埼玉県川越市の川越城跡。

CIMG3186

日本100名城に選定され、本丸御殿の一部が現存しています。

CIMG3131

川越市役所です。川越城大手門跡になります。

川越城跡には、東武東上線川越駅からバスで行くことができます。

川越は、小江戸と称された観光地ですので、バスの本数も、比較的、多くあるかと思います。

CIMG3132

市役所に建つ大田道灌公の像です。

CIMG3134

CIMG3135

川越城中の門跡です。市役所から徒歩10分ほどでしょうか。

BlogPaint

空堀跡が復元されています。

CIMG3148

川越城本丸御殿です。現在のこされているのは、一部分ですが、現存の建築物です。

CIMG3151

庭園の様子です。

CIMG3158

執務室です。家老たちが相談中です。

CIMG3161

CIMG3162

CIMG3167

CIMG3164

建物内部の様子です。

CIMG3172

CIMG3181

富士見櫓跡、土塁跡など、川越城跡の遺構です。

川越城は、戦国時代から存続、関東公方の連合軍と、北条氏康による川越夜戦が有名です。

8万とも、10数万ともいわれる連合軍を、川越城に籠城する北条綱成はよく持ちこたえ、北条氏康の援軍を待ちます。

北条氏康は、連合軍の油断を見澄まし、奇襲戦を敢行、連合軍を大敗に追い込み、この結果、北条氏の関東での覇権が確立されました。

江戸時代は、川越藩の藩庁が置かれ、最後の城主徳川親藩の松平家17万石の城下として明治維新を迎えております。