マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

静岡県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

静岡県浜松市 二俣城跡3

二俣城跡は、徳川家康の嫡男信康が自刃した悲劇の地として、有名です。また、武田氏と徳川氏の争奪戦の舞台ともなりました。

2

城跡への登り口。訪れたのは夏でしたので、結構きつかったです。

登り口までは、天竜浜名湖鉄道の二俣本町駅から、徒歩7分くらいでしょうか。

9

12

二の丸跡の石垣です。

15

二の丸跡です。二の丸跡には、城山稲荷がありました。

26

天守台の石垣が見えてきました。

51

野面積みの石垣が見ごたえがあります。

28

本丸跡内部の様子。たしか、音声案内が突然流れ出して、びっくりした記憶がありますw


35

54

この城跡は、随所に石垣が見られます。下は、食い違い虎口跡です。

62

68

72

山城特有の遺構である堀切、空堀の跡です。夏場ということもあり、下草が豊富で、やや見づらい状況でした。

現在は、国指定史跡に指定されているかと思います。涼しい時期に、再度訪れたい城跡です。

静岡県島田市 諏訪原城跡 続日本100名城5

諏訪原城跡は、JR金谷駅から徒歩20分。車でも駐車場があります。今は、整備されて駐車場も増えた様子。

国史跡に指定されております。続日本100名城にも選定されました。

CIMG8851
 
堀跡がありますが、草が茂っており、よくわかりません。国史跡なのに・・・。

CIMG8853
 
城内にある諏訪神社。この神社があるために、諏訪原城と呼ばれているそうです。

CIMG8855
 
深い空堀です。

CIMG8856
 
土橋です。

諏訪原城跡も、馬場美濃守の縄張りと言われており、武田家の軍事拠点として築かれたとされております。

CIMG8857
 
土橋からの空堀。

CIMG8859
 
CIMG8860
 
三の丸跡。

この日は、雨だったので、丁寧に見て回ってないんですよね。

続100名城に選定されたおかげで、もう一度、訪れる大義名分ができたってもんです(笑)

CIMG8862
 
自然地形を利用したと思われる大空堀。

CIMG8864
 
カンカン井戸。堀底にあります。

CIMG8868

諏訪原城跡本丸跡。

CIMG8870

CIMG8871

内部の様子。

CIMG8878

CIMG8879
 
また土橋があります。

CIMG8880
 
空堀があります。

CIMG8886
 
また土橋です。

CIMG8887
 
馬出があります。馬出周囲の空堀は、草がぼさぼさになっています。

CIMG8892
 
草が生い茂っている空堀。

CIMG8912
 
CIMG8920
 
諏訪原城跡には、このような馬出が、複数確認できます。

この馬出、武田氏の専売特許のように言われてきましたが、諏訪原城跡を発掘したところ、徳川時代の遺構しか出てこず、武田氏時代の遺構は出てこなかったとか。

雨だったのが、残念でしたが、諏訪原城跡、見応えがありました。 


静岡県浜松市 浜松城跡 続日本100名城3

静岡県浜松市の浜松城跡。ご存知の通り、徳川家康が居城を置いたお城です。

1

公園の案内看板。

7

5

石垣が見られます。

12

石垣。

16

井戸跡。

18

天守台と復元天守。

22

枡形虎口。

36

38

45

石垣が、素晴らしいです。


55

復元された城門。

徳川家康は、この城を拠点に、駿遠三三か国の太守に出世、浜松市のゆるきゅら出世大名家康君は、ゆるキャラグランプリで、グランプリにも輝いています。


62


58

最後も石垣の画像で、お別れです。

静岡県浜松市 佐久城跡3

浜松市の佐久城跡です。

佐久城跡は、遠州浜名湖鉄道都築駅から約徒歩20分くらい。

私は、道に迷ってしまい、40分くらいかかってしまいました。

1

住宅街の片隅に、このような案内板を見つけて一安心です。

4

解説板が設置されています。

今川氏に忠義をつくし、滅び去った浜名氏の城です。

5

登城口。

9

空堀です。

17

土橋と虎口です。

20

土橋から見た堀切です。

29

主郭内部です。草が生い茂っています。

36

井戸跡です。


44

これは何だろう?どこを撮ったものなのか、記憶にありません。


43

主郭虎口側から見た土橋です。

佐久城跡、小規模ながら、遺構がしっかり残り、なかなか見ごたえのある城跡です。

静岡県伊豆市 田代砦跡3

大見城跡に続いて、田代砦跡(城跡)に行きました。

こちらも、公共の交通機関での訪城は、難しいかと思います。

BlogPaint

道路脇にこのような石碑が建っています。

道路を挟んで反対側に駐車スペースがあります。

IMG_3609

案内板もありました。

IMG_3610

小川を渡って、登っていくと、堀切があります。右手側が、主郭です。

IMG_3611

堀切側に、土塁が盛られています。

BlogPaint

主郭内部の様子。井戸の跡でしょうか?

CIMG6469

二の丸内部の様子。かなりな笹藪になってしまっています。

CIMG6470

二本目の堀切がありました、深さも2mほどで、ささやかなものです。

CIMG6472

土塁。

この先は、山上のほうに盛り上がって続く、自然地形となっていました。



メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ