・・。

がっかりです。

山梨県甲州市 勝沼氏館跡3

CIMG3606

勝沼氏館跡は、JR勝沼ぶどう郷駅から徒歩20分くらい。駐車場も完備しています。

甲州市のコミュニティバスも、本数は少なめですが、あります。最寄りが、上町?祝橋?だったか、失念したので、ご確認ください。

CIMG3605

矢印に従って進むと、凄い草ぼうぼうの原っぱ(後で気づいたがここも遺構)を横切り、主郭に近道できます。

CIMG3607

目の前に、空堀と主郭の土塁が見えます。

勝沼氏館跡は、国指定史跡に指定されています。

CIMG3608

CIMG3609

見事な空堀と土塁。

CIMG3610

草に何か、埋もれてます(笑)


CIMG3620

堀底へ降りてみました。この石垣は橋脚です。いぜんは、木橋がかかっていたそうですが、老朽化のため、撤去されています。


CIMG3614

主郭の東虎口の復元冠木門も、ロープで縛られ、こちらからは入れなくなっていました。

無理やり、土塁によじ登って、入ることはできそうですけど、やめましょう。


CIMG3621


CIMG3622

CIMG3627

この空堀は、よく手入れされて、非常に見応えがあります。

続いて、東側の復元遺構に向かいます。

山梨県甲州市 於曽屋敷跡2

IMG_1982

於曽屋敷跡は、塩山駅から徒歩数分のこれまた、駅近物件。場所がちょっとわかりにくいかも。

CIMG3564

土塁の上に立つ案内板。ちなみに、現在、塩山市は、合併で甲州市となっています。

CIMG3565

土塁。

CIMG3575

堀跡。

CIMG3580

空堀跡。この先は、埋められてしまっているようです。

CIMG3584

土塁。


CIMG3586

土塁とわずかに堀の跡なのか、くぼんでいるようです。


CIMG3595

西側の堀跡。

現在、敷地は、一部、公園解放されていますが、子孫の方がお住まいの住居がありますので、見学には配慮が必要です。

山梨県山梨市 連方屋敷跡3

CIMG3549

連方屋敷跡は、JR東山梨駅から徒歩数分の駅激近物件。しかもなかなかの優良物件!


CIMG3531

土塁と堀がきれいに整備された状態で、現れます。


CIMG3535

土塁。右手側は曲輪なんでしょうか。すごく広い広場です。往時は、建物が立ち並んでいたと思われます。

CIMG3539

この井戸は、昔からのものでしょうか。違いますかね。

CIMG3558

この水路も、水堀の名残でしょうか。

連方屋敷、駅から近く、夏でも、きれいに整備されているので、この時期にお勧めです。


メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ