マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

栃木県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

栃木県上三川町 多功城跡3

上三川城跡を後にして、バスで石橋駅方面に戻る途中、宿多功バス停で下車。

CIMG0682

少し道路を、北方向に戻ると、石橋ゴルフガーデンの入り口があり、駐車場の脇にこの石碑がありました。

この周辺には遺構は見当たりませんが、この一帯が本丸(主要部)だったようです。

CIMG0736

CIMG0731

CIMG0688

道路を挟んで反対側の竹やぶの中に空堀のようなくぼみが。一応、空堀跡ということにしておきます。

CIMG0728

ゴルフガーデン北側の二重土塁。遺構があるのはわかるのですが・・・。

CIMG0729

残念ながら立ち入り禁止。チェーンもありましたので、これはもう絶対に入るな、ということです。

あきらめきれずに・・・。

CIMG0727

色あせて、全く読めなくなっていますけど、城跡の案内看板です。

その先に、さらにあぜ道を進みます。

20200105_141531

堀跡っぽい、通路から竹藪に突入。こちらは、ぱっくりと口を開けていて、立ち入り禁止の表記もありません。

IMG_20200105_37342

IMG_20200105_33792

けっこうなヤブになっていますけども、見事な空堀がありました。

IMG_20200105_36264

こちらの堀は、二重堀になっていて、外側の堀を見たところです。この先に進むと、おそらく立ち入り禁止のところに続いていると思われます。

ヤブがひどいことと、民家の裏手にあたり、民家が見えることもあり、深入りは避け、早々に撤収しました。

CIMG0733

ゴルフ場脇の笹薮も、堀のあとだと思われます。

ゴルフガーデンに隣接して、牛小屋があり、隣接する溝も堀のあとと思います。牛のおしっこが流れ込んでくるのか、あまり長居はしたくない状態です。

ここは意外にも掘り出し物でした。

帰りはJR石橋駅まで歩きました。15分かからなかったと思います。

こちらは平城ではありますが、冬じゃないととてもじゃないけど、探索はおススメできかねる城跡です。




栃木県上三川町 上三川城跡2

上三川町(かみのかわまち)の上三川城跡は、現在、城址公園として、やりすぎな整備を施されて、あまり城跡らしさをとどめていません。

公園には、JR石橋駅から、バスで行くことができます。峰町バス停下車徒歩5分くらいでしょうか。上三川小学校前、上三川車庫で降りても、歩ける範囲です。

IMG_20200105_4674

IMG_20200105_5692

公園の石碑と案内看板。

IMG_20200105_6259

本丸虎口跡。偽物の石垣が、風情をぶち壊しにしています。

IMG_20200105_8558

CIMG0671

CIMG0670

公園になっている本丸内部の様子。けっこう立派な土塁が囲んでいます。

IMG_20200105_10852

IMG_20200105_19406

IMG_20200105_14951

水堀跡と土塁跡。生垣が見づらいですが、城跡っぽさは垣間見えます。


CIMG0678

櫓台でしょうか。ひときわ土塁が高くなっている部分、この辺りが最も城跡っぽく見える部分、迫力があります。

上三川城跡は、本丸周辺のみが残されているのみ、模擬石垣と護岸舗装がやりすぎではありますが、土塁はそれなりに高く、立派で見ごたえがありました。

栃木県鹿沼市 千手山城跡4

鹿沼市の千手山城跡は、鹿沼市の中心部から近く、東武鉄道の新鹿沼駅から、徒歩30分ほどで行くことができます。

私は、レンタカーで行きました。千手山公園として整備されており、無料駐車場も設置されています。

IMG_2870

千手山公園は、観覧車や、ミニ機関車など、乗り物が設置されて、小さな遊園地になっており、けっこう家族連れでにぎわっています。

F1E87743-10D6-48F8-A617-E54855FD5ACB

遊園地の遊具の間を登っていくと、削平地があります。

遊園地も段々になっており、そのままの地形のように見えます。

C9B09CCA-CCD8-44B1-9962-E93EE6958454

831BF4F7-4A70-4075-9847-6B91AFF437DA

頂上の本丸と思われる削平地の周囲を空堀が囲んでいます。本丸には、若いご夫婦が、子供を遊ばせていたので、画像はありませんが、ちょっとした広場で、城跡に関する説明などはありませんでした。

D01AF270-DB7A-428D-92D7-869F1591DA15

391058A8-6B76-4B76-8F92-E212BC05A18A

山頂から山麓に下っていく、見ごたえのある竪堀!

この竪堀は、部分的に、二重、三重になっています。

2A990982-96AC-42FC-8ECD-9D8C959888D4

二重になっている部分の土塁上から見たところ。

48B18F12-3DBD-4A25-977C-9AAD60D48867

二重堀が遊園地方面に回り込み、横堀のようになっているところ。

3D495314-C948-46D9-8E03-0405A55F9976

竪堀の終点部分の土橋?あるいは畝か?

千手山城跡、遊園地化しているため、家族連れが多く、視線が気になり、深く探索できていませんが、予想以上に見ごたえがありました。


栃木県鹿沼市 諏訪山城跡5

先日の栃木遠征で、最も楽しみにしていた城跡です。

鹿沼市の諏訪山城跡、今まで行きたかったのですか、公共の交通機関での訪問は難しいために、なかなか行けずにいました。

29F4CCE0-CC7D-4C6F-8640-F3E29EFD2794

城跡入り口からいきなり見える竪堀です。

城跡は、深程という地区の無量寿院というお寺の背後にあります。お寺と民家の間に、ふもとの水道施設に行くための階段があります。

A74C679D-55F5-46D6-B11D-61FB8F143322

竪堀を登りきったところは、堀切になっています。深くて見ごたえのある堀切です。

IMG_20191202_43974

20191201_131014

尾根上に連続する郭の虎口です。

BBCCA280-ACB4-4051-9979-C79D7DC0E496

尾根上の郭です。

20191201_122959

尾根上の腰郭の部分には、横堀がずっと続いています。

09C05D9C-E149-446F-BA89-D0A040A71C9F

20191201_122504

20191201_122437

8E0E926E-7B25-4BB5-9CC0-8B6D0A8428A7

その横堀です。それほど深さはありませんが、横矢がかかりながらずっと続いています。尾根上から間断なく、攻撃を受け続けるようになっています。

2CF1A761-4D57-404B-98A4-5B807F512E8A

横堀の終点付近に見られる竪堀です。

EB2A34B7-34BF-450B-893D-3B87E8BC6ADC

主郭方面へ登っていく、くねくねと蛇行した虎口。

11402E2D-897C-452D-B6DE-AF737063FCB5

主郭~二郭間の岩盤堀切。

このすぐ先が主郭なのですが、ここまでで体力が限界、足が動かなくなり、撤収しました。

主郭の尾根伝いに、新発見の諏訪山北城跡もあるようですが、今回は、ちょっと無理でした。




栃木県宇都宮市 宇都宮城跡1

宇都宮城は、関東七名城ともいわれ、戦国時代は、宇都宮氏、江戸時代は宇都宮藩が置かれました。

IMG_2451

現在は、本丸のほんの一部分が復元されて公園として整備されています。JR宇都宮からは、ちょっと遠いようですが、東武宇都宮からは、徒歩10分ほどだと思います。

20191124_122638

コンクリート製の復元土塁と、すぐにコンクリの底は見える水堀、櫓はよくできています。

本来の宇都宮城は、明治の廃城令で、跡形もなく破壊されてしまったようで、昭和に入ってから、一部でも復元してほしいという声が上がり、復元されたものです。

20191124_131726

IMG_2458

櫓が二棟復元されています。

この土塁の中は倉庫になっていたり、資料館になっています。

宇都宮城ものしり館は、ガイドさんがいて、宇都宮城の歴史に関して、詳しく知ることができます。


20191124_132405


20191124_132402

三の丸土塁跡と、大イチョウ。

土塁のほんの一部だけでも、現存してくれてたらよかったんですけど・・・。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ