マリブルの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

高崎市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

群馬県高崎市 高崎城跡2

高崎城跡は、JR高崎駅から、徒歩15分くらいでしょうか。

21

外堀と土塁の一部が残されています。

4

水堀と土塁。

10

14

8

この辺りは現存の遺構だったと記憶しています。

20

32

水堀と土塁が一直線に続いています。

高崎城は、箕輪城12万石に入封した井伊直政が、和田城を改修し、新たに築き居城を移しました。


5

ちょっと残念な感じの遺構の残り具合ではありますが、この時期の訪問数稼ぎには最適だと思います。

駅から近いし。

群馬県高崎市 山名城跡3

CIMG0213

山名城跡は、前回紹介した根小屋城跡から尾根伝いに行くことができます。20分くらい歩くかな。

この道は、比較的整備された遊歩道で、歩きやすいと思います。と言っても、尾根を歩くのですから、油断は大敵です。

CIMG0217

薮に埋もれていますけど、横堀のようです。

CIMG0218

堀切があります。この城跡は、尾根に郭を並べ、郭と郭を、堀切で断ち切り、主郭の周囲に、土塁と横堀を巡らせています(たぶん)。

CIMG0221

こちらが主郭と二郭?の堀切です。さっきの堀切より、やや深いです。

CIMG0226

虎口です。

CIMG0227

主郭内の様子です。

CIMG0229

城跡の石碑です。地元の名士であろう、議員さんの揮毫のようです。

CIMG0234

たしか、堀切の終点部分です。ヤブがすごくて、突入しなかったんですけど、主郭周囲の横堀につながってるようでした。

CIMG0241

たぶん竪堀じゃないかと思います。肉眼で竪堀だと思って、撮影したものの、何が何だか分からなくなってしまいます。しかも、私は、記憶力が悪いので、すぐ忘れちゃうしw

CIMG0246

たぶん、主郭周囲の様子を撮影したものです。この城跡は、事前情報でもヤブがすごいということでしたが、やっぱりすごいヤブで、この先は侵入不可能と判断しました。

何かあるみたいなんですけどね。

もしかしたら、冬に再訪するかもしれません。

群馬県高崎市 根小屋城跡4

CIMG0197

根小屋城跡は、上州電鉄根小屋駅から、登城口まで徒歩10分くらいだと思います。

私は、茶臼山城から、踏切脇の登城口まで歩きましたので、30分以上かかりました。

CIMG0113

その登城口。場所を説明しづらいですが、グーグルマップで根小屋城跡を目的地に設定、向かう途中にありました。見落としやすいですが、道標もあります。

CIMG0117

急傾斜な山道で、途中、草木に覆われた中に、わずかなふみ跡のような道が残されています。一応、整備はされているようです。

CIMG0124

笹藪がすごいです。やっぱり訪れた時期が悪かったのか、草が伸びまくってました。

CIMG0127

以前、見た動画ではこの辺りは、きれいに草が刈られていたのですが・・・。さっぱりわかりません。

CIMG0129

土橋も草に埋もれがち。


CIMG0131

横堀です。さっぱりわかりません(笑)

根小屋城は、武田信玄が築いたとされる山城です。なかなか、技巧的な縄張りとのことですが、さっぱりわかりません。


CIMG0137

二郭と、主郭の堀切・・・なんですかね?右側が二郭、左手が主郭。


CIMG0138

やっぱり堀切のようです。終点付近。

CIMG0150

こちらは、横堀です。水が溜まっていたようです。現在は、枯れてますが、その痕跡はわかります。

CIMG0153

主郭への通路。階段がついています。けっこう急傾斜です。

そういえば、最初、城跡へ登ってきた山道も、急傾斜で、降りるのはけっこう大変だろうと思います。

滑りますし。

CIMG0164

主郭の虎口。枡形虎口という説明がありました。

CIMG0170

主郭内部の様子。

来た時期が悪く、草が生い茂っていますが、遺構はよく残されていて、見応えがある城跡です。

搦手側から尾根伝いに山名城跡へも行けますし、冬場ならかなり楽しめる城跡ではないでしょうか?

群馬県高崎市 茶臼山城跡4

CIMG0069

茶臼山城跡は、上州鉄道根小屋駅から、徒歩20分くらい。

城山団地の駐車場の裏手の丘陵が城跡。


CIMG0070

駐車場の裏から、階段が整備されています。

この駐車場、一台分だけ、城跡見学者用のスペースが用意されています。


CIMG0071

登りきったところにも、案内標識があります。


CIMG0072

南郭。


CIMG0074

南郭と主郭間の堀切。深いです!


CIMG0076

堀切の終点付近、竪堀のようになって落ちています。


CIMG0078

横堀。左側が、主郭の切岸。


CIMG0079

地元のみなさまの手で、整備されているようです。

CIMG0081

城跡の案内板。

CIMG0082

虎口です。何の変哲もない坂虎口ですね。

CIMG0090

主郭内部の様子です。土塁が見られます。

CIMG0094

主郭からの眺望。


CIMG0080

CIMG0099

主郭周囲の横堀。

CIMG0111

こちらの交差点近くにも、登城口と案内板があります。


CIMG0110


CIMG0109

茶臼山城跡、よく整備され、深い堀切が残り、小規模ですが、見応えあります。

群馬県高崎市 北新波砦跡3

IMG_1090

高崎市北新波砦跡は、史跡公園として整備されています。駐車場もあります。

奇麗な公園です。


CIMG9623

堀は残念ながら、ほぼ埋まってしまっています。でも、雰囲気は損なわれていません。

CIMG9625

郭内部の様子。


CIMG9632

堀跡と土塁跡。

CIMG9635

押し広げられていますが、虎口跡でしょうか?


IMG_1096

充実の解説版。

このあたりに、スズメバチがいましたので、すぐ退散。


IMG_1097

堀と土塁がクランクして折れている部分で終わります。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ