高部館跡は、常陸大宮市の旧美和村にあります。

常陸大宮市美和総合支所の北方に聳える山が城跡。この支所を目印に行くといいと思います。

この支所まで、バスも来ているようですが、本数は、少ないと思われます。

BlogPaint

支所の駐車場に停めさせていただき、少し北方面に県道を歩き、川を渡って集落のほうに入ると、この標柱があります。

CIMG6858

第一堀切発見。

ここまでの登り道は、比較的、整備されていますが、けっこう傾斜がきつく、うねうねと曲がりくねった道を登っていきます。

CIMG6865

腰郭のようなものがあります。右手側は、主郭になります。

CIMG6867

坂虎口を登ると、枡形のような空間になります。

CIMG6878

こちらも、腰郭なのか、横堀なのか、右側は主郭の塁壁左側は、土塁がついています。

CIMG6889

堀切から続く竪堀です。

CIMG6888

堀切です。

CIMG6898

さらに、その先にある堀切。

この周辺の堀は、郭辺りをめぐり、堀切につながり、複雑になっています。

CIMG6902

横堀です。

この城跡は、主要部はよく手入れされ、とても見やすい。現在は、さらに整備進んでいると聞いています。

CIMG6909

堀切から続く横堀です。

この城跡は、複雑な構造の堀切、横堀がとても見応えがあります。


CIMG6911

竪堀です。

高部館跡、遺構がほぼ完全に残されているうえに、さらに整備も進んでいるようです。

近くに、高部向館跡もありますし、併せて再訪してみたい城跡です。