赤館跡は、赤館公園として整備されています。前回の記事にある新白河からのバスで、公園下というバス停のすぐ近くに登城口があります。

しかし、気づかずに、終点の棚倉駅まで行ってしまったので、棚倉城のあとにこちらに来ることになりました。

この城のある山には、車道も整備され、駐車場もあります。私は徒歩で登りましたが、結構大変。

CIMG0244

CIMG0245

赤館跡の案内板。

CIMG0246

CIMG0249

公園整備されているのは、主郭跡のみ。

IMG_0563

主郭下の腰郭、あるいは横堀?のような地形です。

赤館公園は、整備されている本丸だけだと、やや、がっかりするかもしれません。

CIMG0269

この城跡の白眉は、車道脇のヤブ化した山林の中にあります。車道脇に見える竪堀。

CIMG0270
:
こちらもわかりにくいですが、竪堀です。

CIMG0278

駐車場脇からヤブ化した山林内部に踏み込んでいきます。

CIMG0280

CIMG0290

見事な横堀が、ヤブ化した山林内部に現れます。

CIMG0295

しかもこの横堀は、二重になっています。

IMG_0571

CIMG0296

ご覧のように、倒木もあり、歩きにくい状態ですが、この横堀は見所がありました。

IMG_0579

途中から見た、棚倉町市街地の風景。

赤館公園は、磐城棚倉駅からでも、徒歩15分~20分ほどで行くことができます。