佐野市の須花城跡、前回のブログで紹介した正光寺城跡から、車ですぐ近くです。しかし、住宅が密集してる地域の狭い道路沿いに入り口があるため、駐車場所に困ります。公共の交通機関も、おそらくないと思われます。

CIMG2624

城跡への登城口。以前は、幟が建っていたようです。おそらく、山城サミットが、佐野市で開催されたときに整備されたものでしょう。

CIMG2623

道が分岐する部分です。左側に進むと、そのまま主要部に進むことができます。


CIMG2565

この道は西側を縫うように進みながら、Uターンして、主要部に進みます。堀切、あるいは虎口が見えてきます。

CIMG2567

竪堀です、城内は、部分部分が濃い笹薮になっていて、遺構は確認が難しいです。

CIMG2570

主郭と思しき、郭へ入っていく虎口です。

CIMG2575

主郭内部には祠があるためか、この郭だけは、ヤブが刈りはらわれています。

CIMG2579

西側の虎口のようです。

CIMG2584

主郭の先の堀切です。深さは1mほどしかなく、ささやかなものです。幅も簡単に飛び越えられそうな程度でしかありません。

CIMG2590

堀切。

CIMG2608

堀切。

CIMG2615

堀切からの竪堀だと思います。

須花城は、正光寺に墓地がある佐野宗綱公因縁の城です。この城を足利長尾氏から奪還するために、軍を起こした佐野宗綱公は、旗本勢から離れただ一騎となってしまい、流れ弾に当たり討ち死にした、と伝わっています。

須花城跡の遺構は、すべて規模が小さく、また笹薮のために確認がしづらく、期待した割にやや、期待外れの探訪となってしまいました。