マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

群馬県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

群馬県前橋市 大胡城跡3

大胡城跡は、上毛鉄道の大胡駅から徒歩15分くらい。

CIMG5336

トンネルをくぐったところにある城址碑。

CIMG5339

城跡へ登っていくと、空堀と本丸の城塁です。

CIMG5342

登ったところは、二の丸跡です。

CIMG5345

張り出した土塁の横矢掛が見事です。

CIMG5347

枡形虎口の石垣。

CIMG5356

たぶん枡形内部から、二の丸方面を見たところ。

CIMG5369

主郭の虎口と土橋。少し、改変を受けているような気がします。

CIMG5370

CIMG5371

土橋から見た空堀の様子。たしか、夏に訪れたと記憶していますが、草がきれいに刈られています。

CIMG5391

誰かの歌碑です。

CIMG5375

本丸跡です。この周囲の石垣は、遺構なんでしょうか?後世のような気がします。

CIMG5398

本丸背後の切岸。

CIMG5409

CIMG5411

BlogPaint

なんとなく、城跡の名残っぽく見えたんですけど、違うかな。

群馬県前橋市 荻窪城跡2

荻窪城跡へは、上毛鉄道江木駅から徒歩20分くらい。

IMG_5513

住宅の間に、道標があり、城跡への通路があります。

IMG_5514

主郭跡と思われる削平地に建っている城址碑。

IMG_5515

土塁跡です。


IMG_5516

空堀跡なのですが、こんな状態で、さっぱりわかりません。

IMG_5517

埋もれてしまってるようですが、空堀跡だと思います。

主郭跡は、がさヤブです。画像はありません。

IMG_5519

主郭跡にある案内看板。この周囲は、夏草が伸びまくって、蚊がすごいです。

IMG_5524

主郭への虎口と土橋?でしょうか。ここには、以前、木橋が置かれていたようですが、撤去されたようです。階段もついてますし、以前は、公園整備されていたようです。


IMG_5529


IMG_5532


IMG_5531

土橋上から笹藪をかき分けて、堀底に突入したところ。ここは、なかなか、見応えがありますが、いかんせん、ヤブがすごいです。堀底に入れれば、そうでもないですが。

荻窪城跡、この時期はおススメできかねます。遺構もさほどではありませんし。

群馬県前橋市 女淵城跡3

女淵(おなぶち)城跡は、上毛電鉄新屋駅から、徒歩10分くらいでしょうか。城址公園として整備され過ぎています(笑)駐車場完備、お手洗いもあったはずです。

CIMG0903

CIMG0901

巨大な水堀。岸壁が、コンクリ舗装されちゃっているのがやや残念。

CIMG0899

こちらも水堀跡でしょう。水は入っていませんが。

CIMG0918

本丸跡に建つ立派な石碑です。

CIMG0915

CIMG0927

CIMG0922

水堀跡の様子。

女淵城跡は、公園整備が進みすぎて、堀の側壁がすべてコンクリで舗装されています。

城址としてよりも、地域の公園として整備されたからでしょうか。

CIMG0904

CIMG0905

CIMG0907

わずかではありますが、往時の面影を留める痕跡も見ることができます。

CIMG0913

CIMG0925

これらは、虎口や、空堀の痕跡でしょう。


CIMG0937
CIMG0941

CIMG0942

このこの辺りは、佐倉城跡の角馬出を想起させますが、地形はそのままに近く残っていると思われました。

駅から近く、平城で、整備されているので、この時期でも散策しやすい城跡だと思います。

群馬県みなかみ町 名胡桃城跡 続日本100名城3

CIMG2268

ご存知、歴史を動かすきっかけになった名胡桃城跡は、群馬県みなかみ町にあり、車じゃないといけないと思います。

去年の大河に向けて、整備されたそうで、きれいになって(なりすぎて)います。

個人的には、過去の画像を見る限り、整備される前のほうが良かった気もしますね。

CIMG2269

舗装された郭跡の先に、食い違い虎口跡。土塁は残っていません。


CIMG2271

説明看板も新しくて奇麗ですね。


CIMG2270

堀切です。

CIMG2279

これは、土橋の上に木橋をかけちゃったんですかね。

虎口の土塁も、復元しました感、満載ですね。


CIMG2280


CIMG2281

堀切です。

CIMG2282

虎口跡です。復元されています。

CIMG2288

虎口です。土塁も復元でしょうか。矢倉台を表現しているんでしょうかね。


CIMG2296

本丸の城跡石碑。

奇麗に整備されて非常に見学しやすいです。

さすが、去年の大河効果は大きいようです。

小田原征伐の引き金になった城の城跡ですからね。おざなりにはできないですよね。


CIMG2300

堀切。ここは、思わずにんまりしてしまいました。

CIMG2308

ささ郭からの眺望。水田の緑と渓流の流れがきれいです。空気も澄んでる気はします。


群馬県沼田市 沼田城跡 続日本100名城3

群馬県沼田市の沼田城跡です。沼田城跡は、公園として整備され、続日本100名城にも選定されています。

CIMG2458


沼田城跡は、JR吾妻線沼田駅から徒歩30分、車でも駐車場が完備しています。

CIMG2419

本丸跡の鐘楼。

CIMG2426

CIMG2427

CIMG2429

天守台周辺に残る石垣。

CIMG2421

CIMG2423

CIMG2424

天守台跡。

CIMG2418

沼田城といえば、このご夫妻。真田信之公と小松姫。

小松姫は、本多忠勝の娘、徳川家康の養女として、真田昌幸の嫡男信之に嫁ぎました。

CIMG2430


CIMG2431

堀切と竪堀のようです。

CIMG2452

CIMG2463

発掘調査で、石垣が出土した堀跡です。水堀だったのでしょう。

沼田城は、上州一帯に勢力を張った、沼田万鬼斎が築いた蔵内城が、前身です。

北条氏、武田氏などの争奪戦の末に、真田氏が支配し、長男の信之が城主となります。

関が原戦後も、真田氏の分家が、沼田藩を創設しますが、江戸時代中期に改易となっています。

その後、明治維新まで、藩主が変遷しますが、最終的に土岐家の支配で、江戸時代を終えています。
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ