IMG_1293

逆井城跡は、交通手段としては、自動車しかないと思われます。最寄りの駅からレンタサイクルで一時間、本数の少ないバスを乗り継いで、やはり、一時間近くかかると思うので、自動車が良いでしょう。

公園整備されており、駐車場もあります。

CIMG1968

復元された二層の櫓。

CIMG1969

水堀跡。


CIMG1973

角馬出と、その周りの空堀。


CIMG1975

空堀と土塁。これは、復元されたものでしょうか?整いすぎてますね。


CIMG1980

深い空堀と、水の手として利用されたのか、堀底の水たまり。


CIMG1983

郭内部へ。非常にいい感じに整備されています。

CIMG1985

土塁が盛られています。この郭が主郭だっけな。

前回、訪れたのは、5年位前と記憶しています。

その時よりも、感動が深いです。


CIMG1987

直角の折れを伴う空堀。往時は水堀だったのか?折れ曲がってるのが直角なのは、北条の城の特徴なんだとか。(って、えらい人が言ってる)

CIMG1989

復元櫓門。

CIMG1990

復元木橋。

逆井城跡は、公園整備され、発掘調査などに基づき、復元された建造物がよくできていて、中世城郭の様子を学ぶには格好と思われます。

CIMG1992

私好みの深い空堀も残されていますし。

CIMG1996

逆井城跡三の丸外周の空堀と、比高二重土塁。


CIMG1999

堀はやや浅くなっていますが、見どころの一つだと思います。


CIMG2003

比高二重土塁がはっきりわかりますね。


CIMG2009

外郭の水堀と、復元された櫓。セイロウがなぜか変換できません(笑)


CIMG2020

堀底から見上げる矢倉門と木橋。


CIMG2021

深い空堀を堀底から。

CIMG2032

なぜかここにある移築された関宿城の城門。


CIMG2035

同じく、なぜかここにある、復元された大台城主殿。

逆井城跡、復元された建築物が、戦国時代のお城を偲ばせ、さながら中世城郭のテーマパークのようです。