マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

埼玉県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

埼玉県朝霞市 岡城跡3

埼玉県朝霞市は、都心からもそれほど遠くなく、駅周辺は飲食店など、繁華街もありながら、少し歩くときれいな川があり、自然も残る閑静な住宅街といった印象。

1

岡城跡城山公園は、JR北朝霞駅、もしくは東武東上線朝霞台駅から徒歩25分くらい。

44

68

現在は、城山公園として整備されています。下の画像はトイレの壁に書かれた岡城跡のイラスト。

2

遊歩道に従って進んでいきます。この時は、夏でしたので、やぶ蚊がすごかったです。

4

郭跡です。

5

このくぼみは堀切の名残でしょうか。

11

こちらは、二の丸と思われる郭跡。

16

空堀がありました。

26

空堀です。だいぶ埋もれてしまっているようです。折れひずみのついた戦国時代のものと思われます。

21

22

物見櫓跡。城跡に関する説明は少ないのですが、ここだけ、立派な案内板が立っています。

64

こちらも、堀切(空堀)跡。こちらの堀は、比較的、鋭さを保っていました。

公園整備されているので、夏場でも見学しやすいですが、やぶ蚊が多いので、ご注意ください。


埼玉県さいたま市 岩槻城跡3

岩槻城は、戦国期は、北条氏の重要拠点として、江戸時代は岩槻藩の藩庁として、機能しました。

東武東上線岩槻駅から徒歩25分くらいです。現在は城址公園として、整備されています。

CIMG4477

空堀跡と見事な土塁が見られます。

CIMG4453

道路の脇から見える往時のままの空堀跡。藪になっていて、よくわかりません。

CIMG4449

公園内に残される土塁跡です。

CIMG4444

CIMG4447

移築保存されている長屋門と城門です。貴重な現存遺構です。

CIMG4441

CIMG4435

CIMG4434

公園内の通路は堀跡、土塁も見られます。

CIMG4485

こちらは、発掘調査で発掘された堀障子を再現した(つもり)ものです。

特に、北条氏の城郭によくみられる特徴ですね。

CIMG4476

CIMG4469

岩槻城跡、公園として整備されすぎてますが、残された一部の遺構は、それなりに見ごたえがありました。

埼玉県川越市 大堀山館跡3

川越市の大堀山館跡は、東武東上線若葉駅からバスで観音堂下車、徒歩10分くらいです。

CIMG3130

バスの通る道路から見た大堀山館跡の山林。

CIMG3129

案内板は、城跡の北側と南側、2か所に設置されています。

CIMG3078

凄まじいヤブ城といううわさでしたが、この時はそれほどに感じませんでした。

CIMG3080

郭跡のようです。見事な土塁が設置されています。

この土塁の様子など見ると、戦国時代も後期に築城、あるいは改修されているように思えます。

CIMG3081

CIMG3087

空堀です。先人のみなさまの画像など見せていただくと、水が入っている画像もありますが、現在、水は干上がっているようです。

CIMG3094

CIMG3095

空堀と土塁、土橋も見えます。見事な遺構です!


CIMG3103

土橋を見てみました。土橋の先の郭は、激やぶになっています。これはさすがに入れません。

CIMG3104

空堀と土塁の高低差が、いちばんあるあたり。


CIMG3105

この城の空堀には、土塁の張出で横矢がかかっています。

大堀山館跡、ヤブはきつい部分もありますが、堀と土塁の見ごたえのある遺構が残されていました。

埼玉県川越市 川越城跡 日本100名城2

埼玉県川越市の川越城跡。

CIMG3186

日本100名城に選定され、本丸御殿の一部が現存しています。

CIMG3131

川越市役所です。川越城大手門跡になります。

川越城跡には、東武東上線川越駅からバスで行くことができます。

川越は、小江戸と称された観光地ですので、バスの本数も、比較的、多くあるかと思います。

CIMG3132

市役所に建つ大田道灌公の像です。

CIMG3134

CIMG3135

川越城中の門跡です。市役所から徒歩10分ほどでしょうか。

BlogPaint

空堀跡が復元されています。

CIMG3148

川越城本丸御殿です。現在のこされているのは、一部分ですが、現存の建築物です。

CIMG3151

庭園の様子です。

CIMG3158

執務室です。家老たちが相談中です。

CIMG3161

CIMG3162

CIMG3167

CIMG3164

建物内部の様子です。

CIMG3172

CIMG3181

富士見櫓跡、土塁跡など、川越城跡の遺構です。

川越城は、戦国時代から存続、関東公方の連合軍と、北条氏康による川越夜戦が有名です。

8万とも、10数万ともいわれる連合軍を、川越城に籠城する北条綱成はよく持ちこたえ、北条氏康の援軍を待ちます。

北条氏康は、連合軍の油断を見澄まし、奇襲戦を敢行、連合軍を大敗に追い込み、この結果、北条氏の関東での覇権が確立されました。

江戸時代は、川越藩の藩庁が置かれ、最後の城主徳川親藩の松平家17万石の城下として明治維新を迎えております。



埼玉県小川町 青山城跡3

青山城跡は、東武東上線小川町駅から登城口まで徒歩30分ほどでしょうか。

アドニス小川カントリー倶楽部のちょうど東側、八高線の踏切を超えた辺りに登山口があります。

CIMG6675

この急傾斜を登りつめると、城跡になります。

CIMG6676

第一堀切発見。

CIMG6684

さらに堀切です。

CIMG6687

横堀でしょうか。

CIMG6688

CIMG6690

主郭内部の様子です。

CIMG6700

堀切です。


CIMG6702

堀切から続く、竪堀です。


CIMG6719

この道をずっと進むと、小倉城跡に行けます。

メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ