マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

埼玉県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

埼玉県狭山市 城山砦跡3

アーカイブ編です。訪れたのは、数年前なので、記憶に齟齬があろうかと思われます。狭山市駅西口からバスで行くことができます。

CIMG3207

案内看板。狭山市の指定史跡に指定されています。

CIMG3209

住宅街を歩いていくと、丘陵に突き当たり、このような標識があります。

CIMG3210

登り道です。ちょっと登ればすぐに城跡にたどり着きます。

CIMG3213

虎口です。

CIMG3216

郭跡です。堀に面して土塁が備えられています。

CIMG3220

土塁です。

CIMG3222

空堀です。

CIMG3224

城山稲荷があります。

CIMG3241

CIMG3247

空堀は、4~5mくらいの深さがあり、郭側の法面は、10m近くあったと思います。


CIMG3256

丘陵上は、一面の農地となっていました。この盛り上がりは、土塁の跡だったり・・・しますかね?

城山砦跡は、残されている遺構からは、往時の姿を想像することは難しいですが、残されている空堀や土塁は、見事なものです。

埼玉県加須市 花崎城跡3

加須市の花崎城跡。東武伊勢崎線花崎駅から徒歩8分くらい。公園整備され、駅からも近い訪れやすい城跡です。

CIMG4296

案内看板。お手洗いも完備しています。

CIMG4299

郭跡でしょうか。訪れたのは夏でしたが、公園整備されているので、それほど、草がぼさぼさというわけではありません。

しかし、多少は伸びてますし、虫よけは必須です。

BlogPaint

これは、空堀の跡なのでしょうか。

CIMG4303

CIMG4308

公園内にはこのような空堀の跡を見ることができます。

CIMG4305

CIMG4307

土塁と空堀跡。

CIMG4310

CIMG4328

BlogPaint

公園部を囲む堀は、水堀です。この年は、降雨量が少ない年でしたが、わずかに、水が残されていました。

線路で分断された反対側あたりも城内で、丸馬出があったともいわれています。

埼玉県朝霞市 岡城跡3

埼玉県朝霞市は、都心からもそれほど遠くなく、駅周辺は飲食店など、繁華街もありながら、少し歩くときれいな川があり、自然も残る閑静な住宅街といった印象。

1

岡城跡城山公園は、JR北朝霞駅、もしくは東武東上線朝霞台駅から徒歩25分くらい。

44

68

現在は、城山公園として整備されています。下の画像はトイレの壁に書かれた岡城跡のイラスト。

2

遊歩道に従って進んでいきます。この時は、夏でしたので、やぶ蚊がすごかったです。

4

郭跡です。

5

このくぼみは堀切の名残でしょうか。

11

こちらは、二の丸と思われる郭跡。

16

空堀がありました。

26

空堀です。だいぶ埋もれてしまっているようです。折れひずみのついた戦国時代のものと思われます。

21

22

物見櫓跡。城跡に関する説明は少ないのですが、ここだけ、立派な案内板が立っています。

64

こちらも、堀切(空堀)跡。こちらの堀は、比較的、鋭さを保っていました。

公園整備されているので、夏場でも見学しやすいですが、やぶ蚊が多いので、ご注意ください。


埼玉県さいたま市 岩槻城跡3

岩槻城は、戦国期は、北条氏の重要拠点として、江戸時代は岩槻藩の藩庁として、機能しました。

東武東上線岩槻駅から徒歩25分くらいです。現在は城址公園として、整備されています。

CIMG4477

空堀跡と見事な土塁が見られます。

CIMG4453

道路の脇から見える往時のままの空堀跡。藪になっていて、よくわかりません。

CIMG4449

公園内に残される土塁跡です。

CIMG4444

CIMG4447

移築保存されている長屋門と城門です。貴重な現存遺構です。

CIMG4441

CIMG4435

CIMG4434

公園内の通路は堀跡、土塁も見られます。

CIMG4485

こちらは、発掘調査で発掘された堀障子を再現した(つもり)ものです。

特に、北条氏の城郭によくみられる特徴ですね。

CIMG4476

CIMG4469

岩槻城跡、公園として整備されすぎてますが、残された一部の遺構は、それなりに見ごたえがありました。

埼玉県川越市 大堀山館跡3

川越市の大堀山館跡は、東武東上線若葉駅からバスで観音堂下車、徒歩10分くらいです。

CIMG3130

バスの通る道路から見た大堀山館跡の山林。

CIMG3129

案内板は、城跡の北側と南側、2か所に設置されています。

CIMG3078

凄まじいヤブ城といううわさでしたが、この時はそれほどに感じませんでした。

CIMG3080

郭跡のようです。見事な土塁が設置されています。

この土塁の様子など見ると、戦国時代も後期に築城、あるいは改修されているように思えます。

CIMG3081

CIMG3087

空堀です。先人のみなさまの画像など見せていただくと、水が入っている画像もありますが、現在、水は干上がっているようです。

CIMG3094

CIMG3095

空堀と土塁、土橋も見えます。見事な遺構です!


CIMG3103

土橋を見てみました。土橋の先の郭は、激やぶになっています。これはさすがに入れません。

CIMG3104

空堀と土塁の高低差が、いちばんあるあたり。


CIMG3105

この城の空堀には、土塁の張出で横矢がかかっています。

大堀山館跡、ヤブはきつい部分もありますが、堀と土塁の見ごたえのある遺構が残されていました。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ