久下田城跡は、真岡鉄道久下田駅から、すぐの距離にあるのですが、みちがないため、遠回りをしなければいけないようです。徒歩で15分ほどでしょうか?

私は、車で行きました。ちょうど城跡への上がり口前に、車一台停められる場所がありました。

CIMG6410

主郭跡に建っている案内板。

CIMG6402

主郭内部の様子。

久下田城は、不敗の猛将と言われる、水谷(みずのや)蟠龍斎が築いたといわれます。

水谷家の本拠地下館城は、弟の勝俊に譲り、自らは、久下田城を拠点に活躍しました。

CIMG6406

主郭を取り巻く、巨大な空堀。

CIMG6411

この橋は、土橋でしょうか?だいぶ改変されているようです。
CIMG6415

二の丸跡。

CIMG6422

こちらも竹やぶになっていますが、空堀跡のようです。


CIMG6458

二の丸跡方面から見た土橋です。ちょっと不自然に広げられている感じがします。

CIMG6453

空堀です。この時は、草が茂っており、また雨が降っていたため、断念しました。

CIMG6470

CIMG6461

CIMG6393

城の周囲に残る水路は、水堀の跡でしょう。

冬場に再訪したい城跡です。