CIMG2097

結城城跡は、現在、城跡公園として、整備されています。

桜の時期は、にぎわうようです。

公園の駐車場は、特に決められた場所はないようですが、公園の入り口わきに空きスペースがあり、ここに停めていいそうです。

たぶん、駅からも歩けるはずです。


CIMG2095

内堀跡。

CIMG2114

土橋跡?

このあたり、かなり改変されており、どうなっていたのか、さっぱりわかりませんでした。


CIMG2098

主郭跡。


CIMG2102

こちらは、土橋ですね(たぶん)。


CIMG2104


CIMG2106

空堀です。ヤブと竹で、わかりにくいですが。


CIMG2109

けっこう深くて、幅も広い空堀です。


CIMG2111

この辺りから堀底を歩けそうですが、冬場ではないので、やめておきました。


CIMG2118

本丸の城塁です。


CIMG2127


CIMG2130


CIMG2131

水路は、水堀の名残でしょうか。

結城城は、関東の名族結城氏の居城。結城氏は、豊臣政権下も、大名として生き残り、養子として徳川家康の次男で、秀吉の養子(実質人質)秀康を迎え、結城秀康と名乗り、10万石を領します。

関が原戦後、功績により、越前67万石に封じられます。しかし、息子の忠直の代に改易。

秀康は、家康に疎まれており、次男なのに、家督を継げなかったことを恨んでいた、とも言われています。

この越前家は、福井藩30万石、また、津山藩10万石、確か、松江藩18万6千石も、越前家の流れです。

結城城は、いったん廃城になりますが、のち、水野氏が一万八千石で入城、結城城を復興します。

幕末は、親子で敵味方に分かれ、結城城を取り合い、激戦を繰り広げたそうです。