マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

宇都宮市

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

栃木県宇都宮市 岡本城跡3

IMG_1578

岡本城跡です。JR東北本線の岡本駅から、たぶん30分くらいで行けると思います。

私は、車で行きました。この案内板のある場所に公民館(集会所)があり、この看板の背後の空きスペースに停めさせていただきいました。


CIMG3055

新しい案内板があります。

CIMG3058

けっこうなヤブを想像していたんですが、樹木を伐採した後もありますし、草もきれいに刈られています。

土橋と土塁、空堀が分かります。

CIMG3059

主郭虎口の土塁。岡本城跡の遺構が残されている部分は、本丸の周囲のみですが、良好に残っています。

CIMG3063

本丸内部。通路が整備されて、散策しやすくなっています。


CIMG3066

土塁が見事です。


CIMG3069

土塁。立派なものです。


CIMG3071

堀底に降りてみました。


CIMG3073

切られた樹木や、落ち葉などが、積もって、やや歩きにくいです。

この時期ですと、蛇や害虫も心配ですね。

そうえいば、この城跡、カエルがたくさんいました。


CIMG3077

空堀と土塁が、本当に見応えがあります。

CIMG3085

城跡内にある神社参道です。堀切っぽいですね。

CIMG3087

現在、二郭?と思われるあたりには、太陽光発電のパネルが置かれています。

周囲の畑内部などにも、堀の痕跡と思える地形がみられました。

栃木県宇都宮市 飛山城跡4

飛山城跡は、国史跡に指定され、公園として整備されています。駐車場もあり、体験施設もあります。

土塁をよじ登れるそうですが、お城ファンの人にとって、そんなの日常茶飯事では?(笑)


CIMG2976

いきなり、雰囲気満点の現代風虎口です。土塁は整形しました感、まんまんですがw

CIMG2979

空堀。奥には横矢張出も見えます。

CIMG2985

土橋です。コンクリで舗装されていますが、保存のためにはやむを得ない処置かと。

CIMG2986

土橋からみた空堀。この空堀は見事です!深いし、法面が、急でカッコいい。

CIMG2990

土塁。

CIMG2991

郭内部の様子。いい感じです。適度に整備されていて、かといって、整備され過ぎていない感じが素晴らしいです。

こんなにいい感じの公園だとは思ってませんでした。整備され過ぎてるのを想像してましたので。

CIMG2995

郭(確か二郭)。通路が整備され、散策しやすい。真夏なのに、素晴らしいです。虫は多分いますけどね。

CIMG2998

土塁上から見下ろした空堀。すごいです!

CIMG3000

二郭の土塁。

CIMG3005

空堀があります。右手側が一郭です。

CIMG3006

一郭の様子。

CIMG3007

空堀。どこのものだったか?

CIMG3011

夏草が伸びてきていますが空堀。この辺りは野趣豊かな感じです。


CIMG3013

三郭に置かれた、復元の掘立式建物。

CIMG3020

土塁があります。

CIMG3024

空堀が一直線に伸びています。

CIMG3044

土塁です。

CIMG3043


CIMG3048

空堀。この堀底を歩いて元の駐車場に戻りました。

この空堀は、本当に見応えがありました。

栃木県宇都宮市 下横倉城跡3

CIMG9710

下横倉城跡登城口。

下横倉城跡は、宇都宮動物園?だったか、動物園と川を挟んで対岸にあります。

この日は、ナビをしてくれる同乗者が、素晴らしいナビゲートをしてくれたので、この日訪れた城跡は、詳しく案内をすることができません。

申し訳ありません。

グーグルマップによると、保古神社を目指せば、そこから林道がついているようです。

CIMG9711

こちらの城跡も、こんな感じの藪が、非常に濃い状態です。真冬で、この状態です(笑)

CIMG9713

ずんずん、登っていきます。右手に小さな沢のような流れがありました。

そのわきの荒れ果てた林道を登っていきます。

CIMG9717

笹藪の向こうに、わずかに堀状の窪みが、確認できます。

CIMG9721

こちらは、明瞭な、横堀です。

CIMG9722

堀切?でしょうか?

CIMG9724

郭内部の様子。藪ですね。

CIMG9740
 
私の定かではない記憶によると 、単郭の砦規模の小さな城郭の周囲を、画像のような横堀が、全周していたように記憶しています。

 CIMG9746

行きも帰りも、非常に悩ましい思いをさせられた倒木。乗り越えることも難しいし、くぐるのも大変でした。

来年、もしまた、訪れたら、撤去されてたりしないかな・・・。

遺構は、完全に残されていると思われますが、城跡に辿り着くのに、かなりの労力を要したのでした。

あまり、おすすめはできません。





栃木県宇都宮市 徳次郎城跡4

昨日のNHKーBSで放送された、山中城跡の番組、御覧になりましたか?

山中城跡、ずいぶんきれいになりましたね。また、見に行きたいものです。

さて、今回、ご紹介するのは、宇都宮市の徳次郎城跡、とくじろうではありません、。とくじらと読みます。

CIMG9665
 
川沿いの山林に、案内板があります。背後の小さな鳥居がある高台は、矢倉台でしょうか?

CIMG9666

土塁です。

CIMG9667
 
山林の中に進んでいく道が、すでに堀底道のようです。

CIMG9669

しっかりと土塁。

CIMG9670

外堀と、表記があります。

外郭と、二郭の間の空堀です。この堀、近くに川が流れてますし、もしかすると、往時は、水が入っていたかもしれませんね。などと、想像を膨らますのも、こういった、無名の城跡をめぐる楽しみだったりします。

CIMG9672

郭内部の様子。この時期だから見やすいですけど、ここも夏場は、かなりの丈の草木に埋もれてしまうことでしょう。

CIMG9673

土塁上から見下ろす堀底道です。

CIMG9677

土塁が重厚で、見応え満点です。

CIMG9681

主郭内部です。

CIMG9684

藪が濃くなってきました。

CIMG9696

CIMG9701

CIMG9702
   
徳次郎城跡、予想をはるかに超えて、見応え満点でした!

栃木県宇都宮市 犬飼城跡3

CIMG9664

宇都宮市犬飼城跡遠景。

犬飼城跡は、遺跡の村?だったか、古代の住居、遺跡などが、復元された公園のある台地の先端に、ひっそりと残されています。

CIMG9656

 御覧のような、激ヤブです(笑)

そもそも、城跡 に行きつくまでに、田んぼのあぜ道を伝いながら、大地の先端に至るまでが、結構、大変ですし、入り口は、足の踏み場もない、すさまじい激ヤブ、さらに、倒木や、切り倒した木が、幾重にも折り重なった箇所があり、とっても歩きにくい。

相当な、もの好きでないと、まず、城跡に行きつくとこは難しいのではないでしょうか?

CIMG9633

堀跡ですが、この城跡は、すべからく、こんな状態です。

CIMG9635

 大変な苦労の末に、たどり着いた、堀底に辿り着きました。

CIMG9637
 
土橋です。

CIMG9644
 
竹藪・・・。たぶん、二郭跡だと思います。

CIMG9649
 
主郭?の土塁上から見下ろす、見事な横堀。

CIMG9658
 
この辺りは、比較的、見やすい状態でした。

犬飼城跡、遺構も素晴らしいのですが、竹藪もすさまじい城跡でした。

訪問される際は、お覚悟を(笑)夏場は、絶対にやめたほうがいいと思います。真冬でこの状態ですから。 
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ