山武市城府城跡は、森城とも呼ばれ、JR総武本線日向駅から徒歩20分ほどです。

1

妙上寺がある山林にあります。

日向駅には出口が一つしかなく、城のある山林とは反対側になりますので、成東駅方面にしばらく歩き、踏切を超え、川を渡らなければなりません。川をわたる橋が、殿内橋と言いました。

12

城跡へは、登っていく決まった道がありませんので、どこか適当なところから、直登するしかありません。

比較的登りやすそうなのは、墓地の脇あたりでしょうか、すぐに竪堀がありました。

13

堀切があります。

15

こちらは堀切から一段上がったところにある、堀底道です。あまり深さがなく、堀というよりも通路のようです。

19

堀切から続く、空堀です。あまり整備されていないようで、やや草深くなっていますが、それほどひどいヤブというわけではありません。

38

空堀のいちばん比高差がある部分。左側が、主要部、本郭になります。

46

ここも無理やりよじ登るしかなかったと思いますが、二郭になります。

倒木が多く、歩きにくい状態です。

50

二郭と主郭の堀切です。

70

主郭から下の腰郭を見たところだと思います。主郭はそれほど広くなく、大勢の兵士が立て籠れる居住性はありません。

69

76

これはどこを写したものなのか、さっぱり記憶がありません。堀切、竪堀でしょうか。

城府城跡は、詳細全く不明の謎の城跡なのですが、遺構は非常によく残っています。

某有名サイトによると、きれいに遺構が見通せて、草が刈られていると書かれていますが、おそらく、その後、余り手入れをされていないと思われますので、現在は、それなりの覚悟が必要かと思われます。