マリブルの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

栃木県の城跡

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

栃木県佐野市 須花城跡2

佐野市の須花城跡、前回のブログで紹介した正光寺城跡から、車ですぐ近くです。しかし、住宅が密集してる地域の狭い道路沿いに入り口があるため、駐車場所に困ります。公共の交通機関も、おそらくないと思われます。

CIMG2624

城跡への登城口。以前は、幟が建っていたようです。おそらく、山城サミットが、佐野市で開催されたときに整備されたものでしょう。

CIMG2623

道が分岐する部分です。左側に進むと、そのまま主要部に進むことができます。


CIMG2565

この道は西側を縫うように進みながら、Uターンして、主要部に進みます。堀切、あるいは虎口が見えてきます。

CIMG2567

竪堀です、城内は、部分部分が濃い笹薮になっていて、遺構は確認が難しいです。

CIMG2570

主郭と思しき、郭へ入っていく虎口です。

CIMG2575

主郭内部には祠があるためか、この郭だけは、ヤブが刈りはらわれています。

CIMG2579

西側の虎口のようです。

CIMG2584

主郭の先の堀切です。深さは1mほどしかなく、ささやかなものです。幅も簡単に飛び越えられそうな程度でしかありません。

CIMG2590

堀切。

CIMG2608

堀切。

CIMG2615

堀切からの竪堀だと思います。

須花城は、正光寺に墓地がある佐野宗綱公因縁の城です。この城を足利長尾氏から奪還するために、軍を起こした佐野宗綱公は、旗本勢から離れただ一騎となってしまい、流れ弾に当たり討ち死にした、と伝わっています。

須花城跡の遺構は、すべて規模が小さく、また笹薮のために確認がしづらく、期待した割にやや、期待外れの探訪となってしまいました。

栃木県佐野市 正光寺城跡3

正光寺城跡は、その名の通り、正光寺の境内が城跡となっています。鰻山城跡から車で15分くらいでしょうか。公共の交通機関は確認しておりません。

CIMG2558

正光寺の墓地の背後に遺構が見られます。

CIMG2516

CIMG2517

最初の墓地の前を通り過ぎ、下に降りていく通路も堀底道のように見えます。また左右の笹薮の中に横堀状の溝が見られます。堀かどうかは確認できていません。

CIMG2524

佐野宗綱公と将士の供養塔。この前を通り、背後の城跡へ向かいます。

CIMG2529

たぶん虎口(笑)土橋と虎口の画像があるはずなんですが、見当たりません。

CIMG2525

CIMG2540

CIMG2550

空堀と土塁が、主郭を囲んでいます。土塁はそれほど高くなく、郭の背後は断崖になっています。


CIMG2528

郭内部の様子。この城跡は、ヤブが少なく見やすい城跡です。


CIMG2543

こちらも曲輪跡でしょうか。

正光寺城跡、単郭の小規模な城跡に見えますが、墓地や境内周辺にも土塁のような高まりがあり、もしかすると、複数の郭を擁する城郭だったのかもしれません。

栃木県佐野市 鰻山城跡2

佐野市の鰻山城跡。

以前、佐野市で山城サミットが開催された際に、名前を耳にして、今回、唐沢山城跡から車で近いということで、行ってみました。

種徳院というお寺の東側の山林になります。お寺から歩いて数分くらいです。

CIMG2477

こんな看板が。一応注意。

CIMG2478

虎口状の通路から簡単に登れます。

CIMG2480

曲輪への虎口か。郭内部はがさヤブです。

CIMG2482

土塁です。

CIMG2483

浅くなっていますが、空堀でしょうか。あるいは腰郭状の部分です。

CIMG2487

こちらも空堀だったと思います。ヤブがひどいです。

CIMG2498

振り返ると、やはり空堀のように見えます。

CIMG2499

腰郭、あるいは空堀。右手側が、主郭と思われる郭の城塁です。


CIMG2507

これも空堀だと思います。

この城跡、冬でもこの有様ですから、夏場はとてもじゃないけど、探索不能状態と思われます。

このあと、さらに遺構を求めて歩きましたが、藪に遮られ断念しました。

栃木県佐野市 唐沢山城跡 続日本100名城5

先日、小山駅でレンタカーを借り、栃木県佐野市に行ってきました。

栃木県佐野市唐沢山城跡は、続日本100名城に選定され、国指定史跡に指定されています。

CIMG2371

レストハウスの隣接する、広い駐車場まで、車で登ることができます。東武鉄道の田沼駅から歩いていくこともできるようですが、相当、きついだろうと思います。

CIMG2372

食い違いの枡形虎口。

CIMG2375

城跡の案内看板と鳥観図。このすぐわきに、パンフレットがありますので、パンフレットを参考にめぐります。

CIMG2379
井戸があります。

CIMG2385

四ツ目堀と呼ばれている堀切。

CIMG2388

こちらも堀切跡。

CIMG2397

本丸に鎮座する唐沢山神社。


CIMG2398

高石垣。


CIMG2404

石垣。

唐沢山神社まで、駐車場から10分くらい、それほどきつい登りでもありません。

CIMG2428

CIMG2431

唐沢山城跡の見どころは、石垣ばかりではありません。このような堀切や竪堀が随所に見られます。


CIMG2444

CIMG2446

竪堀、堀切です。唐沢山城の堀切は、深さ自体はそれほどでもありませんが、いたるところに穿たれています。

さすがに、上杉謙信をも撃退した名城です。


CIMG2458

南館南東側の石垣。

できれば、根小屋地区の遺構も見たかったのですが、広すぎてとても一度では回り切れません。

また、近いうちに再訪したいです。

栃木県大田原市 黒羽城跡4

大田原市黒羽城跡の再投稿です。

この城跡は、以前から行きたい行きたいと思いつつ、なかなか、行けませんでした。交通手段がなく、このときも、レンタカーで訪れました。

CIMG9804

 さっそく、城跡へ。本丸の枡形虎口だったと思います。

黒羽城跡は、公園として整備され、立派な駐車場も完備しています。

この日も、堀底の草を刈る作業をしている方がいらっしゃいました。

CIMG9806

枡形から、本丸へ向かうところ。

CIMG9811

土塁です。

CIMG9812

 本丸内部の様子。この郭の御殿などの建物で、政事が行われました。

江戸時代、黒羽藩は、外様の大関氏1万8千石の城ですが、たしか、城主格ではないので、城としては認められず、したがって、天守も建てられなかったはずです。

江戸時代の大名は、原則、3万石以下の大名は、城を持つことは許されず、陣屋を藩庁としていました。 

黒羽城も、黒羽陣屋というのが正しい(はず)のですが、とても、陣屋というレベルではありません。

CIMG9816

本丸から二の丸への虎口。

CIMG9817

 大堀切。

CIMG9821

二の丸から三の丸へ。

CIMG9820

 二の丸内部の様子です。振り返ったところです。
 
CIMG9825

またもや、空堀です。

CIMG9827

三の丸跡。

CIMG9828

土塁。

CIMG9832

 空堀。

CIMG9843

藪の写真では、ありません(笑)草が繁ってる下には、水堀跡があります。

外郭部の水堀です。

CIMG9847
 
ここも、昔は、水堀だったのでしょうか。

CIMG9854
 
明瞭な水堀跡です。 

CIMG9863
 
CIMG9866
 
CIMG9870
 
栃木県の城跡は、本当に、どこも堀の規模がすごいです。

IMG_0422
 
最後に、本丸の大堀切の画像で、おしまいです。

黒羽城跡、本当に素晴らしいです! 

メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ