マリブルの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

鉾田市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

茨城県鉾田市 三階城跡3

鉾田市の三階城跡は、以前は、すさまじいヤブ城ということで、足が向かなかったのですが、市が土地を買い取り、公園整備されるという情報があり、また、知人がきれいになった状態を、ネットに投稿していたので、行ってみました。

CIMG0009

訪問は、2年位前だったと思います。当時は、整備前の発掘調査からだいぶたっているようで、やや、草が伸びている状態でした。

城跡入り口の、この解説版のあるところの手前に、水路がありますが、草に埋もれてますので、落ちないように注意してください。

CIMG0011

主要部に上がっていく通路。これ、元からの城の通路でしょうか。らせん状に上っていきます。

CIMG0012

堀底道か?

CIMG0016

空堀?

CIMG0017

虎口でしょうか。この城跡は、その名の通り、三階建てになっているそうなんですが、よくわかりませんでした。

CIMG0019

CIMG0023

CIMG0024

腰曲輪、あるいは空堀でしょうか。幅広の削平地、あるいは土塁を伴っているので、空堀と表現するのが適切か。

CIMG0028

最上階の主郭と思しき、郭の虎口部分。

CIMG0031

曲輪内部は、まだきれいな状態で、低い土塁も見られました。

CIMG0038

CIMG0057

CIMG0046

やや、やぶが濃いですが、見ごたえのある空堀。

さらなる整備が期待されます。予想以上に見ごたえのある城跡でした。

茨城県鉾田市 馬場館跡4

馬場館跡は、新宮神社のすぐ南側に隣接しています。鹿島臨海鉄道新鉾田駅から、1.5キロほどでしょうか?

CIMG5059

新宮神社の入り口。この参道に沿って、立派な堀が続いています。

CIMG5026

ヤブがひどいですが・・・。

CIMG5028

参道を進むと、比較的、見やすい場所があります。

CIMG5030

いちばん、深くなっているあたりです。


CIMG5036

土橋、虎口?郭内部は、農地になっています。

CIMG5048

堀に沿って進むと、堀底には水が残っています。往時は、全周が水堀だったかもしれません。

CIMG5050

県道沿いからのぞき込むと、水堀と見事な土塁が残っています。

残念ながら、ごみが捨てられており、見苦しい状態です。


CIMG5056

堀底に降りてみました。見事な堀です!

CIMG5067

参道脇の堀です。笹藪がすごかったですが、無理やり降りてみました。

CIMG5079

笹藪に埋もれて、土橋が残っていました。

CIMG5076

CIMG5078

CIMG5082

ヤブがひどいですが、ほんとうに見事な堀が残されています。

茨城県鉾田市 蕨砦跡4

鉾田市蕨砦跡です。

こちらは、青柳小学校すぐ南側の台地にあります。青柳小学校右手に見て、道路を進み、正面の交差点左手前方に見える台地です。

CIMG4984

東側の狭い道のわきに、このような標柱があります。ここまで車で来てしまうと、道が狭いため、駐車場所に苦労します。この道路の入り口辺りに、道幅が広くなってる場所があるので、短時間であれば、ここに停めておくしかないと思います。

CIMG4986

特に道はないので、斜面を直登します。それほど、傾斜もきつくなく、すぐに、城塁が見えてきます。

CIMG4988

わずかな窪みがあるように見えます。堀跡、あるいは腰郭か?

CIMG4990

虎口の画像を探したのですが、これかな?画像にすると、高低差が出なくて、わかりづらいですね。

CIMG4993

主郭内部の様子。なかなか見事な土塁が囲っています。


CIMG5004

外には、横堀が巡っていますが、笹藪が濃くなっています。


CIMG5013

深さを増し、最も見ごたえのある部分。外側も土塁が盛られています。

CIMG5017

土塁。けっこう高さがあります。

CIMG5020

土塁上から見た、副郭の様子。

蕨砦跡、小規模ではありますが、遺構はほぼ完存、見応えがありました。

茨城県鉾田市 徳宿城跡2

大橋城跡攻略後、大甕駅まで歩いて戻り、大甕駅から水戸駅へ。

水戸駅から、鹿島臨海鉄道に乗り換えました。

涸沼駅で降りるつもりが・・・。

二つ先の徳宿まで行ってしまいました。

CIMG4636

戻る電車は、一時間後しかないため、やむなく、駅から1キロほど離れた徳宿城跡へ。

徳宿城跡は、以前、一度、訪れたことがあります。


CIMG4601

まだ、16時前なのに、電車のなかで、寝てしまった間に、雨が降ったこともあり、真っ暗です。


CIMG4605

光量不足で、こんな画像です。

CIMG4610

土塁でしょうか?


CIMG5839

前回の画像を持ってきました。神社があります。主郭跡です。

CIMG5840

虎口です。土塁が見事ですが、草が伸びています。

CIMG5843

土橋です。改変されて、広げられているように感じられます。

CIMG5846

土橋の脇は、二重堀のようになっています。本丸に近い側の堀。こんなです(笑)


CIMG5847

二本目の堀の竪堀状に落ちている部分。こちらは、かなりマシです。

CIMG5851

反対側の堀。

CIMG5848

土塁です。二重の堀の間の部分です。

CIMG5856

その先の曲輪跡と思われる削平地は、畑になっていました。

前回は、夏場だったため、ヤブが濃いですが、現在もそれほど変わっておらず、城跡へあがっていく階段なども朽ち果てていて、やや見学しづらい状況でした。


茨城県鉾田市 札城跡4

CIMG0029

札城跡は、中居城跡に近く、札集落の松尾神社のある山林が城跡です。

交通手段は、ほぼ、車のみに限られると思われます。

しかし、バス停も近くにあったので、バスもあるのかな。未確認です。

自動車の場合、城跡周辺は、狭い道が多いので、注意してください。

CIMG0001

何を撮ったのでしょうかね。自分でもわからない。

CIMG0002

けっこう、やぶってます。


CIMG0006

主郭と二郭の間の空堀。


CIMG0013

主郭内部の様子。


CIMG0015

ヤブヤブです。それでもなんとか、郭内部を探索。しかし何もありませんでした。

CIMG0021

主郭と松尾神社のある郭の間の空堀(かな?)。

肉眼だとはっきりわかるんですけど、画像にすると、わからなくなります。

CIMG0023

やっぱり、順番的に堀ですね。ここはクランクした部分。左手に入り込んでいるのが、主郭の張り出しです。

CIMG0024

もっと深くて、迫力のある堀だったと記憶してるのですが・・・。画像が見当たりません。

この堀は、二重堀になっていて、その画像もとったはずなのですが、消えています。

もしかして、あとで見つけたら追加します。

この札城も、佐竹にやられました。

札城主札氏は、危機を察知し、途中で、引き返したため、粛清はまぬかれますが、城に戻ることができず、漂泊のうちに病死したとされます。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ